お持ち帰りならEPARKテイクアウト

大阪市でお好み焼きをお持ち帰りできるおすすめ店まとめ(住吉東・本町など)

大阪グルメといったらお好み焼きです。お肉をはじめ、様々な魚介類や麺、野菜などが入っているので旨味も栄養も抜群、大阪のソウルフード粉もんのお好み焼きは、テイクアウトの代表的なメニューでもあります。粉もんの本場で激戦区の大阪府の中心にある大阪市は、東京都心と並ぶ、世界的な大都会です。経済や文化の拠点であり、豊かな町人文化が発展した大阪市で、絶品お好み焼きが食べられるお店を6店ピックアップしてご紹介します。

大阪市でお好み焼き・粉物がテイクアウトができるお店

お好み焼き くる

地下鉄あびこ駅1番出口から出るとすぐ徒歩1分にある、駅近のグルメエリアの中で、変わり種のお好み焼きメニューが話題のお店です。定番の「ぶた玉」や「いか玉」はもちろん、ピリッと辛い明太子と海苔のハーモニー「明太子焼き」や、イタリアン風のジャパニーズピザ「トマトチーズ焼き」、ニンニクとキムチのガツンとくるスタミナお好み焼き「ニンニクキムチ焼き」などが揃っています。焼きそばのメニューも種類が豊富です。テレビ番組では、ソースにこだわっているお店として紹介されたことも。あびこで人気のお好み焼きをテイクアウトしてみてはいかがでしょうか。

イチオシメニュー

イチオシは、外はカリッと中はふんわりに仕上がった、関西のお好み焼きの定番「ぶた玉」です!お肉と魚介の旨味がミックスされた豪華版「ミックス玉(豚・いか・えび入り)」もおすすめです。こってり系がお好みの方はカレー味の「カレー焼き」、さっぱり系が食べたい方は「紀州梅かつお焼き」をどうぞ。充実のそばメニューには、具材を豚といかのどちらかお好みで選べるスタンダードな「焼きそば」、トマトの酸味がきいているイタリアン焼きそばの「トマト焼きそば」などが揃っています。

やきま専科

住吉東駅で、どこよりも安くリーズナブルに食べられるお好み焼き店です。「ブタ玉」や「イカ玉」といったおなじみのメニューを中心に、昔ながらの懐かしいほっとする味で幅広い年代に愛されるお好み焼きが大人気!お肉の扱いに慣れていて知識も豊富なご主人が焼き上げる、お肉系のお好み焼きは絶品です。お店の場所は、住吉東駅から徒歩8分、東口からまっすぐ幹線道路のあべの筋まで進み、右に曲がって直進すると、食堂や居酒屋が集まっている一角にあります。

イチオシメニュー

イチオシは「ブタ玉」です。ブタ肉の旨味をたっぷり吸い込んだふっくらふわふわの生地が、甘めのソースとの相性が抜群!こちらもやわらかなイカの旨みたっぷりの「イカ玉」もおすすめです。お好みでモダン焼きに変更可で、チーズやキムチなどトッピングをプラスすることもできます。イカ・エビ・貝柱が入った海の幸満載の「シーフードミックス」も評判です。大阪の味「スジネギ玉」は、甘辛いスジとネギの香りがたまらない、外はカリカリで中はふわふわで大満足です。ツナとボテトにマヨネーズが入った、子供も大好きなボリューム満点お好み焼き「ツナポテマヨ玉」もイケます!

粉もんバル てんぐや

大坂名物の粉もんが勢揃いの「粉もんバル てんぐや」は、ダシたっぷりの生地で作るお好み焼きや明石焼きなどが自慢です。ほかにも、モダン焼・とん平焼・たこ焼と、充実の粉もんメニューからいろいろお選びいただけます。オリジナルのてんぐやソースをはじめ、全国各地より取り寄せしている各種タレも大評判!イチオシの「明石焼き」や、たこ・いか・ブタなどの具材が乗った種類豊富なお好み焼きが揃っています。スーパー内で10年間営業した後に、移転してリニューアルオープンしたお店は、大阪メトロ四つ橋線花園町駅2出口より徒歩約2分、鶴見橋商店街アーケード内にあります。

