お持ち帰りならEPARKテイクアウト

大阪市でカニをお持ち帰りできるおすすめ店まとめ

+114

みなさん突然ですが、“カニ”はお好きでしょうか?風味たっぷりの身に濃厚なカニ味噌など、美味しいけれど普段はなかなかお目にかかる機会の少ない…高級食材としてのイメージが強い食材と捉えている方も多くいらっしゃると思います。今回は、そんなカニを使ったお料理が気軽に楽しめるような、テイクアウトでカニ料理を堪能できるお店をピックアップしてみました。どうぞ日々の食事選びの参考になさってみてください!

大阪市でカニをテイクアウトできるおすすめ店まとめ

かに道楽 十三店

かに道楽 十三店

「動くかに看板」と「とれとれピチピチ♪」のオリジナルソングでお馴染みのかに専門店「かに道楽」。家族や友人との団らん、お祝いや接待など、様々なシーンでかに料理が楽しめるお店です。テイクアウトでも、かに寿司や看板商品のかにすきなど厳選された最上級のかにを堪能できる料理が勢揃い。見た目も豪華絢爛なかに料理は、お祝いや記念日など、とっておきの日にもぜひ利用したいですね。阪急十三駅西口ロータリー十三筋を加島方向へ徒歩で3分ほどの場所にあります。

イチオシ

おうちでのお祝いに最適なセットが、かにづくし「二段重」です。かにの繊細な風味が感じられるかに飯。食べやすくかに身だけをカラッと揚げたかに天ぷらなど、かに道楽の人気料理を詰め込んだ贅沢なセットです。かにの旨味が凝縮されたクリームソースがあふれ出る「かにコロッケ」は子供にも大人気。バラエティー豊かな内容で、世代を問わずかにを思う存分楽しめます。ランチにもおすすめのお手軽メニューが「かにちらし折」。ほのかな甘味の特製の寿司飯にかにの身や錦糸卵などを盛り込んだ、かに道楽ならではのちらし寿司です。彩り豊かなちらし寿司は、行楽のお供にテイクアウトすれば気分が盛り上がりそうですね。

回転江戸前すし とれとれ屋 三国店

回転江戸前すし とれとれ屋 三国店

毎日市場から仕入れる新鮮なネタが人気の「とれとれ屋」。お手頃なネタから、贅沢なネタまで幅広く鶏揃っており、好みや気分に合わせて楽しめます。こちらのお店の魅力は、ネタの大きさ。大きく分厚いネタを目当てに訪れるお客さんも多いのだとか。テイクアウトでは、一人前用の手頃なセットから、お祝いに最適な豪華なセットまで満載。新鮮でボリューム満点のお寿司を、ぜひおうちでも堪能してくださいね。三国駅南出口(西側)から国道176号線へ出て左折、すぐ右手にあります。国道沿いにあるので、車を利用される方にも立ち寄りやすいお店です。

イチオシメニュー

「お寿司が食べたいな」と思ったら、気軽にテイクアウトできるのが嬉しい「回転江戸前すし とれとれ屋 三国店」のお持ち帰りメニュー。おすすめのメニューは、生ものが苦手な方にもピッタリの「カニマヨ(軍艦)」です。単品で注文することができるので、小さなお子様のいるご家庭にもおすすめですよ。マグロ・ハマチ・甲イカなど、定番人気のお寿司がバランス良く揃った8貫のセット「睦-むつ-」と一緒に注文すれば、みんなで楽しくお寿司を味わうことができます。もうひとつのおすすめは「上巻寿司」。うなぎや玉子、海老など具だくさんの上巻きずしは、様々な具材のハーモニーが堪能できます。単品はもちろん、握り寿司だけではちょっと物足りない時や、手土産にも喜ばれそうですね。

たんとたんと

続いてご紹介するお店は、同じく大阪メトロ千日前線沿いにある「玉川駅」より、北方面へ200mほど歩いたとことにある本格創作イタリアン『たんとたんと』になります。定番の洋食から気軽な居酒屋メニューまで幅広いジャンルのお料理を楽しむことのできるこちらのお店では、種類豊富なパスタに本格焼き上げピザ、鉄板焼きや炭火焼き料理に至るまで、お店自慢のイタリアンの数々のうち多くをテイクアウトして、ご自宅でも気軽に味わうことができます。ゆったりと落ち着いて食事を楽しみたい気分の時にもピッタリなお店ですので、お仕事帰りでお疲れの方にもぜひご利用していただきたいですね。

