お持ち帰りならEPARKテイクアウト

【コロナ禍】現在注目のテイクアウト(お持ち帰り)をご紹介します!

+111

2020年1月、世界で初めて新型コロナウイルスが確認されて間もなく、日本でも初めての感染者が確認されました。2月に入ると、次第に感染は全国各地に広がっていき、2月下旬には、首相が全国すべての小中高校に臨時休校を要請する意思を公表、3月初めには一斉休校という未曽有の事態となります。突然の休校要請は、受験や卒業シーズンにも重なり、現場の学校関係者や子どもたち、保護者も大混乱となりました。


この頃には、感染リスクの高い場所に共通する、「3つの条件の重なり」が指摘されはじめます。「換気の悪い密閉空間」、「多くの人が集う密集」、「近距離での会話や発声(密接)」の、いわゆる三密です。日常生活において、この三密を回避するような行動が感染予防対策として重要ということがわかってきました。大規模なイベントは延期や中止となり、2020年に開催予定だった東京五輪・パラリンピックも、1年程度の延期となりました。


この頃には、感染リスクの高い場所に共通する、「3つの条件の重なり」が指摘されはじめます。「換気の悪い密閉空間」、「多くの人が集う密集」、「近距離での会話や発声(密接)」の、いわゆる三密です。日常生活において、この三密を回避するような行動が感染予防対策として重要ということがわかってきました。大規模なイベントは延期や中止となり、2020年に開催予定だった東京五輪・パラリンピックも、1年程度の延期となりました。


同年4月には、更なる感染拡大を防ぐため、東京・神奈川・埼玉など7都府県に「緊急事態宣言」が発令され、のちに対象地域が全国に拡大されます。「緊急事態宣言」で、外出の自粛や人の多く集まる場所の使用制限が指示され、人々の行動は一変しました。在宅勤務が推奨され、ステイホームがスタンダードとなり、「コロナ禍」という言葉が広く使われるようになります。 また、人と一定の距離を保つ「ソーシャルディスタンス」の確保が必須になり、お店の会計場所にはパーテーションが設けられ、レジ待ちの行列も間隔をあけて並ぶようになりました。外出の際にはマスクをつけ、手や触る場所の消毒を行うため、一時的にマスクや消毒用のアルコールが品薄になった時期もありました。



コロナ禍の影響が広がる中、大きな影響を受けているのが飲食店です。在宅勤務が増え飲食店の利用機会が減少する中で、県外への移動自粛や営業時間の短縮要請も大きな打撃となっています。飲食店では、安全な店内飲食環境を整えるために、従業員の検温・マスクの着用・手洗いの徹底、店内の消毒・換気など、感染防止対策を行っています。

また、三密回避のために、パーテーションで席に仕切りを設けているお店も。多くの店舗で安全な店内飲食のために衛生管理を徹底すると同時に、テイクアウト向けの商品にも力を入れています。


テイクアウトなら、三密を回避して飲食店の作り立ての料理を味わうことができるので、コロナ禍のもとではお持ち帰りを利用する人がどんどん増えてきています。需要の増加に伴い、今まではお持ち帰りに対応していなかったお店や料理も、テイクアウトができるようになってきました。


持ち帰ってすぐに食べることのできるテイクアウトなどの「中食」は、現在の社会生活にマッチしていて、メリットも盛りだくさん!今回は、コロナ禍のもとで注目が集まるテイクアウトのメリットについて、詳しくご紹介します。


コロナ禍の影響が広がる中、大きな影響を受けているのが飲食店です。在宅勤務が増え飲食店の利用機会が減少する中で、県外への移動自粛や営業時間の短縮要請も大きな打撃となっています。飲食店では、安全な店内飲食環境を整えるために、従業員の検温・マスクの着用・手洗いの徹底、店内の消毒・換気など、感染防止対策を行っています。


また、三密回避のために、パーテーションで席に仕切りを設けているお店も。多くの店舗で安全な店内飲食のために衛生管理を徹底すると同時に、テイクアウト向けの商品にも力を入れています。


テイクアウトなら、三密を回避して飲食店の作り立ての料理を味わうことができるので、コロナ禍のもとではお持ち帰りを利用する人がどんどん増えてきています。需要の増加に伴い、今まではお持ち帰りに対応していなかったお店や料理も、テイクアウトができるようになってきました。


持ち帰ってすぐに食べることのできるテイクアウトなどの「中食」は、現在の社会生活にマッチしていて、メリットも盛りだくさん!今回は、コロナ禍のもとで注目が集まるテイクアウトのメリットについて、詳しくご紹介します。

中食需要の増加

中食とは?

中食」とは、調理済みの食品を持ち帰って食べること、また、その調理済みの食品自体のことを「中食」と言うこともあります。家に持ち帰って食べることが前提の「中食」に対し、飲食店などの店舗で食べることを「外食」、材料を買いそろえ自分で調理して食べることを「内食」と言ったりします。スーパーのお惣菜やコンビニの弁当など、便利で身近な「中食」の需要は年々高まっています。

中食が注目される理由


買ってきてすぐに食べられるのが最大の魅力の「中食」。仕事で疲れてご飯の準備が億劫な時や、用事があって食事の支度の時間が取れない時などは、特に重宝します。スーパーやコンビニのお弁当・お惣菜などは、ほとんどの人が一度は買ったことがあるのではないでしょうか。


スーパーには、生鮮食品のほかにもたくさんの調理済みの食品が並んでいて、あと一品足りない時や炊いたご飯が残り少ない時など、とても便利です。また、ランチの調達に、毎朝コンビニによってから出社するという人も少なくありません。


最近では、スーパーやコンビニ以外でも、調理済みの食品がテイクアウトできる場所がどんどん増えてきています。「中食」の需要が高まっている背景には、どのようなものがあるのでしょうか。中食が注目される理由について、詳しく見ていきましょう。

世帯の多様化

中食」の需要が増えてきた背景には、世帯の多様化が関係していると言われています。日本では総人口が減少傾向にあり、世帯の形態も多様化や細分化が進んでいます。昭和の時代には当たり前だった「親と同居している夫婦」や、祖父母に両親、そして子どもたちという「三世代そろった大家族」は大幅に減り、高度経済成長期以降に増加していた核家族化も、近年は縮小傾向にあります。


