お持ち帰りならEPARKテイクアウト

横浜市で焼肉・ステーキをお持ち帰りできるおすすめ店まとめ(戸塚・たまプラーザなど)

海外からたくさんの美味しいものが入ってきている横浜市は、焼肉・ステーキといった肉料理の本場ともいえるエリアです。ボリュームがあってオシャレな肉料理を食べられる店が多く、黒毛和牛やオージービーフをはじめ、肉の卸しをしていた店主が吟味する肉など、高い品質の様々な部位の肉を味わえます。そこで今回は、絶品肉料理が集まっている横浜市からおすすめの5店をピックアップしてご紹介します。

横浜市で焼肉・ステーキのお持ち帰りができるお店

牛たんと和牛焼き 青葉 東急たまプラーザ店

牛たんと和牛焼き 青葉 東急たまプラーザ店

熟練の職人が一枚一枚焼き上げる、仙台発祥の熟成牛たんと厳選した和牛が食べられるお店が「牛たんと和牛焼き 青葉 東急たまプラーザ店」です。塩と数種類のスパイスをブレンドする調味液に牛たんを漬込み、じっくりと熟成させることで、厚みがありつつ風味豊かな牛たん焼きに仕上がります。本場仙台で牛たん定食に付いてくるテールスープは、ゼラチンを多く含み栄養が豊富で、二日酔い防止や胃腸機能促進の効果があります。コラーゲンもたっぷりなので美肌効果も抜群。EPARKテイクアウトからのご注文の際にも、テールスープを付けることができます。本場の牛たんが味わえるお店は、東急田園都市線たまプラーザ駅北口から徒歩3分、東急百貨店たまプラーザ店B1にあります。

イチオシメニュー

牛タン専門店のイチオシの特上牛たん弁当は、青葉の牛たんの中で最もやわらかい贅沢な部位の、一番人気の牛たん弁当です。数種類をブレンドしたスパイスを使用した調味液に、厚みのある牛たんを漬込んで熟成させた風味豊かな牛たんです。ご飯は、栄養価が高い押し麦と国産米をふっくらと炊き上げた麦飯にしています。テイクアウトには電子レンジ対応可能な容器を使用しているので、冷めても美味しく召し上がれます。

グリルダイナー301

グリルダイナー301

横浜市営地下鉄グリーンライン高田駅から徒歩3分にあるかわいい看板が目印の、アットホームで雰囲気の良いカジュアルな肉バルが「グリルダイナー301」です。厳選した良質な肉に合ったこだわりの調理法で仕上げる絶品肉料理を、お腹いっぱい堪能できます。看板メニューのローストビーフには、高い品質と風味で人気のアンガス種系のブランド牛だけを吟味して使用しています。葡萄を食べて育てたので臭みがなく、味わい深く柔らかでキメ細やかな肉質と、濃厚な肉汁が味わえる部位のランプをローストしています。さらに華やかで見た目のインパクトも抜群です。

イチオシメニュー

オーストラリア産葡萄牛ランプを使った、一番人気のローストビーフ丼がイチオシメニューです。ランプは腰からお尻やももにかけての部位で、最も味の良い肉ともいわれています。キメが細かく柔らかい肉質でうっすらとサシが入り、脂にクセは無く上品な味わいが特徴です。旨味が濃厚でありながら脂っこさが無いので、赤身の味を楽しめる人気の部位です。丁寧にローストされたこのランプ肉をご飯のうえにのせた豪華な丼を、是非ご賞味ください。

食彩和牛 しげ吉 戸塚店

食彩和牛 しげ吉 戸塚店

「食彩和牛 しげ吉 戸塚店」は、オーナーの「和牛の美味しさを伝えたい・・・」という想いを叶えるためにオープンした焼肉店です。国内最高等級の黒毛和牛A5ランクのなかでも、キメが細かく柔らかい肉質と融点が低くてしつこすぎず甘みのある脂により、上品な味わい堪能できるメス牛を提供しています。さらに安心・安全にもこだわり、産地や食べているエサまでを把握して、常に高品質で新鮮な肉を仕入れています。味を決める大事な塩は3種類をメニューによって使い分けています。牛肉には相性の良い「ドイツ産岩塩」、スープ類には「海の力」、あっさりとした鶏肉には「クレイジーハーブソルト」を使い、各料理の特徴を引き出す調理法も用いています。お店は戸塚駅より江ノ電バスの下倉田下車で徒歩3分、大きな駐車スペースも完備しています。

