お持ち帰りならEPARKテイクアウト

ラーメンをテイクアウトする際のおすすめブランドをご紹介!

+67
ラーメンをテイクアウトする際のおすすめブランドをご紹介

ラーメンといえば、元々は中国が起源の麺料理です。「中華そば」や「志那そば」、「南京そば」とも呼ばれていて、日本に伝わったのは幕末から明治時代頃と言われています。


後に横浜、長崎、神戸、函館などの各港町に出来た中華街から広まって、大正時代頃に全国各地へと伝わっていったとされています。中華料理のひとつであったラーメンですが、日本の食文化と融合したことで、現在では「日本のラーメン」として独自のジャンルが形成され、老若男女問わず多くの人に愛される料理となっています。


今では当たり前のように親しまれているラーメンという名称ですが、「ラーメン(拉麺)」の語源には諸説あります。中国語で「拉」は引っ張るという意味があり、手で引っ張り伸ばすことによって形を作る手打ちの技法で造られる事から「ラーメン(拉麺)」と呼ばれているとする説や、「老麺(ラオミェン)」が語源とする説などがあります。


また、幕末から明治時代にかけて日本に伝わってきたとされるラーメンですが、日本人で初めて中華麺を食べたのは、時代劇でも有名な「水戸のご隠居」様だったという説があります。隠居所を訪れた家臣たちには、中華麺を振舞ったそうです。このように、意外と日本人とラーメンの関係は古く、今日のように広く普及する以前から、歴史の中にも名前が登場するような料理でもありました。


古くから人々に親しまれ、日本で独自の発展を遂げてきたラーメン。今日では、海外にもたくさんの日本のラーメン店が出店しているほど人気があります。国内でも全国各地に次々とチェーン店や個人店など新しいラーメン屋さんがオープンし、ますます注目を集めています。


最近では、新型コロナウイルスの感染拡大防止策に対応するため、ラーメンの「テイクアウト」に力を入れるお店が増えてきました。飲食店でプロの料理人が調理した料理を、お店の外に持ち出せるテイクアウト」。コロナ禍で思うように外食できない人も多い昨今、「テイクアウト」サービスが好評です。テイクアウトは、三密を避けて飲食店を利用できる手段なので、コロナ禍以後の新しい生活様式にもマッチしています。


今回は、そんなテイクアウトサービスに対応したラーメン店をランキング形式でご紹介いたします。元々ラーメンには「出前」という文化があるので、テイクアウトとも相性のいい料理です。今回ご紹介するのはそんなラーメン店の中でも選りすぐりの人気ラーメン店。どのお店も個性的で、多くの人々から愛されており、その店独自のラーメンをテイクアウトで楽しめます。是非とも、自分好みのラーメンをテイクアウトする参考にしてみてください

①餃子の王将

餃子の王将

ラーメンランキング1位は「餃子の王将」です。名前の通り、餃子を中心に据えつつ中華料理の定番メニューを豊富に揃えたチェーン店として、ビジネスパーソンや学生、お子様やご年配の方まで幅広い世代に愛されています。


何よりも料理の価格がリーズナブルなので、お腹いっぱい食べられるのが特徴の「餃子の王将」。餃子に魂を込めて提供している王将ですが、餃子だけでなくラーメンもかなりの人気です。それ以外の中華料理も、何度でもリピートしたくなるほど美味しいものが揃っています。今回はそんな「餃子の王将」について、ご紹介します。テイクアウトの参考にしてみてください。

沿革・歴史

1967年、京都の四条大宮に、「餃子の王将」の1号店が開店しました。ここから「餃子の王将」は、京都市内を中心に店舗を増やしていきます。
1974年には「株式会社王将チェーン」を設立して、本格的にチェーン展開していくこととなります。以後も順調に店舗数を増加していき、1980年5月に商号を「株式会社 餃子の王将チェーン」に変更して、大手チェーンへと成長していきました。


1981年に福岡市に九州工場を設置してからは、全国各所への工場の設置を進めていきます。1990年に「株式会社 王将フードサービス」に商号を変更。2016年には女性向けの新コンセプト店である「GYOZA OHSHO」を京都市中京区にオープン、翌2017年には持ち帰り専門店の「GYOZA OHSHO 京都髙島屋店」を出店するなど、精力的な出店を続けています。

こだわり

餃子の王将」を名乗るだけあり、王将の餃子には王将の魂が込められています
主要食材である豚肉、にんにく、キャベツ、ニラ、生姜、小麦粉は全て国産のものを使用。特に、にんにくは青森県産、小麦粉は北海道産、と産地にもこだわって厳選しています。にんにくは越冬作物で、雪の下で青森の厳しい冬を乗り越えることで甘さを蓄えた後に収穫されたものです。


北海道産の小麦粉は、豊かな風味が大きな特徴となっています。粘り気の強い北海道産小麦粉を高品質な皮に仕上げる為には、繊細な水分管理が肝となってきます。こだわって厳選された国産食材は、冷凍保存を行わず、新鮮なままに全てが国内の自社工場で加工され、秘伝の調味料製法によって餃子の餡や皮になります。


製造されたその日の朝に、冷凍せずに全国の店舗へと届けられるので、何時食べても鮮度は抜群です。王将特製の鉄板で焼き上げられた餃子は、風味豊かなもちもちの皮ジューシーで奥深い味わいの餡との相性が抜群。口の中にハーモニーが広がるようです。


炒飯ニラレバ酢豚回鍋肉、「餃子の王将」で提供される料理は全て、店頭で手作りされています。手作りにこだわる最大の理由は、心込めてアツアツの出来立て料理を提供したいという思いがあるからです。


また、「もう少しだけ辛くして欲しい」といった来店者の声に柔軟に対応出来るようにして、納得のいく料理を食べてもらいたい、との思いも。そのように現場での柔軟な対応が可能なのも、ひとえに現場で活躍するスタッフの調理技術が高いからにほかなりません。スタッフの技術とオリジナリティが生み出す、各店舗オリジナルのメニューもまた王将の魅力の一つです。

おすすめのテイクアウトメニュー

餃子を中心にして、様々な中華料理の定番メニューを取り扱っている「餃子の王将」。数々の人気メニューを提供してきた「餃子の王将」の、テイクアウトのおすすめメニューをご紹介いたします。何を注文するか迷った時の参考にしてみてください。

餃子の王将ラーメン

おすすめのテイクアウトメニューは、「餃子の王将ラーメン」です。濃厚な醤油豚骨スープがモチモチ食感の麺に絡んでしっかりとしたコクが感じられる、こってり好きにはたまらない食べ応えのある一杯です。リーズナブルな価格も、うれしいポイント。「餃子の王将」の定番ラーメンです。

醤油ラーメン

あっさり派の方には「醤油ラーメン」がおすすめ。こちらは、魚介風味のスープに柔らかくて大きい豚バラチャーシューがのった、満足度の高いラーメンです。また、「餃子の王将」ではラーメンのテイクアウト用の容器にも工夫が凝らされていて、そのまま電子レンジに入れて温め直せる仕様になっています。「ラーメンはやっぱり熱々がいい。」という方に、ぴったりですね!

