お持ち帰りならEPARKテイクアウト

大山でテイクアウト(お持ち帰り)できるおすすめ店まとめ

+119

東京都の板橋区大山町にある大山駅は、東武鉄道東上本線の駅です。江戸時代には相模国大山の阿夫利神社に参拝することを「大山詣り」と言っており、板橋や赤羽、王子の方面から田無や府中を抜けて大山に向かう道筋を「大山街道」と呼んだことから、今日の駅名が取られている、という説があります。今回はこちらの大山でテイクアウト(持ち帰り)出来るお店をご紹介していきます。

大山でテイクアウトができるお店

とんかつ新宿さぼてん 遊座大山店

とんかつ新宿さぼてん 遊座大山店

東武東上線、大山駅南口から歩いて約1分にあるのが「とんかつ新宿さぼてん 遊座大山店」です。創業50年を超える老舗のとんかつ専門店であるとんかつ新宿さぼてんは、健康を考えた揚げ物を中心にお弁当やお惣菜などバラエティー豊富なメニューを提供しています。さぼてんならではの、長年培われてきた匠の技で揚げられたとんかつは一度食べたらやみつきになること間違いなし。サクサクの衣と、ジューシーな中身の加減は匠の技術力があってこそなせる技です。板橋近辺で本格的な揚げ物屋をお探しの方は、是非とも一度試してみてください。

イチオシメニュー

創業50余年。長年の営業で培われてきた匠の技術によって揚げられるホンモノの味が自慢のとんかつ新宿さぼてん。テイクアウトではお弁当系のメニューを中心に展開中です。オススメのメニューは「カキと人気の組み合わせ弁当」。広島県産の大粒のカキを使ったカキフライが楽しめるお弁当です。瀬戸内海と山の豊かなミネラルですくすくと育ったカキは、濃厚で自然な甘みがウリ。カキだけでなく、他の人気メニューも一緒に楽しめる一石二鳥なお弁当となっています。もう一つのオススメは「ロースかつ弁当」。コクの深いオリジナルカレーを、熟成されて旨味と甘みがぎっしりつまった三元豚ロースかつと一緒に食べられる絶品メニューです。

キタノイチバ 大山北口駅前店

キタノイチバ 大山北口駅前店

大山駅から歩いて1分。ビルの2階にあるのが「キタノイチバ 大山北口駅前店」です。海鮮肉酒場という店名の通り、海鮮系メニューを中心にして様々なメニューを豊富に取り揃えている居酒屋さんです。リーズナブルな価格帯で、サラリーマンから学生まで幅広い層に支持されています。居酒屋というとお酒を飲む場所というイメージですが、キタノイチバはお料理もとっても人気があり、お料理目当てに来店される方も少なくありません。老若男女問わず、幅広い世代に愛されており、家族連れにファミリー層も楽しめるメニューが盛りだくさん。女子会からデート、歓送迎会まで幅広いシーンで利用できる使いやすさもポイントです。

イチオシメニュー

リーズナブルな価格設定で豊富なメニューが楽しめるキタノイチバ。テイクアウトでもお店の豊富なメニューの数々が変わらずに楽しめます。オススメのメニューは「旨手羽焼ピリ辛赤だれ」。旨味たっぷりの赤だれと、ピリ辛な味がスパイスとなっていくらでも食べられる手羽先です。「とろ~りチーズの肉巻き串(2本)」は、もっちりクリーミーなチーズと、お肉の香ばしい旨味が絡み合うハーモニーが絶品の一品。女性は勿論、お子様にも大人気のメニューです。

テイクアウトするなら大山がおすすめ!

テイクアウトするなら大山がおすすめ!

大山駅は、東京都の板橋区大山町にある駅で、開業したのは1931年の8月でした。2019年度時点での1日の平均乗降人員は約5万2千人で、1978年頃から大きく増減する事もなく一定の人数をキープしています。東武東上線で池袋駅から3駅ほどということでアクセスも良く、駅前には商店街が広がっており、周辺は活気にあふれた街となっています。一方で住宅街の方は閑静な空気が流れており、治安も悪くなくメリハリの利いた住みやすい街だと言えます。駅から徒歩3分圏内に大きな病院もあり、安心して暮らせます。飲食店に関しても、チェーン店から居酒屋、おしゃれなカフェまで多種多様なお店が沢山あります。 今回ここでご紹介した以外にも、まだまだ多くのお店が軒を連ねていますので、気になった方は是非ともご自身でも探してみてください。自分の好みにあったものを探すというのも、テイクアウトの楽しみの一つです。ここまで紹介してきたように、大山駅周辺は住環境としてピッタリの、人が暮らす街となっています。日々の生活に密着したような飲食店が街の各所に点在しており、休日などは街を散歩するついでにそういったお店を探して見るのも素敵ですよね。