イチオシメニュー

てんぐやで是非食べていただきたいのは名物「明石焼8コ入」です。見ためがそっくりのたこ焼きとの違いは、地元明石では玉子焼きとも言われているように、タコ入りの玉子たっぷりでとろとろの生地を、和風ダシに付けて食べる点です。油っこくなく、何個でも食べられてしまいます。もちろん、粉もんの王道「たこ焼き」もあります!8コ、12コ、20コからお選びください。「とん平焼き」と「いか焼き(玉子入り)」の、お手軽粉もんも充実です。そばが入ってボリューム満点の「モダン焼(ぶたいかミックス)」も是非ご賞味ください。

お好み焼 金のてこ

お好み焼きの有名店で修行を積み、20年以上のキャリアを持つ店主による、お好み焼きをはじめとした絶品粉もんを堪能できるお店です。食材は全て見て確かめてから仕入れるこだわりと、たっぷりの山芋と自家製和風だしが香るふっくらの生地で作る、これぞ王道のお好み焼きです。ソースにも、野菜と果物をベースに、数種類のソースをブレンドした特製のものを使用。100種類あるメニューから、厳選した8品がテイクアウトメニューに揃っています。本場大坂人も唸らせる極上の粉もんの数々を、是非ご賞味ください。出来たてアツアツの逸品が食べられるお店は、高層マンションが立ち並ぶ寺田町駅北口より徒歩3分にあります。

イチオシメニュー

金のてこの粉もんはどれも、良質な食材そのものの旨味や風味を生かしています。店名がついたスペシャルなお好み焼き「金てこスペシャル」がイチオシです!長時間じっくりことこと煮込んだ牛すじ、コンニャク、ジャガイモ、油かすとネギがたっぷり乗った豪華版です。「ミックス焼」も、いか、豚肉、えび、たこ、貝柱の厳選食材が入った贅沢なお好み焼です。お好み焼きメニューは、紅生姜とマヨネーズ抜きにもできます。ジューシーな国産豚バラと、ふわっと柔らかい生地が相性抜群な、定番「豚玉」だからこそ、素材と店主の腕の良さが際立ちます。お好きな具材で作る「二色焼そば」は、いか、豚肉、えび、たこ、貝柱から2種類を選べる嬉しい焼きそばです。

Ocona World

本町・四ツ橋にある、粉モンの本場大阪の名店「Ocona World」です!お好み焼きはもちろん、たこ焼き、焼そばなど、あらゆる粉モンはお任せあれ!本格粉モンをリーズナブルに味わえます。中でも絶品の豚玉に使用する豚肉は、鹿児島県産の「茶美豚」。カテキンとさつまいもを主に食べて育ったので、ジューシーな肉質とさっぱりとしながらもたっぷりの旨味が特徴です。ソースは全て、旨みと甘みが濃厚な、粉モンの鉄板オタフクソースを使用。これらは浪速のたこ焼伝道師の全面プロデュースのもと、鉄板の温度やその日入る素材で生地の水分量を変えるなど、徹底的にこだわって焼き上げています。女性でも気軽に入れるヨーロッパのカフェのような佇まいのお店は、本町駅21番出口より徒歩3分にあります。

イチオシメニュー

本格粉モンのOcona Worldイチオシは、シンプルで大坂お好み焼きの定番だからこそ、如実に一味違う「豚玉」です!食材から調理まで全てにこだわり尽くしている自慢の逸品。たこ焼きを知り尽くし今でも常に追求を続けている浪速のたこ焼伝道師による、たっぷりのネギがポイントの「たこ焼」も、是非味わっていただきたい至極の粉モンです!ランチタイムの、毎日日替わりのおかずが楽しみな「日替り弁当」と、焼そば+ライスの最強コンビ!大阪名物「焼そば弁当」も評判です。

狸狸亭 鶴橋駅前店

お好み焼きの本場大阪で有名な、和モダンでカジュアルなお好み焼きチェーン店です。ふっくらサクサクの生地で、素材の旨味が味わえる具沢山のお好み焼きが自慢!新鮮だからこそ健康にも良い、特選素材が持つ味わいを存分に引き出して、出来るだけ余分なものは加えずに焼き上げています。創業以来使い続けているオリジナルソースも、体のことを考えて無添加で野菜とフルーツを使ったフルーティーな味わいが特徴。さらには定番の豚玉・いか玉は日々より美味しさを追求し、狸狸亭オリジナルメニューの開発も続けています。創業以来の伝統と、新しい発想の融合から作られる絶品お好み焼きをご堪能ください。