ラーメンパック

さらに「餃子の王将」では、テイクアウト限定で「ラーメンパック」も販売しています。王将のオリジナルの製法でここでしか食べられない味です。密閉された袋に入っているので、保存がきくのもありがたいポイント。お家で思う存分、王将の味を楽しみましょう。

餃子(1人前:6個)

「餃子の王将」と言えば、やはり外せないのが「餃子(1人前:6個)」。創業以来変わらぬ美味しさを貫き続ける、「餃子の王将」の看板メニューです。もちもちの皮の中から、豚肉とにんにく、野菜の旨味がじゅわりと溢れ出すさまはたまりません。青森県産にんにく、北海道産の小麦粉を筆頭に、全ての主要食材が国産となっています。

炒飯

次におすすめなのが「炒飯」です。餃子に次いで人気のメニューで、強い火力で炒めたパラパラのご飯と玉子、焼き豚、ネギのコンビネーションはどんな料理にも合う、中華料理の定番メニューです。同じご飯もののメニューだと「天津炒飯」もおすすめ。天津飯と炒飯のコラボレーションで、トロトロの餡と玉子が炒飯の旨味と混ざり合って極上の甘さを生み出します。

鶏の唐揚

揚げ物系では「鶏の唐揚」がイチオシです。国産若鶏を特製ダレに漬け込んでから、カラッと揚げたこちらの唐揚げは、噛んだ途端に口の中に旨味が溢れ出してきます。中華料理の定番メニュー「酢豚」も忘れてはいけません。ゴロっと入った国産豚肉と、ピーマン、ニンジン、タマネギにジャガイモとたっぷり入った野菜が甘酢タレと絡まってハーモニーを奏でます。主要食材は勿論全て国産。安心して食べられます。

まとめ

以上が「餃子の王将」の紹介となります。いかがだったでしょうか。リーズナブルな値段で、様々な中華料理が楽しめる王将では、餃子だけでなくラーメンも取り扱っています。そのままレンジに入れられて、すぐに食べることのできる容器に入ったラーメンがテイクアウトできるのは、うれしいポイントです。また、保存のきく状態で袋のままテイクアウトする事も出来るので、自宅で何時でも好きな時に調理する事が出来るのは有難いですね。是非、テイクアウトでラーメンを味わってみてください。

②8番らーめん

8番らーめんでテイクアウト(持ち帰り)

2位の「8番らーめん」は、店名の通り国道8号線沿いに1号店を構えるラーメンチェーン店創業から50年以上の歴史を持つ、老舗中の老舗ラーメン店で、北陸地方などの日本各地や国外ではタイなどにも店舗を展開しています。


新鮮な野菜をふんだんに使用した、「野菜らーめん」が看板メニューで、取り扱っているメニューの多くには野菜がたっぷり使用されています。ヘルシーで旨味たっぷりの「野菜らーめん」は、男性だけでなく女性にも人気で、多くのリピーターがいます。キャベツに玉ねぎ、にんじんにもやしから染み出す「野菜の旨味」を、是非ともこの機会に堪能してみてください。

沿革・歴史

創業当時からのこだわりの味わいを、現在まで守り伝えている「8番らーめん」。昭和42年(1967年)の2月ころ、石川県加賀市の国道8号線沿いの田んぼの真ん中に、小屋のような建物のラーメン店として「8番らーめん」の1号店は開店しました。

炒めた野菜をふんだんに使用したラーメンが人気となり、全25席の店内で1日約1300杯のラーメンが注文されるほど繁盛しました。店名にある「8番」は、この国道8号線にちなんでつけられたものです。


その盛況ぶりから、その年の9月にはフランチャイズシステムを導入してフランチャイズ1号店を開店することになりました。1971年には株式会社8番フードサービスを設立、翌年11月には加賀にギョーザ食品工場を新しく建設して、全店でギョーザの提供が始まります。その後も、続々とチェーン店を開店していき、1977年にはファミリー層を対象にした新スタイルの店舗である「泉が丘店」をオープンして、今日まで続く8番らーめんのチェーン展開の礎を作りました

こだわり

8番らーめん」では、看板メニューである「野菜らーめん」を中心としたすべてのメニューに、調理方法はもちろん食材へのさまざまなこだわりが詰まっています。

創業から50年以上続く「8番らーめん」が、長く愛され続けている理由のひとつでもあり、「8番らーめん」が「8番らーめん」である為の大事なもの。ここではそんなこだわりの一部をご紹介します。


全国から取り寄せた新鮮な食材は鮮度管理、品質管理共に徹底された状態で店舗へと届けられています。麺に対してこだわるという事は、水に対してもこだわるという事。白山連峰から流れ出す水を使って、「8番らーめん」の「麺」は造られています。小麦粉とこの伏流水を一緒に練り上げて熟成させることで独特の「コシ」が生まれます。「8番らーめん」で出される「野菜らーめん」には、スープがよく絡むちぢれ太麺を使用しています。


また、塩に対するこだわりは、「8番らーめん」の自信の源でもあります。琉球の美しさが結実したような島だという事で、「珠美島」とも呼ばれている久米島。「8番らーめん」で使用されている「」は、そんな久米島の塩と沖縄の塩をブレンドしたものとなっています。沖縄本島から南西にある久米島沖から組み上げた海洋深層水を100%使用して、スチーム加熱、凝縮、天日干しの工程を経て出来あがる、コクがあり後味のさっぱりした塩です。


さらに、食材だけでなく、調理方法までこだわってこそ本物です。「野菜らーめん」の調理方法は、「爆(バオ)」。キャベツ、ニンジン、玉ねぎ、もやしといった新鮮な野菜を強い、強い火力で可能な限り短時間で加熱する、中華料理で用いられる調理方法です。瞬時に炒めあげる事で野菜の旨味をしっかりと閉じ込め、しゃきっとした野菜の食感を活かします。

おすすめのテイクアウトメニュー

野菜らーめん

創業から50年以上、長く愛され続けている老舗の中老舗ラーメン店の「8番らーめん」。野菜たっぷりのラーメンを主軸に、数々の人気メニューを提供している「8番らーめん」ですが、ここではその中からおすすめのテイクアウトメニューを幾つかご紹介します。何をオーダーするか迷った時は、参考にしてみてください。


