お持ち帰りならEPARKテイクアウト

【増税/軽減税率】軽減税率の落とし穴!?適用される場面の理解を深めよう♡

軽減税率で、食費は8%。

増税に伴い軽減税率が導入されたことは、知っている方も沢山いらっしゃいますよね。

しかし、軽減税率をきちんと理解していないと思わぬ落とし穴にはまる事もあるのです!

適応される場合とそうでない場合、対象となる「食」に関する理解を深めて上手に使いこなしましょう!

①「軽減税率」適用される場合とそうでない場合

外食を除く飲食料品は、軽減税率の対象になるという決まりをより深く理解する為に、
適用される場合とそうでない場合を一緒に学んでいきましょう!

知らない間に落とし穴にはまらないように、覚えておくと節約にもつながりますよ!

◆イートインとテイクアウト

イートインとテイクアウトで税率が変わるのは、ご存知の方も多いですよね!

大手牛丼チェーン店や中華料理店など、イートインで食べるよりもテイクアウトをして、
自宅でおうちごはんとして頂く方が、今までと同じ料金価格で食べられます。

各飲食店では軽減税率に備えて、テイクアウト用のメニューや専用のお持ち帰り容器を準備してくれているので、おうちごはんでも後片付けの手間が省けます。

また、食卓にもう一品ほしい時に重宝するのも嬉しいポイントです!

◆ 給食と学食・社食

学生のお子さんを持つ親御さんは、給食と学食の税率の違いをご存知でしょうか?

実は、給食は軽減税率が適応されますが、学食は適用されません!
また、勤め先の「社員食堂」も同様に、軽減税率の適用外となります。

毎日の積み重ねで大きな出費につながる昼食。

給食であれば、毎月の給食費を支払うのみですが、
学食や社員食堂を利用される方は注意したいですよね!

EPARKテイクアウトでは、事前予約でテイクアウト商品を指定時間に受け取ることが可能です!

冷蔵保存で、翌日のお弁当にも入れられるお惣菜やアラカルトのメニューも豊富です。
上手く利用すれば、昼食の節約に貢献してくれることでしょう!

◆屋台や出店とフードコート

週末のデパートは、フードコートが混雑しますよね!
買い物や映画のついでに、食事をとる方も多いのではないでしょうか。

実は、屋台や出店では軽減税率が適用されますが、フードコートは適用されません。

イートインと同じ対応になりますので、注意が必要です!

楽しく遊んだあとは、お腹も減りますよね。
テイクアウト制度をうまく利用して、自宅で食事をとり、今日の出来事を話してみるのも良いかもしれません♡

まとめ

いかがでしたか。

軽減税率がて適応される「食」の中でも、
適用されるものとそうでないものを、はっきり区別するの難しいですよね。

でも、知っておいて損はしません。
上手く使いこなせれば、増税前よりも家計の節約になるかもしれません。

節約意識を高めれば、無駄を省くことができます。
毎年家族で旅行に行けたり誕生日に好きな物を購入したりと、心もハッピーになれること間違いなしです♡

改めて、軽減税率の在り方を見直してみてくださいね。