その代わりに増え続けているのが、単身世帯です。単身世帯増加の背景には、未婚化や晩婚化が関係していると考えられています。また、伴侶に先立たれた高齢者が一人暮らしをしているケースも珍しくありません。


三世代同居世帯では人数が多いため家事を分担することも可能でしたが、人員の少ない世帯では家事や育児への負担が大きくなります。共働き世帯やひとり親世帯は増加傾向にあり、働きながら家事も育児もしているケースが少なくありません。労働時間が長く疲労も重なるため、食事の準備に時間をかけることができない人も多く、「中食」を買い求めるケースが増えています。


また、自炊が困難になってきた高齢者世帯や、ひとり分だけ作っても余計にコストのかかる単身世帯では、外食よりも安くすむ「中食」を利用するケースも増えてきました。


ひと昔前は、手作りした家庭料理を食べる「内食」が当たり前の時代でした。しかし、現代の生活では世帯当たりの人員も少なく、よほど家族が協力的でない限り、一日三度の食事を全て手作りで準備しようとすると、作り手の負担が大きくなってしまいます。


人数の少ない世帯では、食材を使いきれないことも多く、自炊の方が高くつく場合もあります。買った食材を最後まで使い切ろうとすると、同じような料理が続いて飽きてしまうことも。一度の調理で作りすぎてしまって、結局食べきれないことも少なくありません。世帯が多様化している現在の社会生活では、料理をするための物理的な時間や精神的余裕がなくなってきました。共働き世帯や単身世帯、老齢世帯の増加は、中食需要増加の一因と言われています。

消費税の増税

中食」の人気が高まったきっかけのひとつに、2019年10月に実施された消費税の増税があります。社会保障と税の一体改革が行われ、消費税率が8%から10%に引き上げられました。この時、低所得層への配慮から、「酒類・外食を除く飲食料品」と「定期購読契約が締結された週2回以上発行される新聞」を対象に、「軽減税率制度」が導入されました。


すべての品物の消費税を一律で10%に引き上げると、買い控えなどがおこって経済が停滞する可能性があるからです。毎日必要な食料品は、税率を8%のまま据え置くことになりました。特定の物を買う時だけ税率が軽くなるので、「軽減税率」と呼ばれています。


「中食」の人気が高まったきっかけのひとつに、2019年10月に実施された消費税の増税があります。社会保障と税の一体改革が行われ、消費税率が8%から10%に引き上げられました。この時、低所得層への配慮から、「酒類・外食を除く飲食料品」と「定期購読契約が締結された週2回以上発行される新聞」を対象に、「軽減税率制度」が導入されました。


すべての品物の消費税を一律で10%に引き上げると、買い控えなどがおこって経済が停滞する可能性があるからです。毎日必要な食料品は、税率を8%のまま据え置くことになりました。特定の物を買う時だけ税率が軽くなるので、「軽減税率」と呼ばれています。


この時問題となったのが、「酒類・外食を除く飲食料品」の中にある、「外食」の定義です。最近は、スーパーやコンビニなどでも、店内にイートインコーナーがあるお店が増えてきました。同じ食べ物を購入しても、店内で食べると10%の税金がかかり、テイクアウトすれば8%で済みます


「軽減税率」が導入されたら、持ち帰って食べた方がお得、という認識が広がることとなりました。「軽減税率」の導入によって、外食するよりもテイクアウトしたほうが安くすむようになり、「中食(テイクアウト)」に注目が集まるようになったのです

コロナ禍

2020年に世界各国に感染が拡大した新型コロナウイルスの影響で、日本でもステイホームが推奨され、気軽に外食することが困難な状況になりました。


コロナ禍のもとでは在宅勤務になる人が増えて家にいる時間が長くなり、一日三度の食事をすべて家で食べる人も多くなっています。これを機に自炊を始める人も増えましたが、三食すべてを作るのはなかなか大変な作業です。


家族の食事準備を担当する人にとっては、大きなストレスとなってしまうことも。仕事終わりに行く居酒屋での一杯が楽しみだったビジネスパーソンも、ママ友とのランチが唯一の息抜きだった子育て世代の女性も、コロナ禍の影響で生活が一変し、外食や外出を控える毎日に。そんな時に注目が集まったのが、「中食(テイクアウト)」です。


中食」なら、三密を回避して、どこでも好きな場所で食べることができます。また、マンネリ化しがちな自炊の献立に、新しい味わいをプラスしてくれます。自分では作らない料理も手軽に味わうことができますし、飲食店のプロの料理を堪能することもできます。バリエーションが豊かな上に、調理する必要も後片付けの必要もない手軽さが魅力のテイクアウト。コロナ禍をきっかけに、さらに注目が集まり、テイクアウトを利用する人が増えています


また、店内飲食の減少で大きな打撃を受けている飲食店にとっても、テイクアウトは大きな魅力です。営業時間の短縮要請下でも、テイクアウトの営業なら続けることができます。今まではお持ち帰りができなかったお店も、続々とテイクアウトを始めるようになりました。


また、デイバリーの専用業者が増えたことにより、たくさんの飲食店がデリバリーサービスにも対応しています。デリバリーは、人との接触を最小限にしてテイクアウトができるので、新しい生活様式にも適しています。コロナ禍によって、テイクアウトを利用したい人が増加し、テイクアウトサービスを提供したい飲食店も増え、さらに「中食」に注目が集まっています

まとめ

元々人気があったテイクアウトですが、世帯の多様化や軽減税率の実施、コロナ禍の影響もあり、さらに注目を集めています。テイクアウトを利用する人も、テイクアウトを始めるお店も増加傾向にあります。では、テイクアウトを利用するメリットとは、どのようなものでしょうか?詳しく見ていきましょう。

テイクアウトを利用するメリット

時間が短縮できる

購入したらすぐ食べることができる

テイクアウトの魅力は、何といっても買ってすぐに食べることができる点です。スーパーやコンビニで売っているお弁当やお惣菜は、調理している時間が無い時やすぐに食べたい時にとても便利です。また、おにぎりやサンドイッチなどは持ち運びも簡単で、袋から出してすぐに片手でも食べることができるので、急いでいる時やお弁当を広げるスペースがない時にも重宝します。


何かと忙しい現代社会は、時間をお金で買う時代とも言われています。テイクアウトの食事を利用することで、自炊のために使っているかなりの時間を省略できるのは確かです。テイクアウトの利用も、「時間をお金で買っている」と言えるかもしれませんね。