真っ先におすすめしたいのは「野菜らーめん」。看板メニューで、「8番らーめん」の主力メニューのこちらは、「キャベツ、玉ねぎ、にんじん、もやし」の4種の野菜とチャーシュー、メンマ、8の字が書かれた「ハチカマ」がのった一品です。野菜の旨味と飽きの来ない味がダントツで人気となっています。

野菜担々麺


次におすすめしたいのは「野菜担々麺」。4種の野菜に、唐辛子の辛味とごまだれのコクが混ざる事で生じる、深い味わいが人気のメニューです。変わり種では、「唐麺(からめん)」もおすすめ。スープが無いこちらのラーメンは、特製のたれを太麺に絡ませて食べる一品。肉味噌とメンマ、ねぎとのり、紅しょうが、ハチカマなどがのっており、濃厚な旨味がクセになる味です。


また、「野菜こく旨らーめん(とんこつ醤油味)」は、濃厚とんこつスープに小豆島産本醸造醤油とマー油のコラボレーションが、深いコクを生み出す人気メニューです。

8番餃子


ラーメン店というと、ラーメン以外のサイドメニューも見逃せません。鉄板のおすすめメニューは「8番餃子」。パリッとジューシー、焼き目からもう美味しそうなこちらの餃子は、主要食材である肉、野菜、小麦粉に国内産の素材を使用しており、安心して食べられます。

点心セット(餃子・唐揚)


餃子と並んで人気のあるサイドメニュー、「点心セット(餃子・唐揚)」もおすすめです。8番自慢の餃子とジューシーな唐揚げがセットとなったメニューで、ひとりでは勿論、ふたり以上で食べるのにもうってつけ。「冷凍8番餃子(30個入り)」はテイクアウトにぴったりなメニューで、お家で8番らーめんの餃子の味が思う存分味わえます。

まとめ

ランキング2位の8番らーめんのご紹介でした。いかがだったでしょうか。国道8号線沿いの田んぼの中にオープンした小さなラーメン屋は、50年以上経った今、北陸地方、そしてタイにまで展開する大型チェーンとして、長く愛されるお店となりました。野菜がたっぷり入った「野菜らーめん」を柱として、老若男女問わず広い層に愛されるラーメンを提供している「8番らーめん」。是非ともこの機会に試してみてください。

③日高屋

日高屋でテイクアウト(持ち帰り)

「熱烈中華食堂」を看板に掲げ、日夜リーズナブルな値段で高品質な中華料理を提供している「日高屋」。ランキングでは3位となっています。


ラーメンを主力メニューとしつつ、丼ものや野菜炒めなどの定食系メニューも豊富に取り揃えている「日高屋」。多くの人が利用しやすいように、駅前の一等地に出店し、値段の方も手頃な価格に抑えられています。定食屋チェーン店の中でも長い歴史を持つ「日高屋」をご紹介します。

沿革・歴史

日高屋

1973年に「日高屋」の前身となる「来来軒」を創業してから、ラーメン店のチェーン展開に意欲的に取り組んで成長してきた「日高屋」。

経営理念には、「使命」、「挑戦」、「感謝」の3つを掲げています。美味しい料理を真心込めて提供すること、進化し続けること、常に感謝の心を持ち、人間形成に努めることなどを理念としていて、お客様に対して誠実でありながら、向上心を忘れないという、「日高屋」の哲学が詰まっています。


「駅前に日高屋がある」という光景が当たり前の光景になることを目指して、社員が一丸となって日々努力しているという「日高屋」。「食」を通じてお客様に満足してもらい、地域社会にも必要とされるようなお店作りが出来るようにする、ということを営業方針にしており、「何時も美味しい料理を素早く提供すること」「いつも良い接客サービスをすること」「いつも店をきれいにしていること」を基本軸に据えています。

こだわり

日高屋」の大きなこだわりの一つは、誰でも気軽に立ち寄れるようなお店を作る事。その為に「日高屋」では、出店する立地を厳選しています。


日高屋」では、多くの店舗が駅前の1階に出店しており、サラリーマンから学生、女性まで老若男女問わず幅広い層、様々な年代の方が何時でも何処でも気軽に立ち寄れるように配慮している中華食堂です。駅前という利便性を活かし、サービス面でもテイクアウト商品を導入するなど、多彩なニーズに応えられるようにしています。


より美味しく、飽きの来ない味を追求」という言葉の通り、味に対しても、「日高屋」には強いこだわりがあります。素材の旨味から始まり、化学調味料を極力使わないように、食の安全にも気を遣い、多くの人から愛される味を追求しています。


特にラーメンに対するこだわりは強く、「日高屋」の屋台骨としての側面もあります。厳選した小麦粉を材料にした麺は、真空ミキシング製法によって抜群の喉越しを実現。丸鶏、鶏ガラ、豚などの良質で栄養豊富な原料を使用して造られたスープは、長時間かけて秘伝のスープへと練り上げられています。


「日高屋」特製チャーシューは、食べた瞬間甘みと旨味が口の中いっぱいに広がります。人気商品である餃子は、専用の小麦粉を用いて造られており、皮はもちもち、中はジューシーな食感で、何度でも食べたくなるような味わいが人気です。


立地」、「」、そして更なる「日高屋」こだわりは、「低価格」です。国民食とも言われているラーメンを中心として、餃子や炒め物といった定食系メニューなども、全国どの店舗でも同じレベルの高い品質、かつ低価格で提供しています。メニューの多様化を進めながらも、利用者が納得のいく価格とサービスを提供し続ける為、「日高屋」では様々な努力をしています。

おすすめのテイクアウトメニュー

ラーメンはもちろん、炒飯や定食類などの中華料理系メニューを幅広く扱い、数々の人気メニューを提供してきた「日高屋」。テイクアウトで人気のラーメンや、ラーメンと一緒にテイクアウトする、おすすめメニューをご紹介します。

中華そば

最初におすすめするのは、「中華そば」です。幅広い世代に愛されている、「日高屋」が誇る人気メニューです。麺、スープ、チャーシュー、三つの相性が抜群で、何度食べてもまた食べたくなる懐かしい味わいは、リピーターになること必至です。

とんこつラーメン

同じ麺類では「とんこつラーメン」もイチオシ。コクが深く、クリーミーなとんこつスープは、こってり好きは勿論、あっさり派の方でも思わず飲み干してしまうような口当たりの良さです。テイクアウトに対応するため、容器などを中心に改良が重ねられ、お店で食べるのと変わらない味になっています。「日高屋」の企業努力が詰まった味を、是非ともお店の外に持ち出して味わってみてください。