イチオシメニュー

肉にこだわりにこだわったしげ吉のイチオシは、ほど良い脂の旨味が広がるハラミ弁当です。ハラミはホルモン系の部位なので噛み応えは抜群で、赤身に近いこともあり柔らかい肉質で、脂肪が豊富なので濃厚な旨味があります。弁当にはこのハラミ100gや、ライス、キムチ、ナムル、オイルキムチが入り、ボリュームも満点です。リピーター続出の人気のお弁当を是非ご賞味ください。

Grill Moon Bow 月虹

Grill Moon Bow 月虹

肉の目利きに絶対の自信がる肉屋出身のオーナーによる、絶品肉料理の数々を楽しめる肉バル「Grill Moon Bow 月虹」では、肉質だけでなく調理法にもこだわっています。肉が最も美味しく仕上がる低温真空調理法を使用し、低温で加熱する調理法によって身はみずみずしさを保ったままジューシーで柔らかくなり、濃厚な旨味が凝縮されます。季節ごとに最も状態と品質の良い肉や部位を厳選して、少しづつチルドで仕入れて切りたてを提供しています。肉質・鮮度・美味しさのすべてが最上級の肉をご堪能ください。能見台駅の改札から右方面に進むと約2分で到着です。

イチオシメニュー

肉だけでなく調理法にもこだわる肉バルのイチオシは、EPARKテイクアウト限定の弁当A4和牛焼肉弁当とステーキ弁当です。黒毛和牛はA4ランク以上を使用し、肉の種類や部位ごとに最適な調理法を用いて一品一品心を込めて提供しています。肉そのものの美味しさを存分に味わえるように、低温真空調理法で仕上げた焼肉とステーキの弁当は、是非食べたいただきたい逸品です。

大衆焼肉 ヒノモト

大衆焼肉 ヒノモト

最高級食材を気軽に楽しめると地元の方々に人気の「大衆焼肉 ヒノモト」は、上質な厳選国産牛をリーズナブルに味わえるコストパフォーマンス抜群の焼肉店です。肉の卸し出身の店主が、東京食肉卸売市場と直接取引して仕入れているので、安心・安全で常に高品質な鮮度抜群の肉を提供しています。内臓類を洗浄する水には電解水を使い、料理に合う塩や醤油を吟味して使用。お店はJR戸塚駅西口より徒歩7分、住宅街の細い道を進むと到着です。

イチオシメニュー

戸塚駅西口の裏通りにあるこだわりの町の焼き肉屋ヒノモトでは、東京食肉卸売市場と直接取引し、鮮度抜群の上質な肉を心ゆくまで堪能できます。テイクアウトメニューでは、店でも人気メニューの上カルビが入った弁当の、上カルビ弁当がイチオシです。脂に旨味があり濃厚な味が特徴の焼肉の定番カルビの上をいく、やわらかさとキメの細かい肉質で、あっさりとしつつ旨味を含んだ脂を味わえる贅沢な弁当です。ブロックで仕入れて店でカットするなど、鮮度にもこだわった肉の旨味を存分に味わって下さい。

テイクアウトするなら焼肉・ステーキがおすすめ!

