お持ち帰りならEPARKテイクアウト

【テイクアウト/和食】和食離れの今!健康的な食生活を考え取り入れよう♡

和食って美味しいですよね♡

年々増加傾向の訪日外国人も
「和食」を楽しみに来日される方も多くいらっしゃいます。

2013年には、世界無形遺産に「和食」が登録されました。
「和食」は、美味しさだけでなく、理にかなった健康食としても注目されているからです。

しかしここ近年では、日本人の和食離れが進んでいると言います。
ファストフードやコンビニを利用する人が増え、イタリアンや中華料理は作れても、
和食は作れない人もいるようです。

忙しい毎日、調理に時間のかかる和食は、家庭で作るのは難しいですよね。

今回は食卓に一品和食を加えて、バランスのとれた食事が楽しめる、
和食のテイクアウトメニューをご紹介します。

是非、参考にしてみてくださいね♡

①和食の形「一汁三菜」について

「和食」は、日本の伝統的な食文化の事です。
「一汁三菜」を基本の形として、さまざまな旬の食材を季節に応じて調理しいただきます。

では、「一汁三菜」とはどういった形の食事なのでしょうか。
日本うま味調味料協会によると、「ご飯に汁もの、おかず3種(主菜1品、副菜2品)で構成された献立。」と記されています。

さらに、「ご飯でエネルギー源となる炭水化物を、汁もので水分を、おかずでその他の栄養をバランスよくとることができます。多くの栄養素が交互に胃に入って混ざり合うことで、消化や吸収がよくなったり、余分な脂肪や糖分、塩分を排出したりといった効果も期待できます 。」とあり、健康食としても推奨されています。

毎回の食事を「一汁三菜」で作るとなると、
現代社会においては、時間に余裕がある人でないと難しいですよね。

せめて、朝食・昼食・夕食のいずれかで、
「一汁三菜」の形に近い食事をとりたいものです。

②旬の食材を意識しよう!

「一汁三菜」のほかに、意識したい点が「旬の食材」を使う事です。

旬とは、それぞれの野菜が大きく育ち、最も収穫に適した時期。魚なら、成長したり、水温の変化で身が締まったりする時期。つまり、おいしくて栄養がいちばん豊富な時期なのです。 (※日本うま味調味料協会より)

つまり、その季節に美味しい食材を高栄養価としていただけるという事です。

現代は技術の発展で、一年を通して同じ食材が食べられるせいか、旬の食材への意識がなくなってきています。

しかしレストランなどの飲食店では、季節ごとに限定メニューをだし、季節感のある料理が毎回注目されます。その為、テイクアウトの和食で、旬の食材の料理を夕食に加えると、簡単にバランスのとれた食事に近づくことができそうですね。

③おすすめ和食のテイクアウトメニュー

◆ 魚焼男 弐

魚介類にこだわり、毎朝豊洲・沼津港から直送! 自慢料理は西京焼きで、自家製の隠し味を使った味噌に魚介を漬け込み炭火でじっくり焼きあげています! こだわりの料理をご自宅やオフィスなどでお楽しみください!

◆ しんぱち食堂 大門店

しんぱち食堂は厳選した干物・肉全てを炭火焼きにて調理致します。駅から近いので仕事帰りにでも!!女性のお客様にも人気です!!安い!!旨い!!早い!!三拍子揃った定食を是非ご堪能ください。

◆ 南部どり 大崎店

大崎ブライトタワー2階にある『南部どり 大崎店』は体にやさしい料理を提供する名店。岩手県の「南部どり」のモモ肉と赤玉たまごで作られた親子丼は絶品!ぜひテイクアウトしてゆっくり味わってください! ビタミンとミネラルのバランスが良い『南部どりたまご』で作る玉子焼きです。 ご注文を頂いてから丁寧に焼き上げています。

まとめ

和食に特化したテイクアウトのご紹介、いかがでしたか?

健康な食生活を心がけると、
疲れにくくなったり寝つきがよくなったりと、生活習慣の予防にもつながります。

簡単に取り入れられる、テイクアウトサービスから、
食生活を見直してみてはいかがでしょうか。