しょうが焼き

ラーメンと共に「日高屋」で好評なのが、定食メニューです。様々な種類がある中からおすすめしたいのは、「しょうが焼き」。定食屋さんの定番メニューである「しょうが焼き」は、豚肉と玉ねぎの甘い香りが魅力の一品。


口の中いっぱいに生姜の香りが広がり、ご飯もどんどん進むこちらのメニューは、「日高屋」でも人気上位を誇ります。生姜を効かせた濃いめのタレに、玉ねぎの甘さが絶妙にマッチして何杯でもご飯をお替りしてしまいそうです。

バクダン炒め

炒め物では、「バクダン炒め」も忘れてはなりません。肉感たっぷりで、ボリュームも満点。ヒリヒリするような辛さは、一度食べたらヤミツキになってしまいます。国産の野菜を使用したキムチには、「日高屋」オリジナルの辛味噌が加えられており、クセのある辛さは忘れられない味わい。

冷凍若鶏の唐揚げ(1㎏)

また、テイクアウトと言えば、お家で好きな時に食べられるというのも特徴ですが、そんな需要にピッタリなのが「冷凍若鶏の唐揚げ(1㎏)」です。若鶏のモモ肉を使用した「日高屋」の唐揚げを、保存のきく冷凍パックでテイクアウトすることが出来ます。お店の味を、ぜひ家庭でも楽しんでください。

まとめ

以上、「日高屋」のご紹介でした。いかがだったでしょうか。リーズナブルなお値段で、高品質ラーメンや定食メニューをお腹いっぱいになるまで食べられるのが特徴の「日高屋」。初めは小さな中華料理店としてスタートし、長く愛されている「日高屋」には、数々の企業努力の積み重ねがありました。まだ「日高屋」のお料理を食べたことが無いという方は、この機会に是非ともテイクアウトで試してみてください。

④ラーメンまこと屋

ラーメンまこと屋でテイクアウト(持ち帰り)

4位は、ラーメンと向き合う事20年という、「ラーメン まこと屋」。家族が喜ぶラーメン屋として、お腹だけではなく心も満たせるようにと一生懸命営業してきたのが「ラーメンまこと屋」です。


特注の大型圧力寸動で骨から炊きだしたスープは、毎日店舗で仕込まれています。ネギやお米、高菜などの素材は九州産のものを使用。専属の農家を通して仕入れた安全な国産素材を使い、安心して食べられる食事を提供しています。

沿革・歴史

1999年、大阪に1号店の「ラーメンまこと屋 福島店」がオープン。さらに、翌年7月には2号店の「ラーメンまこと屋 心斎橋店」がオープンしました。


2003年2月には、法人化となり「有限会社マコトフードサービス」を設立しています。同年4月にはチェーン展開を目指していく事となります。2005年には有限会社から株式会社に組織を変更しました。2007年9月には、海外店である「台湾誠屋」がオープンしています。以後も順調に店舗を増やしていき、2019年にはスリランカにもチェーン店がオープン。現在へと繋がります。


企業理念として掲げられているのは、お客様の喜びを自らの喜びとすること誠実に判断して、誠実に行動することなどです。お客様の喜びを自らの喜びとすることは、仏教用語の「自利利他」から受け継がれています。


ふたつめで語られる誠実さは、「まこと屋」という店名のもとにもなっています。この誠実というのは他者に向けられるものではなく、自分に向けられるものだという事が重要な点です。自分に嘘をつかないことが、結果的にお客様を大切にすることにもつながると考えられています。

こだわり

ラーメンまこと屋」の主力メニューである、「牛じゃんラーメン」。小麦の風味にこだわった細麺が特徴のこのラーメンには、「ラーメンまこと屋」のこだわりが詰まっています。
スープは、1本5キロもある牛骨を特殊な大型圧力寸胴鍋を使って炊き出す作業を行い、濃厚な牛骨白湯スープとなります。1店舗で1回30キロもの骨を炊きだし、このスープは造られています。


創業以来、研究に研究を重ねてきた事で生み出された、こだわりの製法です。麺には低加水のストレート麺を使用しており、小麦の風味が感じられるようになっています。48時間熟成された24番角細麺は、小麦の風味とコシが感じられる少し硬めの食感。スープの絡みやすさが、濃厚かつクリーミーな牛スープと相性抜群です。


スープに溶け込ませる辛味噌は、創業時から研究を重ねてきた独自の製法で作られており、数種類の香辛料と果汁をブレンドする事で生まれたオリジナルの味噌です。チャーシューには上質の脂身と赤身肉のバランスが良い豚バラ肉を使用。店舗で直接煮込まれたチャーシューは、独自製法によってしっかりと旨味が染み込んだ、とろけるような柔らかさが特徴です。


牛じゃんラーメン」と並んで「ラーメンまこと屋」を代表するメニューが「鶏じゃんラーメン」です。三段熟成多加水玉子麺が特徴のラーメンで、こちらも人気のメニューとなっています。


鶏じゃんスープは、挽肉の旨味がしっかりと出た味わい深いスープ。新鮮な鶏がらを一度あく抜きしてから、静かに炊き出す事で造られた清湯スープとなっています。一杯一杯特製タレをもみこんだ鶏挽肉を溶け込ませることで、肉汁の旨味が更に高まった鶏じゃんスープとなります。あっさりした中にも深い味わいがある、優しい味のスープとなっていますので是非お試しください。

おすすめのテイクアウトメニュー

家族が喜ぶラーメンを目指して20年あまり。数々の人気メニューを提供してきたまこと屋ですが、ここではその中から特におすすめのメニューをご紹介します。何を注文するか迷った時の参考にしてみてください。

鶏じゃんラーメン

最初におすすめしたいのは「鶏じゃんラーメン」。2大看板ラーメンのひとつで、冬場に食べる温かいお鍋をイメージして、肉の旨みと野菜の甘みを同時に味わえる清湯の鶏ガラ醤油ラーメンとなっています。

牛じゃんラーメン

もう一方の看板ラーメンである「牛じゃんラーメン」は、牛骨から炊き出した牛骨白湯スープが特徴のラーメン。濃厚な旨味とコクを追求した味を、是非とも一度味わってみてください。