調理・後片付けの手間がかからない

毎日の食事の準備や後片付けに、私たちはいったいどれくらいの時間を使っているのでしょうか。材料の買い出しや献立を考えている時間も含めると、一日中食事の世話に明け暮れているような感覚を覚える人も少なくありません。


一日三度の食事を準備しているケースでは、起きている時間の約4分の一を炊事関連に費やしていることも。特に、調理器具や食器の後片付けは、意外と手間がかかるものです。料理するときに使ったまな板や包丁、フライパンや鍋類は洗いづらく場所を取り、油や焦げ付いた汚れがなかなか取れずに何度も洗い直したりすることも。


また、家族の使った食器は、まとめるとかなりの量になります。洗った後は、水気をふき取って食器棚に戻さなければなりません。更に、調理台や流しの汚れもきれいにしてようやく後片付けが終わると、今度は次の食事の献立を考え始めます。このエンドレスとも思える食事当番から一時的にでも開放してくれるテイクアウトは、まるで救世主のようですね。

材料の買い出しをしなくてよい

夕飯の材料を買うためにスーパーへ出かけたけれど、何を作ればいいのかアイデアが浮かばず何度もスーパーの生鮮食品売り場を行ったり来たり…。食事の準備をする人なら、同じような経験がある人もいるのでは。買い物リストを作ってからスーパーに出かけるなど、計画的に買い物ができればいいのですが、忙しい毎日の中ではなかなかそうもいきません。


また、せっかくリストを作成して買い物に出かけても、作ろうと思っていたメニューの材料が想像以上に高かったり、品切れしていたりすると、メニューを変更するか別のスーパーまで足を延ばさなくてはならないこともあります。材料を買う必要のないテイクアウトなら、かなりの時間短縮になりますね。

経済的

食材の無駄がない

メニューを決めずにとりあえずスーパーへ買い物に行って、安いからとついつい色々なものを買い込んでしまった経験はありませんか。特にお腹がすいている時などは何でもおいしそうに見えて、気が付くと買い物かごがパンパンになっているということも。


しかし、衝動的に買ったものは、ほとんどの場合使いきれなかったり、口に合わず結局食べなかったりと、無駄にしてしまうことが多いものです。野菜や生肉などは日持ちしないので早めに使い切らなければいけませんが、すべての材料を無駄なく使えるような献立を考えるのは一苦労です。使い切る前に傷んでしまったり、買ったことを忘れていて気が付いたら消費期限が過ぎていたりという事も珍しくありません。


また、料理はある程度の量をまとめて作った方が低コストで済む傾向があるので、単身世帯や少人数の世帯では自炊の方が高くつくケースもあります。テイクアウトなら食材を無駄にすることもないので、むしろ経済的と言えそうです。

外食よりも安くすむ

普段の食事とは違う、本格的な料理を味わうことのできる外食。人気がありますが、やはりコストがかかるのが難点です。食事と一緒にドリンクを注文したり、サラダやデザートをセットにしたりすると、あっという間に予算オーバーということも。


その点テイクアウトなら、ピンポイントで食べたい料理だけを注文できるので、経済的です。お気に入りのおかずだけをテイクアウトして、ご飯は家で炊くこともできます。飲み物も自分で準備したものなら、安くすみますよね。また、居酒屋メニューをテイクアウトして自宅で飲む「宅飲み」も、アルコールを自分で調達する分、外で飲むよりもかなり安上がりです。

バリエーションが豊富

様々な食材を摂取できる

飲食店のテイクアウトなら、さまざまな食材を使ったメニューが豊富なので、ちょっとずつ色々な食材を摂取することができます。売り方も、小分けになって売られていたり、量り売りで好きな分量を買えたりするので、さまざまな種類の料理を少しずつ購入することが可能です。


種類豊富なお惣菜の、いろいろな味を食べ比べることができるのもうれしいポイントですね。栄養バランスを考えると、少なくとも一日に15品目くらいは取りたいと思う人も多いのではないでしょうか。


しかし、自分で調理してたくさんの食材を使おうとすると、時間も手間もかかる上に、材料費も高くなりがちです。また、余った食材を使い切ることができずに、結局捨ててしまうことにもなりかねません。テイクアウトを上手に活用すれば、手軽に、そして経済的にいろんな栄養を摂ることができます

自分では作らない料理が食べられる

スパイスカレーやタイ料理、専門店のラーメンなどの手の込んだ料理は、なかなか自分で作るのは難しいものです。作る時には、普段は使わない調味料が必要だったり、その料理を作るのに特化した調理器具が必要だったりします。


寸胴で何時間も煮込んで作るスープや、圧力鍋で作る柔らかいチャーシューの味わいは、専門のラーメン店ならでは。家庭で再現しようとすると、莫大な費用と時間がかかってしまいます。スパイスカレーも、たくさんの種類のスパイスが必要だったり、何時間もかけて煮込んでいく必要があったりと、ほとんど趣味の領域に。


また、タイ料理では材料を調達しようとしても取り扱っているお店自体が少なく、入手が困難です。さらに、タイ料理作りには「クロックヒン」と呼ばれる石のすり鉢が必須となりますが、わざわざ準備してもその後活用できるかどうか疑問が残ります。そういう料理は、やはりテイクアウトで食べるのが一番。テイクアウトなら、そのジャンルに精通したプロが調理する、できたての料理を味わうことができます。家庭では作れないような料理も、気軽に味わえるのがテイクアウトの魅力ですね。

食事場所の自由度が高い

どこでも好きな場所で食べることができる

レストランやカフェで食事をする時は、お店の雰囲気や内装、流れる音楽などで、独特な空間を楽しめることも魅力のひとつ。素敵なムードの飲食店は日常とは違う異空間なので、料理の味をさらに特別なものにしてくれます。


しかし、お店でゆっくり食べる時間が無かったり、時間帯によっては満席で座れなかったりすることも。そんな時でも、テイクアウトならどこでも好きな場所にお店の味を持ち出すことができます。また、天気の良い日には、公園や広場など外の空気を感じながら気軽に食事ができるのも、テイクアウトの醍醐味です。

周りを気にせずゆっくりと食べられる

家の外での食事は、「周囲が気になってゆっくり食べることができない…。」という人は意外と多いものです。また、飲食店が混み合っていて順番待ちの列ができている時は、「早く食べなければ…。」と焦ってしまい、ゆっくり味わうどころではない時も。その点テイクアウトなら、自宅に持ち帰って自分の好きなタイミングで心置きなく食べることができます。小さな子どもがいる方も、自宅なら誰にも気兼ねなくゆっくりと食事ができるメリットがあります。

