お持ち帰りならEPARKテイクアウト

【テイクアウト】外食よりも中食!食卓の変化と需要♡

時代と共に、食卓の在り方も変化しています。

基本的には自宅で調理して食べますが、月に1~2回程度で、外食を楽しむのが一般的な家庭の食卓だといわれています。

しかし、核家族や一人暮らしの世帯が増え、「食卓」に新たな変化が見え始めました。

それが、「中食」です。

今回は、「中食」にフォーカスを当て、家庭の食卓に関する情報をご紹介していきます。

①中食とは

「中食」とは、どういったものなのか。

中食とは、家庭外で調理された食品を購入して持ち帰る、または配達等によって家庭内で食べる食事の在り方のことを指します。 よく耳にしたことのある「外食」や「内食」という言葉の対義語です。

言葉の通り「外食」は、レストランや料亭など家庭以外での食事のことです。そして「内食」は、家庭で作った食事のことです。

この「外食」と「内食」の中間が、「中食」に当たります。

では中食には、どういったものがあるのでしょうか。

②中食の内容

中食は、日常生活の中で、多くの人が利用しています。

まず多くの方が想像するのは、デパートやスーパーなどのお惣菜やサラダを購入して持ち帰ることではないでしょうか。

もちろん、その通りです!

平日のお昼休み、コンビニでお弁当やおにぎりを買って、お昼ご飯を済ますことも「中食」の一例です。このように私たちは、普段から何気なく「中食」を利用していることがわかります。

しかし、現代における中食の形態は、さらに大きくなっています。

例えば、昨今デリバリーサービスが拡大しており、スマホでピザを注文し自宅で食べるのも中食です。ピザのみならず、お弁当やファストフードまでもデリバリーが可能なので、利用している方も多いのではないでしょうか。

③中食の市場規模はどのくらい?中食メリットってなに?

食品産業経済社によると、中食市場の規模は、2010年から9年間連続で増成長していると言います。さらには、市場規模10兆円から今後も拡大するとみられています。

その理由として、 女性の社会進出や、少子化・高齢化・少人数世帯の増加という社会変化があるからですね。

◆中食のメリット

中食のメリットは、調理時間がないこと。一人暮らしだけでなく共働きの家庭であっても、疲れた仕事帰り、毎日料理をするのは一苦労。家について、サクッと食べられるテイクアウトメニューは便利ですよね!

自宅で堪能できることで、人目を気にすることなく気楽に過ごせます。
さらに一般的な外食よりも、中食の方がコストを抑えられるのも◎。

④EPARKテイクアウトで「中食」

EPARKテイクアウトでは、中食のメリットを踏まえて、
さまざまなキャンペーンを実行し家庭の中食をサポートしています!

餃子の王将はじめ、吉野家やバーガーキングといった大手飲食企業が掲載されています。身近にある飲食店であれば、テイクアウトで中食を利用しやすいですよね!

また、地域で有名な専門店や話題の人気店も掲載しているので、待ち時間や売り切れを気にせず食事を楽しむことができます。

まとめ

新しい食卓の在り方「中食」。

中食の中で、さまざまな食事の形が広がり、今後もどんどん利用シーンは多くなりそうですね。

疲れている時や頑張った日のご褒美に、「中食」を利用してみるのも良いかもしれません!

機会を見つけて、一度つかってみてはいかがでしょうか。