鶏じゃんラーメン」も「牛じゃんラーメン」も、様々なバリエーションメニューがあります。「とろ~りチャーシュー牛じゃんラーメン」は、特製ダレでじっくりと煮込んだチャーシューがたっぷりと盛り付けられています。口の中でほろほろととろけるような食感が最高な一品です。「韓国キムチ鶏じゃんラーメン」は、専用工場で手作りされた特製キムチがトッピングされた一品。辛味と旨味が融合し、鶏がらスープとの相性もばっちりのメニューとなっています。


鶏じゃん、牛じゃん以外にも様々なメニューが揃っている「ラーメンまこと屋」。「熟成背脂醤油ラーメン」は熟成醤油に背脂を加える事で、より深いコクと味わい実現した一杯です。熟成醤油の香りとコク、背脂の旨味が加わったスープに、24番の博多風細麺との相性は抜群です。

焼餃子

サイドメニューの「焼餃子」は、キャベツと豚肉に国産のものを使用。パリッとした焼目、モチッとした皮、ギュッとお肉の旨味がつまっています。「若鶏の唐揚げ(5個)」は、特製ダレにじっくりと漬け込んだモモ肉を、オーダーが通ってから衣を付けて揚げる事で、カラッとしたままの状態で食べられます。「黄金チャーハン(スープ付)」も、テイクアウト出来るメニュー。チャーシューを煮込んだ時に出るラードを使って造られた炒飯で、こだわりの玉子で黄金色に仕上げられています。

まとめ

以上、「ラーメン まこと屋」のご紹介でした。いかがだったでしょうか。「ラーメンまこと屋」では、「牛じゃんラーメン」と「鶏じゃんラーメン」の二大看板メニューを主軸に、多くのメニューを提供しています。家族みんなが本物のラーメンを笑顔で食べられるお店を目指して運営されている「ラーメンまこと屋」。出来る限り手作りにこだわって材料も国産素材を使用する事で安心して食べられるメニューが盛りだくさんです。「本物の味」にこだわるラーメンを、是非ともこの機会にテイクアウトでお試しください。

⑤来来亭

来来亭でテイクアウト(持ち帰り)

5位は、「来来亭」です。京都風醤油味の鶏ガラをベースに、背脂がたっぷり浮いたスープが特徴の「来来亭」のラーメン


表面には背脂、中のスープは澄んだ鶏ガラベースのスープで、コクはあるのにスッキリした口当たりの最後まで飲み干せるようなスープです。麺にはコシのある細麺を使用しており、スープとの相性は抜群。


ほかにも、「ネギラーメン」や「味噌ラーメン」、「こってりラーメン」なども人気です。餃子点心など、サイドメニューも充実しています。年齢、性別を問わずに美味しいと言ってもらえるよう努力を重ねて辿り着いたという味を、是非とも一度お試しください。

沿革・歴史

平成9年3月に、1号店である「来来亭 野洲店」を滋賀県にオープンしました。平成11年12月に「有限会社 やる気」が設立され、平成14年11月には「株式会社 来来亭」を設立、近畿地方を中心に全国各地にチェーン展開しています。


「来来亭」では、新規の店舗をオープンする際には入念な下準備が行われています。オープンに際しては、直営店や独立店などのスタッフが参加して、力を合わせて行います。オープンの1週間前には店舗の形が出来上がっており、スタッフ全員が協力して準備を開始。


新しい機器や什器、備品などが運び込まれてくるのを、皆でセッティングしていきます。設備の準備も勿論ですが、従業員同士、チームが一丸となる事も重要です。この店をどんな店にしていきたいか、お客様に満足してもらう為にはどんな事が必要か、仲間の意見を尊重して結束を高めます。朝礼などで目標の確認、意思の疎通を行い、皆で準備を進め、オープンの日を迎えます。スタッフたちが一致団結して、営業開始です。

こだわり

来来亭のラーメンは、京都風醤油味の鶏ガラスープに背脂をふんだんに浮かせているのが特徴です。

表面には背脂、中は澄んだ鶏ガラベースのスープで、コクがありながらも口当たりスッキリ最後まで飲み干せるスープとなっています。麺はコシのある細麺で、スープとの相性もバッチリ


老若男女、様々な世代・層の方に満足して貰えるラーメンを作りたいという目標に向かって、努力を重ねて辿り着いた味です。ぜひ一度、試してみてください。初めて「来来亭」のラーメンを食べる際には、醤油味のラーメンがおすすめです。そのほかにも、「ネギラーメン」や「味噌ラーメン」、「こってりラーメン」などが人気のメニューとなっています。


「来来亭」では「三大原則」というものを持っており、これを元にサービスの向上に日夜努力しています。「大きな声で挨拶」「笑顔の対応」「きびきびと動く」など、3つとも一見当たり前のことのようですが、当たり前のことを一つ一つ真摯にこなしていく事こそが一番だと考えられています。


来店してくれた方に対して、小手先や駆け引きではない、真っ直ぐで一生懸命な「お客様第一」のお店作りを見て貰う事を大切にしています。おいしいラーメンを作る努力はもちろん、それと同じくらいに「お客様第一」の姿勢を大事にしていきたい。それが「来来亭」が考えるお店作りのこだわりです。


来来亭」では、自分のこだわりも注文する事ができます。麺の堅さや醤油の濃さ、背脂の量に一味唐辛子を抜くかどうか、ネギの量からチャーシューの赤身・脂身まで自分の好みで自由に選ぶことが出来ます。色々な組み合わせで来来亭の味を楽しんだり、自分にピッタリの味をみつけて自分好みのラーメンを作り上げたりと、多種多様なラーメンの味わいが好評です。「来来亭」のこだわりラーメンに自身のこだわりもプラスして、新しい味を見つけてみませんか?

おすすめのテイクアウトメニュー

レンチン醤油ラーメン

京都風醤油味の鶏ガラスープに背脂をふんだんに浮かせたスープが特徴の来来亭のラーメン。その他にも数々の人気メニューを提供している来来亭ですが、ここではその中から特におすすめのメニューをご紹介します。何を注文するか迷った時、参考にしてみてください。


最初にご紹介するのは「レンチンラーメンシリーズ」です。「レンチン醤油ラーメン」や「レンチンこってりラーメン」、「レンチンまぜそば」など、種類も豊富にそろっています。

レンチン 旨辛麺

レンチン 旨辛麺」は、見た目にも刺激的で赤いスープが印象的な辛口のラーメン。辛いもの好きな方に、おすすめです。調理はとっても簡単で、電子レンジがあればすぐにできてしまいます。お家で出来立ての「来来亭」の味が楽しめますよ。