家事の負担軽減

疲れている時、体調が悪い時に便利

お持ち帰りの商品なら、買ってきてすぐに食べることができるので、家事の負担が軽減されます。どんな人にでも、体調のすぐれない時や疲れを感じる日はあるものです。


しかし、家族と同居している人は、いくら自分の体調が悪くても食事の準備や洗濯などの家事をこなさなければならず、休めないことも。ついつい、無理をしてしまいがちです。今はデリバリーなど様々なテイクアウトの方法があるので、体調の悪い時には上手に活用して、体調の回復に努めたいですね。

育児や介護などで目が離せない時の食事準備に活用

育児や介護をしながら、食事の準備をするのはとても大変です。育児の場合などは、食事の準備をする時には子どもがゆっくり眠っていてくれると助かるのですが、忙しい時に限って泣き出したり、動き回ったりと、なにかと手がかかるものです。少しおとなしくしていると思ったらティッシュを散らかしていたり、食べてはいけないものを口に入れていたりと、とにかく目が離せません。


また、子どもが小さい時には、抱っこしたり背負ったりしながら、料理を作ることも。お世話をしながらの食事準備では、何かあるたびに調理を中断することになり、時間も手間もかかる上に、かなりのストレスが溜まります。テイクアウトは、そんな食事準備の負担を軽減してくれます

三密回避

店内で食事をする時に、どうしても気になってしまうのが三密です。飲食店でも仕切りを設けたり、席の間隔をあけたりと工夫を凝らしていますが、周囲の目が気になって気軽に外食ができずにいる人も少なくありません。


そんな方におすすめなのが、飲食店のテイクアウトテイクアウトなら、飲食店で食べるのと同じ作り立ての料理を、三密を避けて自宅などで味わえます

まとめ

種類豊富なメニューを手軽に味わったり、家事の負担が軽くなったりと、たくさんのメリットがあるテイクアウト。最近は、テイクアウトができる場所も増えてきています。次は、どんなところでテイクアウトできるのか詳しくご紹介していきます。また、それぞれのテイクアウトの特徴も見ていきましょう。

テイクアウトできるお店ごとの特徴

3密回避や時短など、たくさんのメリットがあって、ますます人気が上昇しているテイクアウト。最近では、テイクアウトができる場所もどんどん増えてきています。誰でも気軽に立ち寄ることができるコンビニやスーパー、街角に建つパン屋さんやお弁当屋さんなどは、ほとんとの人が日常的に利用しているテイクアウトの王道です。


そのほかにも、移動販売やドライブスルー、デリバリーなど、テイクアウトの形態も多様化してきています。最近では、コロナ禍の影響でテイクアウトを始める飲食店が急増中です。こちらでは、テイクアウトできるさまざまなお店ごとの特徴についてご紹介します。

コンビニ

営業時間が長く、いつでも気軽に立ち寄れる便利なコンビニ。綿密に考えられた立地条件で店舗を出店しているので、都市部では駅前にあったり、郊外では大通り沿いだったりと、足を運びやすいのが特長です。


おにぎりやサンドイッチ、ドリンクなどはもちろん、冷凍食品や日用品など、生活に必要な品物を手軽に短時間で購入できます。すぐに食べたり飲んだりすることができる食品類を購入する人が多く、レジ前に並ぶ「おでん」や「肉まん類」、「からあげ」などのホットフードも好評です。


次々と入れ替わる流行を取り入れた新商品や、本格的な味わいがリーズナブルに楽しめるコンビニのコーヒーなど、魅力的な品ぞろえも人気の理由。ついつい毎日立ち寄ってしまうという人も少なくありません。最近は、コンビニ独自製品のプライベートブランドも、さまざまな商品が充実してきました。お菓子やドリンクなど食料品のほかにも、日用品から化粧品まで多くの品がそろいます。

スーパー

野菜や肉などの生鮮食品から加工品、お惣菜まで、豊富な品ぞろえと価格の安さが魅力です。郊外の店舗では駐車場が広く、まとめ買いの時にも便利です。家族の食事準備のために、ほとんど毎日スーパーに買い物に行くという方も多いのではないでしょうか。


過疎化の地域では、近所のスーパーが閉店してしまって食料の買い出しができなくなる事例が増えていて、「買い物難民」という言葉も生まれました。それほど、地域の生活に密着している小売店です。


テイクアウトできる商品も、お弁当や麺類、お寿司など種類が豊富で、比較的安い値段で買うことができます。最近では、独自のベーカリーを持つスーパーも増えてきていて、焼き立ての本格パンが買えるお店もあります。


また、ご飯のおかずになるお惣菜が充実しているのも魅力のひとつ。お惣菜を買ってご飯だけ炊いて食べたり、夕飯のメニューに一品加えたりなど、調理する時間が無い時にはとても便利です。さらに、夕方になると商品を売り切るための値引き販売があったり、日替わりの特売品があったりと、格安で購入できる機会が多いのもスーパーの特徴です。

パン屋さん・ケーキ屋さん

目の前にあるパンやケーキを直接見て選べる楽しみがあるのが、ベーカリーやパティスリーの特徴です。ガラス越しにたくさんの商品が並んでいるのが見える店舗もたくさんあります。焼き立てパンの香ばしいにおいに誘われて、お店に入る人も多いのではないでしょうか。そのまま食べても美味しい高級食パンを販売するお店は特に注目を集めていて、パンの焼きあがる時間には行列ができることも珍しくありません。


スタンダードな食パンやフランスパンなどの食事パン、サンドイッチやバーガー類、カレーパンなどのお総菜系、デザートにもなる甘い菓子パンなど、バラエティー豊かな品ぞろえが魅力のベーカリー。


お持ち帰りができるのはもちろん、最近では店内にイートインスペースがあるお店も増えてきました。コーヒーやスムージーなどのドリンクメニューと一緒に注文して、モーニングで利用する人も。パンは持ち運びやすく、手軽に片手ですぐに食べることができるので、朝ごはんや職場のランチにも人気です。

