お持ち帰りならEPARKテイクアウト

渋谷区で和食をお持ち帰りできるおすすめ店まとめ

渋谷は今も昔も流行に敏感な人が集まるエリアです。特に10代や20代の学生、ミュージシャンやクリエイターが多く、美味しいものや体に良い食べ物の情報を得るのも早い人達です。和食のテイクアウトは栄養バランスが良くリーズナブルなので、渋谷に集まる人達にもとても人気があります。今回は、渋谷区にある和食のテイクアウトメニューをを5店からご紹介します。

渋谷で和食のテイクアウトができるお店

円山町 わだつみ

円山町 わだつみ

そばと天ぷらを中心にした和食を渋谷で気軽に味わえるだけでなく、昔ながらのそば屋呑みを楽しめるお店が「円山町 わだつみ」です。全国各地から集めている季節ごとの旬の日本酒に合うように、バリエーション豊富で多彩なメニューが揃う人気店です。卓越した一流料理長が取っただしを基調にして、お酒に合う旨いつまみや素材の味そのものを引き出す天ぷらなどを堪能できます。絶品和食を手軽に味わえるお店は、京王井の頭線の神泉駅から徒歩2分です。

イチオシメニュー

わだつみのイチオシは、1頭から少ししか取れない貴重なお肉をボリューム満点に味わえる「和牛いちぼ丼」です。いちぼは、クセがなく上品な味わいのランプと呼ばれるお尻上部のお肉のうち、その下側の柔らかい部分にある、脂肪が少ないのに驚くほどやわらかな赤身の稀少部位です。シンプルに塩胡椒だけで味付けしているので和牛そのものの旨みが際立ち、甘じょっぱいタレをかけたご飯にベストマッチ。丁寧に仕上げられた逸品を、是非ご賞味ください。

吉野家恵比寿駅前

吉野家恵比寿駅前

創業から120年を迎えた牛丼の元祖「吉野家恵比寿駅前」では、お客様が、うまい。と言ってくれる本物のうまさだけを追求しています。そのために食材には徹底的にこだわり、牛肉は吉野家の秘伝のたれに合う、赤身と脂身のバランスが良くまろやかな北米産のバラ肉を使用しています。うまい牛丼に欠かせない秘伝のたれは、門外不出のレシピにより、白ワインをベースに発酵調味料を加えて、よく熟成させた甘みのある生姜もプラスしています。牛丼の注文が入ると、このたれが入った鍋に牛肉と食感が良く糖度が高い玉ねぎを入れて、加熱せずに低温で熟成させることによって、あの吉野家独自の深みのある味わいになります。地下鉄日比谷線の恵比寿駅から徒歩1分、JR恵比寿駅からは徒歩3分に、牛丼の元祖吉野家があります。

イチオシメニュー

牛丼の「吉野家恵比寿駅前」がイチオシするのは、定番中の定番の牛丼ではなく、高タンパクで糖質オフの「ライザップ牛サラダ」です。定番の牛肉と、鶏肉、ブロッコリー、半熟卵が入り、バランス良くタンパク質を摂取できるサラダが、吉野家各店舗で人気です。あのライザップのトレーナーと共同開発したサラダは、カロリーは控えめで脂質と糖質も抑えたヘルシーなサラダでありながらも、牛肉と卵からしっかりとタンパク質を取れます。吉野家の牛肉を味わいながらも痩せられる、まさに夢のようなサラダがおすすめのメニューです。

テイクアウトするなら和食がおすすめ!

渋谷区のテイクアウト(お持ち帰り)

テイクアウトはできるだけリーズナブルなのが嬉しいですよね。食事を作る時間がないときや忙しいときにテイクアウトすることが多いですが、いつも贅沢をするわけにもいきませんよね。そんなときには和食のテイクアウトがおすすめです。普段街で良く見かける手頃なチェーン店や、ランチ用のお弁当などはほとんどが和食系です。和食は日頃からよく食べている日常食なので、そのほとんどがリーズナブルで、栄養バランスにも優れています。調理にあまり時間がかからずにすぐに食べられる、リーズナブルなテイクアウトといえば和食です。

和食の豆知識

渋谷区のテイクアウト(お持ち帰り)

ユネスコの無形文化遺産にも登録された日本人の伝統的な食文化である和食は、だしが全てのベースになっていることをご存知の方も多いと思います。そのだしを抽出する食材は実はたくさんあって、家庭でもよく使用する鰹節にはじまり、昆布だし、煮干しだし、甘みと香りが高い椎茸などのきのこだし、濃厚な旨味がでる干しエビなど。どれもが違う味や香りなため、料理や調理法によって適しただしを選ぶことが大事になります。また、だしはそれほど味の全面に出ずに料理のベースになるものなので、野菜や肉や魚などが本来持つ風味を生かすのも特徴です。できるだけ自然のものをそのままに本来の良さを引き出せるのが、和食のだしです。素材本来の豊かな風味を味わえる和食のテイクアウトを、是非お試しください。

和食のおすすめの食べ方

渋谷区のテイクアウト(お持ち帰り)

和食は食材そのものの味を損なうことなく生かす料理です。そして世界中の料理から良いところを取り入れて、日本流にアレンジし和食として新たな料理を生み出してもいます。そのためどんな料理とも相性が良いのも和食らしさと言えます。パスタを食べるときにほうれん草のおひたしを一緒に食べても合いますし、ピザとひじきの煮物が並んでいるのもありです。肉料理には野菜の和食をプラスして、魚介の料理には焼き魚を加えるといったことは、あらゆる料理の要素がある和食ならではの食べ方です。ただ繊細な味付けが多いので、最初に和食を食べるのをおすすめします。

お持ち帰りまとめ

流行に敏感な人が集まる渋谷には、栄養バランスが良くリーズナブルな和食のテイクアウトが多くあります。代官山にはオシャレなおむすびカフェ、食べると鰹だしが香る餃子もテイクアウトできます。3つのスープからお好みで選べるもつ鍋も人気です。和食といえばだしですが、鰹や昆布だけでなく、きのこや干しエビなど様々な食材からだしは取れます。それぞれ香りや味わいが異なるので、料理にあっただしを選んで使うバリエーションの豊富さが和食にはあります。世界各地の料理からエッセンスを吸収して、オリジナルの料理を生み出しているのも和食の特徴です。そのため、イタリアンやアメリカ料理、中華など世界中のどんな料理と同じ食卓に並べられるのも和食ならでは。一汁三菜を基本になるべくたくさんの食材を使って、油をあまり使わずに、素材そのものの味を生かす調理で作る和食は、これからますますメニューが充実していくテイクアウトです。

EPARKテイクアウトとは?


事前予約で待ち時間をゼロに。
お持ち帰りを便利にします

テイクアウト(お持ち帰り)の予約ができるポータルサイト「EPARKテイクアウト」。テイクアウトができる店舗を検索し、簡単に予約ができ、指定した日時に受け取りに行くことで、店頭での待ち時間も解消されます。 ネット予約のため、24時間好きな時間に自分のペースで注文することができ、できたての状態で商品を受け取れます。