お持ち帰りならEPARKテイクアウト

横浜市で焼きそばをお持ち帰りできるおすすめ店まとめ

+108

港町横浜市は焼きそばの名店も多い街です。外国文化をいち早く取り入れたオシャレな横浜らしく、様々な国の食文化の影響を受けた焼きそばが揃っています。中国が発祥の焼きそばは、今ではアジアを中心に世界各地に伝わっています。そこで今回は、いろいろな国の焼きそばを6店ご紹介しますので、横浜で美味しい焼きそばを探す参考にしてください。

横浜市で焼きそばのテイクアウトができるお店

餃子の王将 ウィングキッチン京急鶴見店

餃子の王将 ウィングキッチン京急鶴見店

美味しい餃子に、どこかホッとする中華料理を楽しめるお店「餃子の王将」。定食風の中華料理はお1人でもグループでも利用しやすく、時間を問わず多くの方がお店を訪れます。餃子の王将のメニューは、中華料理でありながら日本人の口に合う味付けがなされており、気負わずにふらりとお店に立ち寄れる気軽さがあります。ランチの時間帯や夕食の時間帯には多くのお客さんが訪れて店内は混みあい、時には待ち時間があるほどですが、テイクアウトならネットで注文して指定の時間に取りに行くだけ。最近ではその気軽さから、多くの方がテイクアウトで餃子の王将のメニューを楽しんでいます。

イチオシ

沢山のメニューがあり、お求めやすいリーズナブルな価格のため、何度も通って色々なメニューを食べてみたくなる餃子の王将ですが、特にイチオシなのが「焼そば弁当」です。お持ち帰りしやすいお弁当タイプのメニューで、しかも容器は「レンチンシリーズ」と呼ばれる電子レンジ対応容器となっています。焼きそばの具はキャベツ、豚肉、きくらげ、人参といった定番が目白押しで、どの具材も大きく食べ応え満点。さらに餃子の王将自慢の「焼餃子」もセットになっていますので、ボリューム満点で満足度の高いメニューとなっています。

ワンズ ダイニング

ワンズ ダイニング

みなとみらい線の元町・中華街駅から徒歩1分のアメリカンダイナー「ワンズ ダイニング」では、アメリカ本土のグリル料理をメインに、メキシコやハワイの郷土料理、アジア・エスニックなど、食事はもちろんビールにも合う一品料理が楽しめます。テイクアウトのラストオーダーが夜11時というのも嬉しいポイントです。こちらで人気なのは、タイ料理の焼きそばパッタイ。是非お酒と一緒に味わって欲しい、リピーターの多いエスニック風味の焼きそばです。

イチオシ

イチオシのパッタイ焼きそばは、タイの屋台や食堂でよく見られる麺料理です。米の麺と、野菜、肉や海鮮、ハーブ、スパイスを加えて炒める現地で大人気のメニュー。中国やベトナムの食文化の影響を受けて、タイを代表する麺料理パッタイが生まれました。甘辛く、酸味が効いて、ハーブが香る独特の風味がクセになる焼きそばです。刺激もマイルドで食べやすいので、現地では子供から大人まで頻繁に食べています。アジア・エスニックならではの複雑で様々な味わいを楽しめるパッタイを、是非味わってみてください。

餃子の王将 モザイクモール港北店

餃子の王将 モザイクモール港北店

気軽に立ち寄りやすい定食屋さんの雰囲気を持つ「餃子の王将」。本格的な中華料理を気軽に食べられることで、全国的にも人気のお店です。また餃子の王将のメニューはどれも大変リーズナブルで、ランチにも夕食にも、1人で沢山食べたいときにも、家族みんなで食べたいときにも、一度にまとめて注文できる点も嬉しいポイントの一つです。餃子の王将ではメニューの美味しさはもちろんのこと、お客さんに安心・安全に食事をしてほしいという思いから、米、豚肉、鶏肉、野菜など、大半で国産のものを使用しています。味付けも濃すぎず飽きの来ない味になっており、老若男女問わず幅広い層から人気があります。

イチオシ

「餃子の王将 モザイクモール港北店」のイチオシメニューは、「春の彩あんかけ焼そば」です。オイスターソースのコクと旨みが際立つ、色彩豊かな一皿です。カリカリの焼麺に野菜たっぷりの餡が絡まっていて、混ぜて食べれば至福の味わいに。きくらげや絹さや、もやしにキャベツ、豚肉、ウズラの卵とプリプリ食感の海老もトッピングされています。具だくさんの「春の彩あんかけ焼そば」は、そのまま電子レンジで温め直すことができる「レンチンシリーズ」の容器に入っています。熱々の「春の彩あんかけ焼そば」を、ぜひお持ち帰りで味わってみてください。