お持ち帰り醤油ラーメン

また、「お持ち帰り醤油ラーメン」は、来来亭自慢の京都風醤油味の鶏ガラスープをお店と同じように家庭で調理して楽しめるラーメンです。家で麺をゆでる形でのテイクアウトとなりますので、お家でゆっくりと味わうことが出来ます。「お持ち帰り冷麺」も、人気のテイクアウトメニュー。刻み海苔にメンマ、きゅうりをトッピング、味噌ダレがクセになる一品です。「刻みネギトッピング」や「辛ニラトッピング」などもテイクアウトできるので、自分好みにカスタマイズしてみては。


ラーメン以外のサイドメニューも充実しており、定番の「餃子 1人前」は多くの人から愛される人気メニューです。
また、「揚げたてMIX5」は鶏の手羽先をカラッと揚げた一品。外はカリカリ、中はジューシーな肉汁溢れる唐揚は、ちょっと小腹が空いた時につまめるので、テイクアウトとの相性が抜群。「焼豚並」は、豚の美味しい所だけを楽しめるとっても贅沢な一品です。お酒のお供にもなりますし、ラーメンやチャーハンのトッピングとしてテイクアウトするのもいいかもしれません。ラーメンだけでない来来亭の魅力を、是非とも一度お試しください。

まとめ

以上、「来来亭」のご紹介でした。いかがだったでしょうか。来来亭のラーメンは、濃厚なコクとサッパリした後味が特徴の京都風醤油味の鶏ガラスープが自慢。老若男女を問わず、多くの人が楽しめる味を目指して努力を重ねてきた成果が詰まったこの味は、一度は試していただきたい味です。麺の硬さや醤油の濃さまで指定出来るので、自分好みの味にカスタマイズ出来るのも魅力の一つ。お客様第一の活気あふれるお店となっています。

⑥来来軒

来来軒でテイクアウト(持ち帰り)

ラーメンのテイクアウト人気ランキング第6位は、「来来軒」です。1973年にさいたま市の大宮区で創業した「来来軒」は、小さなラーメン店としてスタートしました。後に、「日高屋」として成長していく第一歩です。


ラーメン店としては珍しいチェーン展開に早い段階で取り組んでいた「来来軒」は、駅前の一等地への出店戦略や、ローコスト・オペレーションを徹底する事で着々と発展してきました。麺類を中心に据えつつも、麻婆豆腐や中華丼、炒め物など他のメニューも充実しています。大衆中華食堂として、多くの人に長らく愛されてきた「来来軒」の味を、是非ともテイクアウトでお試しください。

沿革・歴史

1973年2月、中華料理店「来来軒」は、さいたま市大宮区にて創業しました。1975年には「来来軒 大宮南銀座店」が開店。1983年に有限会社から株式会社に改組します。同年、大宮西口店もオープンし、1986年には大宮区三橋に食料供給子会社である、株式会社日高食品を設立し、麺と餃子の生産を開始しました。


1993年には「らーめん日高 赤羽店」を北区に開店し、都内にも進出します。後に商号を「株式会社ハイデイ日高」に変更し、シンボルマークとブランドマークも制定しました。2006年には外食産業界内でも初となる「デンマーク食品農業大臣賞」を受賞、2009年には「外食アワード2008」も受賞しました。日高屋グループとして、多くの業態、店舗を抱える一大企業として成長しています。

こだわり

来来軒」のこだわりの中で大きな位置を占めるものの一つは、駅前の1階に出店するという事
家族連れや学生、高齢者や女性など、老若男女問わず幅広い層が気軽に立ち寄れる中華料理店として、首都圏を中心に展開しています。


勿論、味に対しても強いこだわりがあります。「来来軒」ではより美味しく、飽きの来ない味を常に追求しており、素材の旨味にこだわって化学調味料を出来るだけ使用しない事を心掛けています。


中でもラーメンの素材に対するこだわりは、「来来軒」の精神的支柱にもなっています。麺には厳選した小麦粉を使用、真空ミキシング製法によって喉越しの良い麺を作り上げます。スープは丸鶏や鶏がら、豚などを使用し、長時間かけて秘伝のスープとして仕上げます。甘みと旨味が口いっぱいに広がる特製チャーシューは、厳選された豚肉を圧力鍋で更に柔らかくしています。


人気商品である餃子についても強いこだわりがあり、専用の小麦粉を使用して皮はもちもち中はジューシーな食感になるように工夫が凝らされています。また、調理の面では、店舗全体に独自に制定された「鍋調理技術審査制度」によって、常に調理技術に磨きをかけており、グループ全体で向上心が高い事も、美味しさの秘訣なのかもしれません。


ラーメンを中心として、様々な中華料理を提供している「来来軒」ですが、それら数々のメニューをリーズナブルな価格で提供する事に対してもこだわりを持っています。


餃子や栄養価の高い炒め物など、定食類を全店舗均一の高い品質、かつ低価格で提供し、メニューの多様化も進めながら、お客様が満足できるサービスを提供し続ける為に、様々な工夫が凝らされています。セントラルキッチンと連携して、食材価格を抑えたり、ムダやフードロスを抑えた食材の管理・調達の調整をしたり、ストア・マネジメント面でのスキルアップも欠かせません。日々の努力が、今の「来来軒」を作り上げています。

おすすめのテイクアウトメニュー

ラーメンを中心として、炒飯や定食類などの中華料理系メニューを幅広く扱う「来来軒」。数々の人気メニューを提供してきた「来来軒」のおすすめメニューをご紹介いたします。何を注文するか迷った時は、参考にしてみてください。

野菜たっぷりタンメン

野菜たっぷりタンメン」は、とろとろのスープに旨味たっぷりの野菜がどっさり乗った人気メニュー。毎日食べても飽きのこない、馴染み深い味わいがウリです。

ラーメンと一緒にテイクアウトしたいサイドメニューとして、「餃子(6個)」や「チャーハン」もおすすめです。餃子は素材に国産野菜を使用し、薄い皮の中に具がぎっしりと詰まっているので、満足度の高い一品。チャーハンも、素材に国産米を使用しており、パラパラ食感とお肉の旨味が舌に楽しい「来来軒」のオリジナルチャーハンです。

野菜炒め

定食メニューもラーメンと並んで非常に人気があります。特におすすめなのが「野菜炒め」。定食屋といったら野菜炒め、とも言える王道のメニューです。国産野菜を使用し、豚小間肉の旨味と特製のタレが絶妙にマッチしていて、何回でもおかわりしたくなるような一品となっています。

ニラレバ炒め

王道メニューと言ったら「ニラレバ炒め」も外せません。レバーとニラは国産のものを使用し、中華鍋でもやしのシャキシャキ感を残しながら、オイスターを利かせた特製のタレで仕上げており、口の中いっぱいに旨味が広がります。「回鍋肉」も根強い人気商品。豚肉と国産のキャベツを、特製味噌で炒めたこちらはガッツリ食べられて、満足度の高い一品です。

まとめ

以上、「来来軒」のご紹介でした。いかがだったでしょうか。ラーメンを種類豊富に揃えつつも、丼ものや炒め物など定食メニューも充実している「来来軒」は、リーズナブルな価格で高い品質の料理を提供している中華料理屋さんです。ラーメンや餃子は勿論、ニラレバ炒めなど、テイクアウトして食べるのにうってつけな料理が揃っています。何度食べても飽きの来ない「来来軒」の味を、是非ともこの機会にテイクアウトしてみてください。

テイクアウトするならラーメンがおすすめ!