横浜市のテイクアウト(お持ち帰り)

塩と胡椒で味付けすることが多い焼肉・ステーキは、各店オリジナルのタレやソースに特に力を入れています。市販よりもさらに美味しいプロが作る焼肉・ステーキのタレやソースを味わうには、テイクアウトがおすすめです。各店どこでも、その店で扱っている肉の旨味を引き出して、最も美味しく食べられるタレやソースの研究を日々続けています。スーパーや肉屋で肉を買ってきて、自分の好きなタレやソースで食べるのも良いですが、肉を提供するプロの料理人が自分の店の肉だけのために作るタレやソースは格別です。そしてテイクアウトなら、自宅や友人宅など好きな場所で、気の合う人と食べたいときに食べられます。焼肉・ステーキも、その肉料理の風味や旨味を存分に堪能できる店からのテイクアウトがおすすめです。

焼肉・ステーキの豆知識

横浜市のテイクアウト(お持ち帰り)

調理法が同じ焼肉とステーキですが、焼肉は東洋料理で、ステーキは西洋料理という違いがあります。明治時代以降に肉食が解禁されて、戦後になって全国に普及していきました。焼肉が広まっていった過程には諸説あります。1つは、戦後に日本では捨てていた牛や豚の内臓を直火で焼いて食べさせる屋台を、日本に住んでいた朝鮮人がホルモン屋として始めたから。2つめは、1930年代にソウルで流行していたカルビ焼きやプルコギを、大阪で始めたからなどといわれています。明治時代以降に、醤油やみりんで味付けされた薄切り肉のビフテキが登場します。厚みのある肉を焼く今のステーキは、戦後になってアメリカから沖縄に伝わったものが全国に普及しました。テイクアウトなら、例えば1食で、数店の焼肉・ステーキを同じ食卓に並べて、いくつもの店を食べ比べることもできてしまいます。テイクアウトならではの最高の贅沢をしてみてはいかがでしょうか。

焼肉・ステーキのおすすめの食べ方

横浜市のテイクアウト(お持ち帰り)

焼肉やステーキは、焼いて完成というシンプルな調理法なので、誰でも美味しく作れる料理です。そうはいっても、プロが焼いた店で食べる焼肉やステーキは格別の美味しさです。焼肉のコツは、赤身は焼き色がつく程度に、脂の多い霜降りは焦げ目がつくほどしっかりと焼く、というように肉の種類によって焼き方を変えることがポイントです。カルビは片面を焼いて表面が白っぽくなってきたら、裏返して焼き色がついたら食べ頃です。ロースは片面を焼いて肉汁がうっすらと浮き上がってきたら、裏返して表面に焦げがついたら出来上がりです。ステーキの場合は、動かしながら焼くと旨味が逃げてしまうので、焼き始めたらなるべく動かさないことが大事です。塩には岩塩がおすすめ。ちょっとしたコツで、焼肉やステーキが店の味のように格段に美味しくなるので、是非お試しください。

お持ち帰りまとめ

海外との玄関口として発展してきた横浜市には、たくさんの肉料理店があります。港町横浜らしく、オシャレでボリュームがあって手頃なコストパフォーマンスの良い料理が揃っています。焼肉は韓国から、ステーキはアメリカから日本に伝わり、どちらも戦後になってから全国に普及していきました。焼肉・ステーキを店の料理のように美味しく仕上げるコツは、肉の種類によって焼き方を変えることです。焼肉の場合は、赤身は焼き色がつく程度に軽く火を通し、霜降りは焦げ目がつくほどしっかりと焼きます。ステーキは、なるべく動かさずに焼くことがポイントです。塩は旨味を多く含む岩塩がおすすめ。EPARKテイクアウトなら、1度の食事で数店の焼肉・ステーキを味わうといった贅沢もできてしまいます。ご自宅や友人宅などで豪華な肉料理パーティーはいかがでしょうか。

EPARKテイクアウトとは?


事前予約で待ち時間をゼロに。
お持ち帰りを便利にします

テイクアウト(お持ち帰り)の予約ができるポータルサイト「EPARKテイクアウト」。テイクアウトができる店舗を検索し、簡単に予約ができ、指定した日時に受け取りに行くことで、店頭での待ち時間も解消されます。 ネット予約のため、24時間好きな時間に自分のペースで注文することができ、できたての状態で商品を受け取れます。