お弁当屋さん

お弁当屋さんのテイクアウトは、注文したらその場で調理してくれるので、温かい食事を持ち帰ることができるのが特徴です。ボリューミーでリーズナブルな「のり弁当」や、広い年代に人気の「からあげ弁当」など定番のお弁当から、それぞれの店舗オリジナルまであるので、色々と楽しめます。


ご飯ものがメインですが、お惣菜やサイドメニューが充実しているお弁当屋さんも増えてきました。具材たっぷりのみそ汁や、サラダなどの野菜類が特に人気です。


最近では、美味しいのはもちろん、健康にまで気を使ったメニューが注目を集めています。おかずも肉ばかりでなく、野菜や魚類などを使ったメニューが充実。食事バランスを気にする人のニーズにも答えられるような商品がそろいます。


今までは、「お弁当屋さん」と言えば、揚げ物などがたっぷりと入ったボリューミーなおかずが主流でした。近年は健康ブームの影響もあり、煮物や焼き魚、グリル系の肉料理などヘルシー志向のメニューが好まれる傾向にあります。お弁当屋さんのメニューも、健康に配慮したものが続々登場中。お子さまから高齢者まで広い年代のニーズに対応しているテイクアウトです。

移動販売

イベント会場やお昼時のオフィス街にある広場などでよく見かけるのが、移動販売です。調理したものをテーブルに並べて売っていたり、キッチンカーで調理しながら販売していたりと、形態はさまざまです。


うどんや焼きそばなどの麺類から、お弁当、パン、さらに、たこ焼きやクレープなどのスナック類まで、さまざまな種類の食べ物が販売されています。移動販売は、購入してすぐに食べることができる手軽さが魅力。


キッチンカーでの販売なら、できたての熱々の状態で受け取れるのがうれしいポイントです。移動販売車から漂ういい香りに誘われて、ついつい列に並んでしまったという経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。


移動販売は、場所を変えながら商品を売るので、その時にしか食べることができない、という一期一会の出会いも魅力のひとつです。珍しい商品なら、試しに食べてみたくなりますよね。また、ほとんどの人がその場で食べるので、人が食べているところを見て、つられて自分も食べてみたくなることも。

ドライブスルー

ドライブスルーは、車に乗ったまま商品を購入できる画期的なシステムです。車で移動する際には、駐車や乗降の手間が省けるので、とても便利です。雨が降ったり強風だったりと天気の悪い日には、ドライブスルーに車の列ができることも珍しくありません。ハンバーガーショップや牛丼チェーン店などが定番となっていて、最近ではカフェや回転寿司店のテイクアウトもドライブスルーで利用できます


テイクアウトを進化させた販売形態として、3密を避けたいコロナ禍の社会ではさらに注目が集まっているドライブスルー。飲食店のお持ち帰りはもちろん、クリーニングやATMサービス、さらには新型コロナウイルス感染症のPCR検査まで、ドライブスルーでの利用ができるようになってきました。今までは、車の乗り降りをしなくてもよいという利便性が評価されていましたが、現在では「ソーシャルディスタンスを保つことができる」という新しい側面が注目されつつあります。ミュージックフェスやグルメマルシェなど、さまざまなイベントでもドライブスルーやドライブインといった形態での開催が試験的に行われています。ウィズ・コロナの生活では、ドライブスルーの需要がさらに高まっていくと考えられています。

デリバリー

できたての料理を配達してくれるデリバリーサービスは、ラーメンの出前やピザの宅配などで、以前から親しまれてきました。具合が悪くて調理することができない時や、仕事が忙しくて家に帰ることができない時などには、家族のもとへ食事を届けてくれるデリバリーサービスが重宝します。


また、コロナ禍のもとでは、なるべく外出を避ける傾向もあって、デリバリーサービスが注目を集めています。需要の高まりとともに、デリバリーサービスを始める飲食店も増加中です。


最近は、デリバリーのみを請け負う「デリバリー代行サービス」も増えてきているので、多くの飲食店でデリバリーサービスを導入しやすくなりました。従来のようなラーメンや丼、宅配ピザだけでなく、カフェのタピオカドリンク一杯からデリバリーを利用できるお店もあります。


また宅配場所も、公園や街角など、好きな場所を指定して持ってきてもらうことが可能です。様々な飲食店がデリバリーサービスに参入することで、デリバリーで味わうことのできるメニューが飛躍的に増えてきました。飲食店の本格的な料理を、デリバリーで味わうことができるようになってきたのは、うれしい変化ですね。

飲食店

お店に入って料理を注文し、できたての本格的な料理を店内で味わうことのできる飲食店には、レストランやカフェ、居酒屋などさまざまな種類があります。提供される料理や価格も多種多様で、お店の内装や流れる音楽などの雰囲気も、利用シーンによっては大切な要素になってきます。


シェフの調理した本格的な料理を味わうことができたり、考え抜かれたレシピをリーズナブルな値段で手軽に楽しむことができたりするのが、飲食店の魅力。また、美味しいものを囲みながら話をして、交流を深める場としても重宝します。


店内飲食が基本の飲食店ですが、コロナ禍のもとでテイクアウトにも力を入れ始めてきました。店内でしか食べることのできなかったメニューが、お持ち帰りでも同じように味わうことができるようになってきたのは、利用者にとってうれしいニュースです。メニューの種類も増えていて、テイクアウト専用メニューの開発をしている飲食店もあり、更なる注目を集めています。

まとめ

一口にテイクアウトと言っても、テイクアウトできる場所も料理も多種多様です。利用シーンや好みによって使い分けて、上手にテイクアウトを利用しながら日々の食事を楽しみましょう。いろいろなテイクアウトのお店の中でも、今もっとも注目を集めているのが、飲食店のテイクアウトです。次は、飲食店のテイクアウトについて詳しくご紹介します。

飲食店でテイクアウトするメリット

コロナ禍のもとで、ますます需要が高まっているテイクアウト。中でも注目を集めているのが、飲食店のテイクアウトです。店内飲食を主流とする飲食店ですが、最近では多くの飲食店がテイクアウトサービスを始めています

今まではテイクアウトに対応していなかったメニューも、お持ち帰りができるようになりました。また、お持ち帰り限定のメニューを新しく発売している店舗もあるので、ますます目が離せません。こちらでは、飲食店のテイクアウトの魅力やメリットを中心に、ご紹介していきます。

外食の魅力

自分で作るのとはひと味違う、専門店の味が楽しめるのが外食の魅力です。ジャンルも、和・洋・中からエスニックまで様々なものがあり、まだ食べたことのない未知の味と出会う楽しみがあります。