イチオシメニュー

本格創作イタリアンを提供する洋食居酒屋『たんとたんと』の、テイクアウトすることのできる商品の中でもかなり上位の人気を集めているのが「渡り蟹のシチリア風」というパスタメニューになります!今回取り上げる“カニ”がメイン食材となったこちらのパスタは、大柄の渡り蟹を殻付きのまま大胆に盛り付けた、見た目にもインパクトのある一品!さらに同じく殻付きのアサリも使用されているため、濃厚で新鮮な海鮮の旨みをたっぷりと堪能することのできる一皿に仕上がっています。ちょっとだけ贅沢な気分で食事を楽しみたい機会にもぴったりですよ。

餃子の王将 せんば南本町店

さて、JR大阪環状線・地下鉄谷町線・大阪メトロ御堂筋線の3線が通り、大変交通の便が良いことで知られる「天王寺駅」からわずか徒歩1分という好立地にあるお店が、こだわりの中華料理と言わずと知れた餃子の名店として知られる『餃子の王将 せんば南本町店』です。看板商品であり、『餃子の王将』の魂ともいえる“餃子”が大人気なのはもちろんのこと、安心安全な国産野菜を使用して丁寧に作り上げられた中華メニューの数々は、店内でもテイクアウトの場合でも変わらぬクオリティーが楽しめるとあって、最近ではご自宅にお持ち帰りしてゆっくりと堪能したいという方が増えているんだそうです!

イチオシメニュー

そんな人気のお持ち帰りスタイルですが、そのテイクアウト可能メニューの中には、今回の特集テーマである“カニ”の風味をたっぷりと楽しむことができるものも含まれています!かに風味かまぼこを使用しているためホンモノのカニを食べているわけではありませんが、まるで本当にカニを使用したものを味わっているかのように楽しめるメニューが、「カニ玉」になります。ふんわりと柔らかでやさしい味わいのカニ玉に、王将特製のタレをたっぷりと掛けたその味わいは、一度食べたら病みつきになってしまうこと間違いなしですよ!

目利きの銀次 八戸ノ里駅前店

目利きの銀次 八戸ノ里駅前店

お魚好きには外せないお店が「目利きの銀次 八戸ノ里駅前店」。全国各地の漁港から「目利き」が選んだ海の幸が味わえる海鮮居酒屋です。「濱焼き」など、豪快な漁師料理が人気の「目利きの銀次」ですが、テイクアウトでは海鮮丼や居酒屋定番メニューが充実。海鮮居酒屋ならではの豊富な種類も魅力で、様々な魚種や部位が海鮮丼で手軽に味わえます。お昼から深夜まで受け取れる便利さも嬉しいポイント。ランチやディナー、お酒の後の〆まで、様々なシーンで利用できます。場所は八戸ノ里駅北側の出口からすぐの交差点を左折、駅の高架下にあるお店です。

イチオシメニュー

おうちでも「目利きの銀次」の海鮮メニューを楽しみたいなら、海鮮丼と一品料理をテイクアウトするのがおすすめです。海鮮丼は「北海三種丼」がおすすめ。プチプチとした食感が楽しいイクラと磯の香り漂うウニ、旨味たっぷりの紅ズワイガニの3種類が味わえる、なんとも贅沢な海鮮丼です。これだけ豪華な食材にもかかわらずお財布に優しい価格も嬉しいポイント。お酒の〆以外にも、手頃なランチやディナーとしても活躍してくれそうです。一品料理のイチオシは「名物!鮪カマの炙り焼」。じっくりと焼き上げたカマは、つやつやの見た目で食欲をそそります。箸で簡単にほぐれるほどやわらかく、旨味たっぷりのカマを存分に堪能できる一品です。

餃子の王将 天王寺店

いよいよ最後のご紹介となります。地下鉄中央線、地下鉄堺筋線「堺筋本町駅」の8番出口より徒歩3分ほどのところにある『餃子の王将 天王寺店』では、お店でいただくのと変わらぬクオリティーの絶品中華の数々を、気軽で便利なテイクアウトサービスを利用してご自宅でも楽しむことができます。国産野菜や新鮮なお肉などを厳選して使用しているため、王将のメニューはどれを食べても安心・安全で、笑顔がこぼれる美味しさばかり!定番中の定番「餃子」から、店舗限定でテイクアウト向けに提供している絶品中華弁当まで幅広いラインナップで、皆さんのお越しをお待ちしています!

イチオシメニュー

数十種類ものお料理をスマホ一つで簡単予約、スムーズにお持ち帰りして自宅や職場のオフィス等でも気軽に楽しむことのできる『餃子の王将』。今回のテーマ“カニ”の味が堪能できるお料理の一つとして、「極王天津飯」というちょっとリッチな気分に浸れるメニューがあります。 以前よりさらに美味しくリニューアルされたという「極王天津飯」。特製の醤油ダレに『餃子の王将』ならではのこだわりの玉子をとじた、そのコク深い味わいと旨みの際立つ一皿は、ぜひ一度は味わってみていただきたい逸品といえます。

テイクアウトするならカニがおすすめ!

