お持ち帰りならEPARKテイクアウト

新宿区でファストフードをお持ち帰りできるおすすめ店まとめ

1日の乗降者数でギネス世界記録にも認定されている新宿駅には、忙しく行き交う人達が利用しやすいファーストフードが数多くあります。ハンバーガーチェーン店や、映画やアートのようなコンセプトのバー、体に良いオリジナルサラダのデリなど、新宿ならではの多種多様な店が集まっています。今回は、テイクアウトにも最適なファーストフードのおすすめメニューを、5店からご紹介します。

新宿区でファストフードのテイクアウトができるお店

red.

red.

新宿ゴールデン街の5番街にある赤いニコちゃんマークの看板が目印の、アメリカの雑貨屋さんをイメージしたおしゃれなバー「Red.」は、こだわりのホットドッグで人気のお店です。アメリカンな店内で作られるホットドッグは、ハンバーガーに合う新宿「峰屋」のバンズに、米国ジョンソンヴィルのソーセージを合わせています。愉快なスタッフと気の良いお客様によるアットホーム感も人気の理由です。お店は、新宿三丁目駅E1出口より徒歩3分にあります。

イチオシ

カジュアルなアメリカンバーred.のイチオシは、名物「ホットドッグ(レギュラー)」です。2014年のオープンからの看板メニューは、パリッパリのウインナーにトロトロのチーズがたっぷりなリッチな一品。新宿にある多くのお店のハンバーガーに使われている峰屋のバンズに、新鮮な挽き肉と厳選されたスパイスで作る、アメリカNo.1ブランドのジョンソンヴィルのソーセージを合わせたホットドッグです。このレギュラーから1年後に登場した「レッドホット(激辛ホットドッグ)」は、一度食べると激辛がクセになる人気のメニュー。ライムを絞ると、酸味とさわやかさがプラスされて食べやすくなるのでおすすめです。

人間レストラン

人間レストラン

「ロボットレストラン」と同じオーナーが、すぐ近くにオープンした「人間レストラン」は、ロボットが多数になった世界がコンセプトのレストランです。ここでは人間は少数派で、あらゆる仕事をAIで動くロボットが行なっています。そんななか、人間が人間のためにオープンしているお店が「人間レストラン」です。映画やアートのようなコンセプトのオシャレなレストランは、ノリのいいスタッフの接客も人気です。お店にはきちんと食事ができるメニューが並び、ハンバーガーが人気メニューとなっています。アミューズメントパークのようなお店は、西武新宿駅北口出口から徒歩約5分、舞伎町1丁目にあります。

イチオシ

しっかりと食事ができる「人間レストラン」のイチオシメニューは、ミニサイズのハンバーガーという意味の「スライダーバーガー」です。アメリカのホームパーティーでも人気で、 小腹が空いたときや、ちょっとオシャレに食事がしたいときにおすすめ。風味豊かな新宿蜂屋のバンズに、パティと大きめ野菜をサンドしています。ソースはBBQソースかサルサソースをお選びいただけます。ビッグサイズな特製厚焼き玉子の「玉子バーガー(1個)」と、こしあんとバターを挟んだ懐かしい味のデザートバーガー「あんバターバーガー(1個)」も人気です。

VEGE STAND 新宿店

VEGE STAND 新宿店

手軽にたっぷりと体にいいものを食べられる、野菜のファーストフードデリが「VEGE STAND 新宿店」です。安心・安全な有機野菜や契約農家から直接仕入れた旬野菜、フルーツを使ったサラダ・スムージー・野菜たっぷりのホットドッグが人気です。色とりどりの新鮮野菜から選ぶオリジナルサラダなど、満足感もあるヘルシーメニューが充実。しっかりと野菜を取りたい方や、デトックスしたい方にもおすすめの、健康に良いファーストフードです。お店の場所は、東京メトロ丸ノ内線の新宿三丁目駅からすぐの徒歩1分です。

イチオシ

「VEGE STAND 新宿店」のEPARKテイクアウトのメニューで、しっかりとした食事をとることができます。たとえば、メインはローストビーフとマッシュポテトに、たっぷり野菜の「VEGE HOTDOG(ローストビーフ)」。緑黄色野菜に生ハムとチェダーチーズをプラスしたサラダの「ベジスタンドオリジナル」は、30種類以上のドレッシングからお好みを選べて、豊富なトッピングもプラスできます。ドリンクには、チアシードとビタミンCたっぷりの3種類のベリーに、バナナと豆乳を加えた「ベリーソイミルク」と、体に良くて満足感がある食事ができます。

テイクアウトするならファーストフードがおすすめ!