また、いつも食べている料理でも、お店によって味付けが異なるので、新しい発見があることも。いろいろなお店の味を食べ歩いて、自分好みの味つけを探すのも楽しいですね。お店の場所や雰囲気も大切で、お気に入りのカフェの、いつもの席で飲む一杯のコーヒーが疲れを癒してくれることもあります。


また飲食店は、単に食事をとるための場所というだけではなく、人々が交流を深めるための場所を提供するという重要な役割も担っています。美味しい食べ物を囲んで一緒に食べたり、お酒を飲んだりしながら話をすると、普段よりも話が弾んで打ち解けやすくなるという利点があります。


女子会や交流会、職場の宴会などの大人数から、カップルや家族での利用など少人数まで利用シーンは幅広く、それぞれにピッタリのコース料理が味わえるお店も。もちろん、ひとりで来店して、カウンターでお店の人との会話を楽しんだり、美味しい料理を味わってゆっくりとくつろいだりしても、気分をリフレッシュできます。

コロナ禍による外食機会の減少

「週末に家族でいく外食が楽しみ」という方や、「友人とよくランチに出かける」という人も多いのではないでしょうか。また、仕事のお昼休みや打ち合わせに、様々な飲食店を利用する人もたくさんいます。様々なシーンで人気の外食ですが、コロナ禍のもとでは度重なる外出自粛要請や飲食店の営業時間短縮などで、外食の機会が減少傾向にあります。


仕事も在宅勤務となる人が増え、ステイホームがスタンダードになり、自宅で食事をとる人が増えました。しかし、一日三度の食事を全て自炊するとなると手間がかかって大変です。メニューも次第に単調になりがちで、気づいたら毎日同じようなものばかり食べている、という人も少なくありません。近所のスーパーやコンビニなどでお弁当などを購入することもできますが、頻繁に行くお店では買いたい品物が尽きてしまうこともあります。


普段なら、そんなときには外食をして気分をリフレッシュできますが、コロナ禍のもとでは飲食店での食事を控える傾向にあるため、なかなか気軽に外食するというわけにもいきません。しかし、「お気に入りのお店の料理が食べたい。」と思う人や、「たまには専門店の美味しい料理を味わいたい。」と考える人もたくさんいます。そんな思いに答えるために、多くの飲食店が始めているのがテイクアウトサービスです。

飲食店のテイクアウト導入の増加

コロナ禍の影響で外食の機会が減り、飲食店は大きな打撃を受けています。店内飲食においては、換気・消毒の徹底、従業員の手洗い・マスクの着用はもちろん、パーテーションを設置したり、席の間隔を開けたりするなど、店舗ごとに工夫を凝らして三密回避対策を行っています


また、持ち帰りの需要増加に答えるため、テイクアウトサービスを始めるお店も増えてきました。今まではテイクアウトに対応していなかったような飲食店でも、新たにお持ち帰り用のメニューを開発したり、デリバリーサービスを始めたりしています。


食べ物をテイクアウトできるお店はたくさんありますが、飲食店のテイクアウトではプロが調理した本格的な料理を、出来立ての状態で味わうことができます。また、和・洋・中のほかにも、エスニック料理からカフェメニューまで、テイクアウトできるメニューはバリエーションに富んでいるのが特徴です。考え抜かれたレシピで手間ひまをかけて作る料理は、専門店ならではの味わいです。

飲食店のテイクアウトのメリット

それぞれの店舗で、個性的な味わいが楽しめる飲食店のテイクアウト。飲食店のお持ち帰り料理には、ほかのテイクアウトには無いようなメリットがたくさんあります。ここでは、飲食店のテイクアウトならではのメリットをご紹介していきます。

出来立てがテイクアウトできる

料理はやはり、作り立てを味わいたいもの。特に炒め物は、炒めてすぐなら野菜のシャキシャキとした歯ごたえを感じられますし、焼き立てのお肉なら柔らかさが格別です。また、天ぷらやコロッケなどは、揚げたてのサクサク感がたまりません。温め直してもやはり最初とはちょっと違う、と思った経験がある方も多いのではないでしょうか。


飲食店のテイクアウトなら、出来立ての料理を持ち帰ることができます。前もって予約をしておけば、受け取り時間に合わせて調理してくれるので、待ち時間もありません。お店に行ったらすぐに出来立ての商品を受け取って、好きな場所で食べることができます。テイクアウトでも、出来立ての熱々が楽しめますよ。

メニューが豊富

飲食店のテイクアウトなら、お店の数もたくさんあってテイクアウトできるメニューも豊富です。例えばファミリーレストランなら、店内で食べることのできるメニューのほとんどを持ち帰ることのできるお店もあります。


ファミレスには、丼物や天ぷらなどの和食からハンバーグやオムライスなどの洋食、中華やエスニック料理まで、メニューが盛りだくさんです。子どもが喜ぶ「お子様セット」などもあり、広い年代のニーズに対応しているので、それぞれの好みで温かい食事をテイクアウトすることができます。


ファミレスのほかにも、和食・中華の大手チェーン店やひとつのジャンルに特化した専門店、個人経営の個性的な料理を出すお店まで、多種多様な店舗があるのが飲食店のテイクアウトの魅力です。

専門に特化した料理

その道一筋の職人技が光るのが、専門店の料理です。身近なものでは、ラーメンや蕎麦などが挙げられます。大きな寸胴で何時間も煮込んで炊きだすラーメン店のスープや、そのスープに合うように考え抜かれた麺、独自の製法で作られるチャーシューなどは、なかなか一般家庭で作れる料理ではありません。


また、蕎麦は蕎麦を打つ人によって全く違う味わいとなり、蕎麦つゆにもお店の個性が出ます。職人が打つ蕎麦を味わうことができるのは、飲食店のテイクアウトならでは。いろいろなお店でテイクアウトして、自分好みの味を見つけるのも楽しそうですね。

プロの調理

何年も修業を積んでやっと自分のお店を開いたシェフや板前の料理を食べることができるのは、数あるテイクアウトの中でも飲食店ならでは。厳選した旬の素材や独自のルートで仕入れたジビエなど、飲食店だからこそ手に入る材料を使って、プロでなければ作ることのできない料理を作るのが飲食店の特徴のひとつです