同じ海鮮メニューの中でも貝類、魚類、海藻類などさまざまな海で穫れる特産物がありますが、その中でも今注目のテイクアウトにおすすめなものといえば、一般的には少し高級なイメージの強い“カニ”です! 一般に、カニを使用したメニューといえば、ボイルしたカニをそのままや酢味噌などのお好みの調味料に付けていただくものが多く、また今回ご紹介した「渡り蟹のシチリア風」といったパスタ料理などに使用する場合でも、カニの身をほぐさずにそのまま使用することが多いため、少なからずお値段が割高になってしまうことが少なくありません。 しかし、こちらもご紹介済みの「カニクリームコロッケ」や、さらに「天津飯」・「極王天津飯」に使用されていた“カニ風味かまぼこ”を代用したものならば、比較的お値段は控えめに、カニの風味は美味しく・お手頃に楽しむことができますよ。

カニの豆知識

「カニの名前を一つ挙げてみて!」という場合にも名前が挙がることが多く、日本人にとってとても馴染み深い存在の“タラバガニ”。お店や通販などでも大変人気の高い商品で、かなりの高額が付けられることも少なくないタラバガニですが、実はカニの仲間ではないということを知っていましたか? 大きな個体では甲羅の幅が25センチメートル、脚を広げると1メートル以上にもなるため、その圧巻の大きさから“Red king crab(カニの王様)”とも呼ばれることもあるタラバガニ、ではいったいその正体は何なのでしょうか。 答えは、なんと“ヤドカリ”!タラバガニは学術上、“えび目ヤドカリ下目”で、エビやヤドカリなどと同様に「ヤドカリの仲間」として分類されるんです。どうして“タラバガニ”と呼ばれるようになったかと言えば、タラバガニが魚のタラと同じ漁場で漁獲することができるから。それゆえ、“タラの場”というところから“タラバガニ”と呼ばれるようになったのです。

カニのおすすめの食べ方

今回は、カニの上手な食べ方をご紹介いたします!カニの種類によって多少異なってくるので、ここではタラバガニの場合をご説明したいと思います。 まず、“ふんどし”と呼ばれるお腹との接続部分(三角形の部分)を包丁で切り取ります。ふんどしの中心に包丁をあててお腹の殻を割るように刃を入れ、ふんどし側からお腹をめくりあげるようにして甲羅から徐々に外していくとスムーズですよ。両側のふんどしを取り除き、お腹をはがして採れたカニ味噌を甲羅に入れたら、次は腹部に付いたカニ脚の付け根をキッチンバサミを使って取り外していきます。 脚を一本ずつに分けられたら、割りばしを使って身をひとつずつ取り除いていきます。脚の太い部分は、関節手前と脚の付け根、それぞれ両端から1センチ程度の場所を切り落としましょう。脚の細い部分は皆さんご存知の通り、足先をパキッと割って手前に引っ張り、スルスルと引っ張り出すと簡単に身を取り出すことができますよ。

お持ち帰りまとめ

ここまで、『北極星 堀江店』、『たんとたんと』、『餃子の王将 せんば南本町店』、『ゆであげパスタ&焼き上げピザ ラパウザ 茶屋町店』、『餃子の王将 天王寺店』と、合わせて5店舗の“カニ”を使ったお料理が味わえるお店をご紹介してまいりました。皆さん、ご紹介した中にお気に入りになりそうなお店や、気になったメニューは見つかりましたでしょうか? なかなか日常的には食べる機会の少ないカニ料理ですが、ほぐし身やカニ風味かまぼこなども含めてみると、案外身近でお手軽な形でお目にかかる機会も多いということが分かりました。もちろんカニの脚を丸ごと1本そのまま味わうような食べ方のほうが、カニそのものの旨みを存分に楽しむことができるとは思いますが、料理のちょっとしたところにカニの風味を感じるだけで、より奥深くて高級感のある味わいを楽しむことができますよね。 皆さんもぜひ、さまざまなカニを楽しめるメニューを見つけてみてください!

EPARKテイクアウトとは?


事前予約で待ち時間をゼロに。
お持ち帰りを便利にします

テイクアウト(お持ち帰り)の予約ができるポータルサイト「EPARKテイクアウト」。テイクアウトができる店舗を検索し、簡単に予約ができ、指定した日時に受け取りに行くことで、店頭での待ち時間も解消されます。 ネット予約のため、24時間好きな時間に自分のペースで注文することができ、できたての状態で商品を受け取れます。