いつでも手軽にすぐに食べられて、たくさんのジャンルや料理があるのがファーストフードで、テイクアウトしてどこでも食べられるように作られているものが多いことからも、自宅や好きな場所で食べるのに最適です。ファーストフードには、テイクアウトして食べることを前提として作られているともいえます。そこでおすすめの食べ方としてご紹介したいのが、ジャンルに関わらずにいくつかのファーストフード店から一度にテイクアウトする食べ方です。チェーン店のハンバーガーと、野菜専門のデリからはサラダやフレッシュジュースをテイクアウトして、緑がたくさんある公園のベンチでランチ。テイクアウトならそんな食事ができてしまいます。

ファーストフードの豆知識

ファーストフードはアメリカから始まったこともあり、ハンバーガーやホットドッグ、フライドチキン、ピザなどがよく知られています。ヨーロッパでは大規模なチェーン店が出店できない国もあり、ケバブサンドやパニーノといった独自のファーストフードが人気です。日本では江戸時代頃から、蕎麦や天ぷら、寿司、おでんなどが古来のファーストフードとして食べられていました。1970年代からアメリカのチェーン店が本格的に出店し始めて、全国に広がっていきます。その後は日本独自の牛丼、カレーライス、ラーメン、回転寿司、菓子パンなどたくさんのジャンルや料理が登場しています。豊富なジャンルの多彩なメニューが揃うEPARKテイクアウトで、お好みのファーストフードをお選びください。

ファーストフードのおすすめの食べ方

簡単に調理ができてすぐに食べられるファーストフードは、時間が経ってしまうとどうしても出来たての味から変わってしまいます。そこでちょっとしたアレンジや、食材として使うことで激ウマ料理になるアイディアをご紹介します。まず最初にフライドチキンのアレンジです。スパイシーなフライドチキンなので、同じようにスパイシーな炒飯やピラフの具材にピッタリです。チキンの旨味が全てご飯に染み込み至福の逸品に仕上がります。ピザは電子レンジで温め直して食べることが多いですが、天ぷらにするとお酒のおつまみになります。パセリやチーズをかけて食べるのもおすすめです。どちらも簡単にできるので、ファーストフードが残ったときにぜひお試しください。

お持ち帰りまとめ

乗降者数でギネス世界記録にもなっている新宿駅には、忙しい人でもすぐに食べられるファーストフード店が数多くあります。ハンバーガーやホットドッグ、サラダボウルなど種類も豊富。日本では江戸時代から、蕎麦や天ぷら、寿司などがファーストフードとして人気となっていました。1970年代頃からアメリカのハンバーガーやフライドチキンなどが全国に普及し、それをアレンジし牛丼やカレーライス、ラーメン、回転寿司といった多くのファーストフードが登場し各地に広がっていきました。しっかりと味が付いているファーストフードなので、アレンジ料理にも最適です。フライドチキンを骨から外して炒飯やピラフの具材にしたり、ピザを天ぷらにして揚げるとお酒のおつまみにピッタリです。EPARKテイクアウトなら時間指定が可能なので、お店に行くとすぐに出来立てを受け取れます。24時間いつでもどこからでもスマホから注文できるので、忙しい方にEPARKテイクアウトがおすすめです。

EPARKテイクアウトとは?


事前予約で待ち時間をゼロに。
お持ち帰りを便利にします

テイクアウト(お持ち帰り)の予約ができるポータルサイト「EPARKテイクアウト」。テイクアウトができる店舗を検索し、簡単に予約ができ、指定した日時に受け取りに行くことで、店頭での待ち時間も解消されます。 ネット予約のため、24時間好きな時間に自分のペースで注文することができ、できたての状態で商品を受け取れます。