同じ肉でも、包丁の手入れや切り方などで、肉の柔らかさや味わいまでも違ってきます。火の入れ方も、プロの調理なら間違いありません。そんな特別な料理を持ち帰って、自宅でゆっくりと味わうことができるのは最高の贅沢かもしれませんね。

高級品も手軽に試すことができる

普段は、敷居が高くて入るのに勇気がいるような高級レストランや、興味はあるけれどもなかなか行く機会のなかった料亭。そんな風に気になっているお店が、誰にでもひとつやふたつはあるのではないでしょうか。


もしそんなお店がテイクアウトを始めたら、高級店の本格的な料理を試すチャンスです。お店に行って料理を受け取るだけなので、店内で食べるよりも気軽にトライすることができます。テイクアウトなら、お店で食べる時よりもリーズナブルな価格設定になっているケースもあるので、お得に高級料理を味わえることも。

包装紙や容器などに工夫がある

おしゃれなカフェのテイクアウトメニューは、見た目も華やかに盛り付けられていて、テイクアウトするときに使う紙袋などもデザイン性の高いものが多いのが特徴です。写真に撮っても映えるので、SNSで発信する人や流行に敏感な女性にも人気があります。


ドリンクのカップやホルダーも洗練されたデザインなので、手に持って飲みながら歩いているだけでも周りの視線を集めそうですね。


また、美味しさを追求して容器に工夫を凝らしているのが、ラーメンのテイクアウトです。テイクアウトでもお店で食べるのと同じようなラーメンを味わえるように、お持ち帰り用の容器を開発しているお店もあります。


麺とスープを別々に持ち帰ることができる容器にして、食べる直前に麺を入れることで出来立ての味わいを再現していたり、テイクアウト容器のまま電子レンジに入れて温め直せる容器にすることで、熱々の状態で食べることができるようにしていたりと、お店ごとにさまざまな工夫があります。


また、時間がたってものびにくい麺をテイクアウト用に新しく開発したラーメン店も。ますますテイクアウトメニューから、目が離せませんね。

まとめ

数あるテイクアウトのお店の中でも、飲食店のテイクアウトなら、専門店の出来立て料理を持ち帰ることができたり、プロの調理した本格的な味わいをリーズナブルに楽しむことができたりと、飲食店ならではのメリットがたくさんあります。最近は、テイクアウトサービスを始めるお店も続々と増えてきています。たくさんの飲食店の中からお気に入りのテイクアウトメニューを探すなら、EPARKテイクアウトがおすすめです。続いて、EPARKテイクアウトのメリットをご紹介します。

テイクアウトするならEPARKテイクアウト!

なかなか気軽に外食ができないコロナ禍のもとで、飲食店のお持ち帰り料理が人気を集めています。お持ち帰りができる飲食店を紹介するサイトも増えていますが、「便利で使いやすく、しかもお得。」と評判なのが、EPARKテイクアウトです。EPARKテイクアウトは、掲載している店舗数もどんどん増えていて、予約も簡単。さらに、お得な特典もいっぱいです。こちらでは、EPARKテイクアウトのメリットを詳しくご紹介していきます。

8000店舗以上の飲食店を掲載

EPARKテイクアウトをおすすめする理由のひとつに、掲載されている飲食店の数の多さがあります。その数、実に8000店舗以上!さらに続々と掲載店舗が増えているので、定期的にEPARKテイクアウトのページにアクセスしてチェックしてみてくださいね。新しく掲載された店舗では、期間限定でキャンペーンが行われていることもお得にテイクアウトの料理を手に入れるチャンスを見逃さないようにしましょう。


また、EPARKテイクアウトでは、日本全国各地のテイクアウトができる飲食店を掲載しています。普段の食事での利用はもちろん、お出かけ先や旅行に行った時にも便利です。出先で食事場所を見つけるのは、意外と難しいものです。


目星をつけていたお店が混み合っていたり、適当なお店が見つからずに歩き回ったりして、時間をロスすることにもなりかねません。土地勘のない場所なら、さらに大変でしょう。近くの飲食店を検索しても、すぐに見つかるとは限りません。


また、初めて入る飲食店では、ちょっと緊張してしまうことも。そんな時は、ぜひテイクアウトを利用してみてください。EPARKテイクアウトなら事前に予約できるので、混み合っている時間帯でもすぐに料理を受け取って、車の中や公園など好きな場所でゆっくりと食べることができます。

検索しやすい

EPARKテイクアウトなら、お持ち帰りメニューの検索がサクサクできるので、使いやすいのが特徴です。いま自分のいる現在地から検索したり、エリアを指定したりすることも可能です。もちろん、駅名や食べたいメニュー、お店の名前から検索することもできます。「和食」や「中華」など、ジャンルを指定してもいいですし、「1000円以内」など価格を指定して絞り込む方法も。誰でも感覚的に操作できる画面なので、お目当ての料理が簡単に見つかります。


また、メニュー画面には料理の写真が付いていて、どんな商品なのか一目でわかる仕様です。料理名だけでは、どのような商品なのかわかりにくいこともありますが、画像を見れば料理の特徴がつかみやすく、味もイメージしやすいですよね。好みの商品が見つかったら、そのまますぐカートに入れて注文もできるので、とても便利です。お店によっては料理のおすすめポイントのコメントが掲載されていることもあるので、ぜひチェックしてみてください。

予約が簡単

Webで予約が簡単にできるのが、EPARKテイクアウトの魅力です。テイクアウトの注文をする電話をした時などは、名前を聞き取ってもらえなかったり、住所や電話番号を伝えたりと、意外と時間や手間がかかるものです。煩わしいと思った経験がある方も多いのではないでしょうか。


また、受け取りに行ったら注文したものと別の料理だったり、個数が違ったりということも。口頭で伝えただけでは何も残らないため、「ちゃんと注文できているだろうか」と不安になることも少なくありません。その点、Web予約なら注文確認画面があるので安心です。


EPARKテイクアウトなら、スマホやパソコンから24時間いつでも好きなタイミングで注文の予約をすることができます。前もって注文しておくことができるので、時間が無い時に焦ってメニューを決めなくても大丈夫です。空き時間にゆっくりと品定めができるのは、うれしいポイントですね。


バスや電車での通勤時間や昼休みなどを利用してスマホで注文し、帰宅するときに出来立ての料理を受け取れば、自宅に帰ってすぐ夕飯にすることができます。もちろん、商品を受け取りたい当日に予約することも可能です。EPARKテイクアウトの商品ページを見れば、当日に予約可能かどうかわかりやすく表示されています。テイクアウトの注文は、予約が簡単なEPARKテイクアウトでどうぞ!