イチオシメニュー

名店のイチオシメニューは、辛さと濃厚な旨味が際立つスタミナ抜群の「ブタキムチ」です!ピリッとくる辛さで、ご飯やお酒とも相性ピッタリ。こちらもおすすめ人気No.1の洋風お好み焼き「トマトチーズ玉」は、ふわふわした食感に、とろとろのチーズとトマトが絶妙にマッチ。女性はもちろん、子供にも人気の一品で、キャベツやトマトと野菜もたっぷり入っていて栄養バランスもGood!海の幸がたっぷりな「海のごっちゃ焼き」と「イカブタ焼きそば」も人気メニューです。

テイクアウトするならお好み焼きがおすすめ!

いつどこで食べても自由なのがテイクアウトの嬉しいところです。店舗ではなく、自宅や外で食べるためのテイクアウトの和食代表ともいえるのはお好み焼きです。お好み焼きを最初に食べたのは、お祭りの屋台という人も多いのではないでしょうか。神社の縁日や、アニメのイベント、音楽フェスティバルなどのフードブースには、必ずといっていいほどお好み焼きが並んでいます。お好み焼きは、麺類のようにスープが入っていないのでこぼれる心配がなく、片手サイズに収まるなど、外で持ち歩いて食べるのに最適な料理です。そして、お祭り感やちょっとした特別感もあるジャパニーズファーストフードです。いつもとは違った料理を食べたいなと思ったら、お好み焼きをテイクアウトして、公園や景色の良いスポットなど、是非外で食べてみてください。

お好み焼きの豆知識

お好み焼きのはじまりは、千利休が作らせていたお茶菓子だったといわれています。安土桃山時代にあったそのお茶菓子が、明治になった頃に、現在でも食べられているもんじゃ焼やどんどん焼として知られるようになりました。戦後には、小麦粉を水でといてネギなどをのせて焼いた一銭洋食が、駄菓子屋で売られていました。これにキャベツを入れたものが、広島風お好み焼きの基となります。大阪には昭和初期頃に伝わり、その頃から全国にお好み焼きが広がっていきました。お好み焼きという名前は、具材や味付けなど自由にできることから付けられています。それではこのあたりで気になる方もいらっしゃると思いますので、似ているようで違いがある2大お好み焼きの、広島風と大阪風の特徴をご説明します。まず広島風は、キャベツを10cmほどに長く切り、具材を混ぜずに、クレープ状に薄く伸ばした生地の上に具材を重ねて焼きます。そして大阪風は、4cmほどの短めのキャベツで、すべての具材をカップに入れて混ぜ合わせて、全ての具材と混ざっている固めで厚みのある生地が特徴となっています。どちらも独自のお好み焼きの美味しさを、日々追求しています。

お持ち帰りまとめ

天下の台所ともいわれている、東京都心に次ぐ規模の大都市は、大阪のソウルフード粉もんの名店が多く集まっているエリアでもあります。粉もんの代表お好み焼き店も多く、各店は様々なこだわりや趣向を凝らしたメニューを揃えています。大阪お好み焼きの定番の豚玉のほかに、そこでしか食べられないオリジナルメニューや、厳選した食材と調理法で作る絶品お好み焼きが多くあります。お茶菓子がルーツのお好み焼きは、次々と形を変えながら、戦後急速に大阪や広島から全国に広がっていきました。大阪風と広島風の違いは、生地の厚さや具材を混ぜ合わせるか、キャベツの大きさなどで、どちらも独自のお好み焼きを日々追求しています。具材や味付けなど自由なのが、お好み焼きの由来であり、現在でも次々と新しいメニューが生まれています。縁日の屋台や、イベントや音楽フェスのフードブースなど、たくさんの人が集まるお祭りの場には欠かせないテイクアウトメニューが、お好み焼きです。

EPARKテイクアウトとは?


事前予約で待ち時間をゼロに。
お持ち帰りを便利にします

テイクアウト(お持ち帰り)の予約ができるポータルサイト「EPARKテイクアウト」。テイクアウトができる店舗を検索し、簡単に予約ができ、指定した日時に受け取りに行くことで、店頭での待ち時間も解消されます。 ネット予約のため、24時間好きな時間に自分のペースで注文することができ、できたての状態で商品を受け取れます。