テイクアウトするならラーメンがおすすめ

テイクアウト向けの工夫

テイクアウト向けの工夫

テイクアウトが注目を集めるようになってきた昨今、ラーメン店でも続々とテイクアウトへの対応を始めるお店が増えてきています。元々ラーメンは出前などでも親しまれていて、お店の外でも食べたい人がいるほど人気の料理ですが、テイクアウトの対応に際してお店ごとに様々な工夫が凝らされるようになりました。


例えば、テイクアウト用のラーメンでは、麺とスープを別々にして、麺がのびないように工夫しているお店もあります。また、そのまま電子レンジで温め直せる容器を使い、温め直して熱々の状態で楽しめるよう、製法などに工夫を凝らしているケースもあります。


さらに、乾麺や生麺を保存のきくパックなどにして提供する事で、利用者が直接調理するタイミング、食べるタイミングを選べるようなお店も多いです。ラーメンをテイクアウトと言うと「冷めてしまうのでは?」「麺がのびてしまうのでは?」と考える人も少なくありません。しかし最近では、テイクアウト事情もかなり進化をみせていて、店内で食べる時と同じようなクオリティーに近づいてきています

おすすめの利用シーン

おすすめの利用シーン

ラーメンは、お腹が空いた時に気軽に立ち寄ってサッと食べられる、誰もが親しみやすい料理です。テイクアウトでもラーメンを食べることができるようになり、さらに利用シーンが広がっています。


すぐに食べられるテイクアウトスタイルのラーメンなら、時間のある時にウェブで予約しておき、用事を済ませた後などに店頭で受け取って、自分の好きな場所で食べるというのもいいかもしれませんね。調理が必要な形態のテイクアウトなら、自宅に持ち帰って、誰にも気兼ねなくゆっくりとお店の味と同じラーメンを堪能することができます


手軽に食べたい方には、そのままレンジで温めることができる容器を使用しているお店のラーメンがおすすめです。保存がきくようにパックや袋の状態で提供しているお店もあり、好きな時に食べられるように家に備蓄しておくという選択肢もあります。また、少し遠出した時に、お土産として買っていくのもいいかもしれませんね。

おすすめサイドメニュー

ラーメン店では、ラーメン以外にも、サイドメニューに魅力的な品が多く揃っています。ラーメンと一緒に食べるなら、「餃子」は王道のメニュー。


ラーメンが元々中華料理という事もあり、多くのラーメン店では大体が餃子も取り扱っています


単品でお腹いっぱいになるまで頼んでもいいですし、ラーメンと一緒に頼んでもいい、融通の利くメニューです。ラーメンとの相性は抜群で、ビールのお供にも欠かせませんね。


ラーメンだけだと野菜不足が気になる、という方には「野菜炒め」がオススメです。シャキシャキした野菜は、サイドメニューとしてラーメンと一緒に頼むのにぴったりですよ。


お腹いっぱいになるまで食べたい、という方には「チャーハン」や「ライス」もオススメです。炭水化物に炭水化物を合わせられるのも、ラーメンならでは。ラーメンライスがお気に入りという人も、少なくありません。残ったスープに「ライス」を入れて食べても、最後までスープの美味しさを堪能できますよね。

テイクアウトするならEPARKテイクアウトがおすすめ!

EPARKテイクアウトでは、ウェブ上で予約しておくことができます。後は自分の都合のいい時間に受け取りに行くだけですので、待ち時間がありません。また、予約は全てウェブ上で完結するので電話を掛ける必要もなく営業時間外でも予約を済ませる事が出来ます


EPARKテイクアウトは、テイクアウトに対応したお店を掲載したポータルサイトですので、店舗検索によって自分の好みに合ったお店や、近場のお店など、条件に合ったお店をその場で手軽に探すことが出来ます。


昨今は、出来るだけ密閉空間での食事は避けたい時世ですが、EPARKテイクアウトなら待ち時間が無いので、店内に居る時間を最低限に抑える事が出来ます。また、三密を避けて、自分の好きな場所でテイクアウトした料理が食べられます


何かテイクアウトしたいけど何を食べようか迷っている方には、EPARKテイクアウトの特集ページがおすすめです。テーマごとにまとめた特集記事を掲載していますので、自分の好みに合いそうなものを探すのも難しくありません。

ラーメンの豆知識

ラーメンの豆知識①

ラーメンの豆知識

中国から渡ってきてから長い時を経て、日本に普及した拉麺は、今では日本独自の「ラーメン」という一つの食のジャンルを形成しています。ラーメンと一口に言っても、麺の種類やスープの種類、製法などによって全く異なる味を見せます。


日本最北端、北海道のラーメンは、「札幌」「函館」「旭川」の3つの都市が有名で、「北海道3大ラーメン」と呼ばれています。また、これに「釧路」も加えて「4大ラーメン」とされることもあります。北海道ラーメンは全国的にも有名で、一度は食べてみたいご当地ラーメンとして人気です。


北海道ラーメン」とひとくくりにされていますが、「札幌」「函館」「旭川」でそれぞれに特徴が分かれています。「函館ラーメン」はストレート麺と塩スープが主流で、「札幌ラーメン」はちぢれ麺にスープは味噌、「旭川ラーメン」は醤油スープ、というようになっています。


大体の地域ではちぢれ麺を用いている場合が多いですが、スープに関しては主流の味は地域ごとに異なります。具材にはねぎにメンマ、チャーシューと基本的なものに加えて北海道産のトウモロコシやホタテにカニなど、北海道の特産品を扱っている所もあります。

ラーメンの豆知識②

ラーメンの豆知識

札幌ラーメン、博多ラーメンと並んで「日本3大ラーメン」の一つに数えられるのが、「喜多方ラーメン」です。


福島県喜多方市が発祥のご当地ラーメンですが、人口に対するラーメン店の店舗数が日本でもトップクラスという事でも有名です。


喜多方ラーメン」は、醤油味の透明な豚骨スープを基本にしたあっさりめの味わいが特徴。豚骨ベースと煮干しベースを別々に作り、それらをブレンドしたものを提供するお店もあります。