オンライン決済が可能

EPARKテイクアウトは、注文予約をする時に、同時にオンライン決済が可能です。クレジットカードを登録すればウェブ上で支払いが済んでしまうので、お店に行った時に会計をする必要がありません。お店では商品を受け取るだけなので、時間の短縮にもなりますね。


新しい生活様式が推奨されている今日では、ソーシャルディスダンスを保つためにも、店内に滞在している時間が短くて済むスタイルが好まれる傾向にあります。オンライン決済なら、店内にいる時間も長くないので、安心してテイクアウトを利用できます。


最近は、街中のいたるところでキャッシュレス化が進んできました。現金を数える煩わしさから解放されるだけでなく、ポイントが付いたりキャッシュバックがあったりとお得な特典も。EPARKテイクアウトから注文すれば、EPARKのポイントも付くのでさらにお得です。


また、キャッシュレスなら現金に触れなくてもいいので、感染症予防にも適しています。オンライン決済なら、クレジットカードに触れる必要もありません。テイクアウトの会計には、便利で現在の生活様式にもマッチしているオンライン決済がおすすめです。

三密回避

三密を回避して飲食店の作り立ての料理を味わうなら、EPARKテイクアウトがおすすめです。店内飲食で気になってしまうのが、ソーシャルディスタンスが保てないほど混み合っている三密。飲食店でも、こまめな換気をしたり、パーテーションで仕切るなどの対策を行ったりして、感染防止対策に取り組んでいます。


飲食店で、店内の雰囲気を楽しみながら美味しい料理を味わう時間は、多くの人が求める楽しいひと時です。しかし、コロナ禍の影響で、なかなか気軽に外食をすることができなくなりました。


コロナ禍のもとでも飲食店の料理を味わいたい、という人々の願いに答えてくれるのが、テイクアウトサービスです。今まではテイクアウトに対応していなかったお店や料理も、お持ち帰りができるようになってきました。


テイクアウトなら、専門店の味わいを持ち帰って、三密を避けてゆっくりと味わうことができます。さらに、EPARKテイクアウトなら、Webでの事前予約が可能で、支払いもオンライン決済で済ませることができます。店舗では商品を受け取るだけなので、店内滞在時間も短く、三密回避が可能です。

お得なサービスが満載

EPARKテイクアウトでは、EPARK限定のキャンペーンがあったり、EPARKポイントがたまったりと、お得なサービスが満載です。テイクアウトの利用は、お店に直接電話したり、店舗の公式ホームページから注文したりすることができますが、EPARKテイクアウトから予約すればEPARKならではのお得なサービスを受けることができます。


特に注目したいのが、ブランドごとのキャンペーンです。「お持ち帰りが20%OFF」など、たびたび期間限定で開催されているので目が離せません。また、EPARKテイクアウト限定で特定の商品が割引になっていることも。中には半額など、かなり安く提供されているお持ち帰り商品もあるので、この機会にぜひお試しください。


さらに、EPARKテイクアウトから注文すれば、EPARKのポイントがもらえます。EPARKポイントがたまったら、EPARKの各サービスで利用できるお得なクーポンに交換することができます。クーポンの種類はさまざまで、EPARKテイクアウトで使える割引券はもちろん、EPARK(予約・順番受付)やEPARKグルメなどで使用できるクーポンも盛りだくさん。好みに応じて利用したいサービスのクーポンに交換することができます。ほかのEPARKサービスで貯めたポイントを、テイクアウトのクーポンに交換できるのも大きな特徴です。ぜひ、EPARKのサイトをチェックしてみてくださいね。

まとめ

新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、さらに需要が高まっているテイクアウト。テイクアウトが利用できるお店を紹介するサイトも増えてきました。中でも注目を集めているのが、EPARKテイクアウトです。


EPARKテイクアウトは、飲食店のテイクアウトをより手軽に、スマートに利用できる便利なサイトです。EPARKテイクアウトならではの、お得な情報やサービスも盛りだくさん!飲食店の料理をテイクアウトするなら、ぜひEPARKテイクアウトをご利用ください。

最後に

飲食店のテイクアウトは、専門店の本格的な料理を手軽に味わうことができて、メニューもお店ごとにバリエーション豊かなのが特徴です。最近は、コロナ禍の影響もあり、テイクアウトができる飲食店が増えてきました。店内飲食が思うようにできない時期でも、テイクアウトなら本格的な飲食店の味を楽しむことができます。


また、ひとりでお店に入るのはちょっと苦手という方や、周囲の目が気になってゆっくりできないという方にも、テイクアウトがおすすめです。テイクアウトなら、とこでも好きな場所でゆっくりと本格的な料理を堪能できます。好みに応じて具材を追加したり、スパイスを加えたりと、誰にも気兼ねなく好きなように味わうことができるのも、テイクアウトの楽しみ方のひとつです。


飲食店のテイクアウトというと、以前はハンバーガーなどファストフードのイメージが強い印象でしたが、今では多くの飲食店がテイクアウトを始めていて、お持ち帰りができる料理も多種多様になってきました。お弁当やお惣菜ばかりではなく、居酒屋の一品料理や専門店のラーメンなどもテイクアウトできるようになってきています。


最近では、テイクアウトもかなり進化していて、時間がたっても美味しく食べることができるテイクアウト用の商品があったり、レンジでそのまま温め直せる容器だったりと、お店ごとに様々な工夫も。ラーメン店ではテイクアウトではのびにくい麺を使用したり、カレー専門店ではお持ち帰り専用でカレーパンの販売を始めたりしているお店もあります。コロナ禍によるテイクアウトの需要の増加に伴い、飲食店でも新商品の開発やデリバリーサービスの開始など、お持ち帰り商品や方法を充実させています。


お持ち帰りができるお店を検索するサイトも、どんどん増えてきました。中でもおすすめは、EPARKテイクアウト。EPARKテイクアウトなら、EPARK限定の割引商品があったり、貯まったポイントを使って商品をお得に購入できたりと、さまざまな特典が盛りだくさんです。以前から気になっていた飲食店の料理や、お気に入りのいつものメニューなど、この機会にお持ち帰りで味わってみましょう。ぜひ、EPARKテイクアウトでお試しください。