ぼてぢゅう 横浜ランドマーク店

ぼてぢゅう 横浜ランドマーク店

「ぼてぢゅう 横浜ランドマーク店」は、横浜・みなとみらいにある横浜ランドマークプラザ1Fにあります。買い物をしていてお腹が減ったときに最適な、家族や友人とワイワイ盛り上がりながら食事が楽しめるお好み焼き店です。焼きそばが入ったモダン焼きは、ぼてぢゅうが発案しました。それほど焼きそばにこだわる、ぼてぢゅうの焼きそばメニューは一味違います。オリジナルの熟成太麺は、味の浸透を図りながら熟成させる手の込んだもの。料理によって使い分ける数種類のオリジナルソースとの相性を考えて、太さや食感にとことんこだわっています。こだわりにこだわっている焼きそばを、是非ご賞味ください。

イチオシ

お好み焼きのぼてぢゅうは、焼きそばの名店でもあります。EPARKテイクアウトでは4種類の焼きそばをお楽しみいただけます。創業以来70年以上ロングセラーの豚入り焼きそばは、3種の秘伝ソースを使用した絶品です。豚肉・いか・えびが入った贅沢なミックス焼そばもぼてぢゅうオリジナルソースが味の決め手。食品添加物無使用のソースを使った、とろとろの半熟たまごで巻いたふんわりオムそばの豚入りオムそばも人気メニューです。海鮮 ミックス塩焼そばは、ガーリックが効いた特製塩ダレと海鮮の旨味が醸し出す、こだわりの絶品焼きそばです。

テイクアウトするなら焼きそばがおすすめ!

テイクアウトメニューで最もおすすめなのが焼きそばです。自宅にいながら調理をしなくても出来立ての料理をすぐに食べられるのが、テイクアウトするメリットといえます。さらに、外出先や好きな場所で食べられるのはテイクアウトならではの特徴です。焼きそばなら、スープが無いのでこぼれず、箸だけで食べられます。焼きそば一品で十分満足感を得られるので、おかずを用意する必要もありません。焼きそばと一言でいっても、ソース、塩、醤油、中華スープなど様々なベースの味があり、肉や海鮮、野菜など具材もたくさんあります。中華麺やビーフンを、炒める、茹でる、揚げると調理法もいくつもあるなど、バリエーションがとても多いメニューです。焼きそばをテイクアウトするなら、たくさんのメニューから選べるEPARKテイクアウトが便利です。時間指定で予約できるので、お店でスムーズに受け取れます。

焼きそばの豆知識

焼きそばは中国炒麺を日本風にアレンジしたもので、最初に日本の焼きそばであるソース味をメニューに加えたのは、東京浅草のお好み焼き屋です。そこから全国に普及し、現在では日本各地にご当地焼きそばが誕生しています。そこで豆知識として、ご当地焼きそばをいくつかご紹介していきます。まずは秋田県の横手やきそばです。太くてもっちりとしたストレートの茹で麺に、ウスターソースと各店オリジナルソースを合わせて、目玉焼きと福神漬けのトッピングが特徴です。卵を絡めるとマイルドな味になります。静岡県の富士宮やきそばは、コシのある麺にサバやイワシの魚粉がポイントの深い旨味を味わえる焼きそばです。あまりの美味しさから、B-1 グランプリでは殿堂入りを果たしています。新潟県の糸魚川ブラック焼きそばは、地元産のイカ墨を中華麺に絡めて作ります。インパクトある見た目ですが味はマイルドでイカの旨味が染み渡り、一度食べるとクセになる焼きそばです。

お持ち帰りまとめ

海外からの影響を強く受けている横浜市には、様々な国の食文化を取り入れた焼きそばがたくさんあります。焼きそばの元になった中国の炒麺そのものはもちろん、本場中国人料理人による日本向けにアレンジした焼きそば、タイで人気の焼きそばなど、バリエーションが豊富です。東京浅草から全国各地に広まった焼きそばには、個性的なご当地焼きそばがたくさんあります。富士宮やきそばは、B-1グランプリで殿堂入りとなるほどの絶品です。食べやすくて持ち運びやすい焼きそばはテイクアウトに最適な料理です。焼きそばをテイクアウトするなら、EPARKテイクアウトがおすすめ。24時間いつでも注文可能で、時間指定ができるので受け取りがスムーズです。

EPARKテイクアウトとは?


事前予約で待ち時間をゼロに。
お持ち帰りを便利にします

テイクアウト(お持ち帰り)の予約ができるポータルサイト「EPARKテイクアウト」。テイクアウトができる店舗を検索し、簡単に予約ができ、指定した日時に受け取りに行くことで、店頭での待ち時間も解消されます。 ネット予約のため、24時間好きな時間に自分のペースで注文することができ、できたての状態で商品を受け取れます。