喜多方ラーメンに使われている麺は「平打ち熟成多加水麺」と呼ばれており、幅約4ミリもある太麺。独特のちぢれがあり、食感は柔らいのが特徴です。具材はチャーシューをメインに、ねぎ、メンマ、なると、などが一般的な構成となっています。


昭和2年の屋台で提供されていた、中華麺に近い「志那そば」に原点があると言われていて、この屋台の味を継承した食堂やラーメン屋が市内に多く出るようになり、喜多方市民の間にこのラーメンの味が浸透していくこととなりました。

ラーメンの豆知識③

ラーメンの豆知識

ご当地ラーメンの中でも、近年になって有名になってきたものの中に「富山ブラック」があります。


名前の通り、富山県富山市を中心にして親しまれているご当地ラーメンで、真っ黒なスープが特徴的です。


ご当地ラーメンではありますが、富山市内の特定店舗のラーメンが発祥で、富山市内で真っ黒い、味の濃いスープがメジャーだったというわけではないようです。元々は、1955年頃に、富山市内で富山大空襲の復興事業に従事していた食べ盛りの若者達のために、沢山かいた汗の塩分補給として醤油を濃くしたスープのラーメンを作っていたのがルーツとのこと。


ネットを通して広まっていく中で、富山市内で「味が濃い、真っ黒いスープを扱うラーメン」を指して富山ブラック」と総称するようになり、現在知られる富山ブラックの名称が定着していきました。


富山ブラック」の味は、ほとんどが塩辛い味付けです。元はお客さんがご飯を持ち込んで、ラーメンをおかずとして食べるというスタイルの中から生まれたラーメンゆえの味付け。現在でも、当時の伝統を引き継いで、ライスをメニューに含めない代わりに、ライスの持ち込みを許可しているお店もあるそうです。

ラーメンの豆知識④

ラーメンの豆知識

ご当地ラーメンのサブジャンルのような位置づけの、「沖縄そば」。ラーメンを語るうえで、忘れてはならない存在です。


日本の蕎麦とは違い、蕎麦粉は一切使わずに小麦粉のみで作られ、かん水または薪を燃やして作る灰汁を加えて打たれています。


製法は中華麺と同じで、一般的には「中華麺」として分類されています。つまり、そばという名前でも、「沖縄そば」もまたラーメンの仲間である、という事。和風のだしを使っている為、味や食感などは、うどんや蕎麦に近くなっています。


発祥については諸説ありますが、県民食として普及したのは戦後のことで、県外にも名前が知られるようになったのは沖縄が日本に返還された後だと言われています。麺の形は太めで、地域によって違いがあるものの、ややねじれたうどんのような形が一般的となっています。


沖縄そばと中華麺の一番の違いは、ゆでた麺に油をまぶし、冷水は使わずに自然冷却で熱を飛ばす、という所にあります。この工程によって、沖縄そば特有の食感が生まれます。スープは豚出汁と鰹出汁のブレンドが主流具材には豚バラ肉を用いるのが一般的です。

ラーメンの豆知識⑤

ラーメンの豆知識

日本で独自のスタイルを築き、一つのジャンルとして開花した「日本のラーメン」ですが、国内だけでなく海外でも非常に高い人気を獲得しています。


日本のラーメンが海外へと広まった理由は諸説ありますが、インスタントラーメン人気の影響があるのではないかと言われています。


1963年に大手企業が韓国でインスタント麺の製造を始めたことを起点に、中国、韓国、ベトナムなどのアジア圏を中心に普及した後、イギリスを中心とした西洋圏や北米などでも人気になっていったようです。ヨーロッパでラーメン人気に火が付いた背景には、2013年に「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録されたことがきっかけになったという見方もあります。


かつては日本食といったら「スシ、テンプラ、スキヤキ」の三つが代表的でしたが、これに比べてラーメンは安価で食べられるので、日本の大衆食として注目されるようになりました。


イギリスは、中でもとりわけ日本のラーメンが人気の国で、日本のラーメン屋で提供されているような豚骨ラーメンが人気を博しているようです。


以前は海外のラーメン屋というと、現地の日本人向けという趣が強かったですが、近年では現地の外国人も多く、外国で知名度を獲得した日本のラーメン屋が日本にもチェーン店を持つようになる、などといった逆輸入ケースも起きています。

最後に

最後に

中国から日本にラーメンが伝わってから長い時間が経ちました。当初は「志那そば」や「中華そば」として広まった中華麺も、今では日本独自の料理として一つのジャンルを形成するまでになっています。


麺の太さや形、スープの材料、入れる具材、製法など、店によって全く違う味が楽しめる多様性が、多くの人々を惹きつけています。老若男女問わず幅広い層に愛されるラーメンは、今では国民食と言っても差し支えないほどのジャンルとなりました。


テレビや雑誌などでも特集を組まれる事が多く、名店を巡って全国を行脚して回るラーメンマニアも少なくありません。「ラーメン」という名称は、札幌の食堂がルーツという説もありますし、インスタントラーメンによる影響が大きいとも言われています。


ラーメンをテーマにしたテーマパークも多くあり、館内には全国各地の名店が出店していて人気を集めています。1960~70年代にかけては、当時から既に知名度を得ていた札幌ラーメンが、全国各地にチェーン展開する事で「ご当地ラーメン」のブームが巻き起こる事となりました。地域ごとに独自の発展をしているラーメン。味の違いや個性を楽しむ人々が増え、旅行ガイドブックの様に、各地の名店を紹介した「ラーメン本」というジャンルが出来るまでになりました。


このように、広く親しまれるようになったラーメンは、テイクアウトとの相性が抜群です。最近、特に注目されるようになってきたテイクアウトですが、ラーメンには元から出前という文化がありました。「お店の外でもラーメンを食べたい」というニーズに答える出前と同じように、「お持ち帰りでもラーメンが食べたい」という需要増加に対応して、テイクアウトができるラーメン店が増えています


近年ではテイクアウトに合わせて、お持ち帰り用のパックを準備したり、容器に工夫を凝らしたりする事で、お持ち帰りでもお店で食べるのと変わらない味が楽しめるようになってきました。ラーメンほど個人の好みが強く出るお料理も、なかなかありません。今回はランキングという形式で、テイクアウトにおすすめのラーメン店をご紹介しました。気になったラーメンがあったら、ぜひこの機会にEPARKテイクアウトで注文して味わってみてください。