大山でEPARKテイクアウトが選ばれる理由

大山でEPARKテイクアウトが選ばれる理由

東部東上線が通っている大山駅は、池袋駅まで乗り換えなしで行けるということで通勤や通学に利用する人も多い駅となっています。各駅停車の電車しか停まらない駅ではありますが、池袋まで約6分という事で休日は多くの人がこの駅を利用します。2019年度の1日平均乗車人員は約5万2千人と、とても賑わっています。大山駅周辺には非常に豊富な数の飲食店が点在しており、自分好みのお料理やお店を探す楽しみがあります。以上のようにテイクアウトに適したエリアである大山駅周辺ですが、人通りが多いという事は外食をしようとすると高確率で待たされる可能性があるという事にもなります。特に大山駅周辺は昔ながら個人経営の飲食店が多く見受けられます。チェーン店とは違って、個人経営店は席数が多く用意されていないこともしばしばで、混雑すると中々席につけないという事も。そんな時こそテイクアウトの出番です。 自分に都合のいい時間を指定して予約するだけで、後は店舗に受け取りに行くだけです。長い時間を待つ必要はありませんし、他のお客さんに気を遣いながら食べる必要もありません。自分の好きな場所で、自分のペース、自分の楽な姿勢で美味しいお料理を楽しむことが出来ます。

大山のテイクアウトスポット

大山のテイクアウトスポット

ここまでは大山駅周辺で美味しいお料理がテイクアウト出来るお店をご紹介してきましたが、ここではそんなテイクアウトしたお料理を食べるのにうってつけのスポットをご紹介したいと思います。何時も食べているお料理でも、食べる場所が違えば新鮮な味わいが楽しめること間違いなしです。最初にオススメするのは「石神井川緑道」。桜並木が続く遊歩道で、桜の季節には多くの人々で賑わいます。川に向かって突き出した枝から桜の花びらが舞う様子はとても幻想的で、束の間日常の喧騒を忘れさせてくれます。 次にオススメなのが「東板橋公園」と、その中にある「こども動物園」です。駅からは少し離れた場所にある公園なのですが、目玉は園内にあるこども動物園。ヤギや羊に餌をやることができ、モルモットを抱っこしたりポニーに乗ることもできる触れ合い要素を押し出した動物園です。お子さんと一緒に、お弁当になるようなお料理をテイクアウトして休日のピクニックに訪れてみるというのも素敵ですね。最後に紹介するのは「板谷公園」。こちらは板橋区で最古の公園として有名な公園で、昭和十二年四月に開園されました。広々とした園内にはブランコとジャングルジムの他にはベンチがある程度で、いたってシンプルな公園ですが住宅街の中にあるだけあってとても穏やかな雰囲気が漂っています。ゆっくりお弁当を食べるのに最適ですね。

大山のお役立ち情報

大山のお役立ち情報

大山駅がある東京都板橋区の大山町は、板橋区の南東部に位置しています。町の北部は仲町、北東は栄町、東は大山東町、南は大山金井町と幸町、西は大山西町、北西は弥生町に接しています。町の西を川越街道が貫いており、国道254号として今なお人々の交通網として利用されています。現在大山町として定められている地域は、1871年の11月に浦和県(現在の埼玉県)から東京府に編入されました。1889年に板橋町の一部となり、1958年に板橋町の4・9丁目から現在の大山町が成立しました。中山道から川越街道を通り、「富士山大山道」に入る分岐点だったことから、大山町という名前で呼ばれるようになりました。2017年時点での世帯数は約2,791世帯。人口は約4,665人となっています。

お持ち帰りまとめ

お持ち帰りまとめ

以上、大山駅の周辺で美味しいお料理がテイクアウト出来るお店をご紹介してきました。いかがだったでしょうか。お気に入りのお店は見つかったでしょうか。コロナウィルスのパンデミック以後、飲食業界は厳しい情勢が続いております。美味しいお料理を求めて外食したくても、感染のリスクを考えると自粛しなければならない状態にお店側も消費者側も苦々しい思いをしている事でしょう。そんな現状を打破するのに最適な選択肢として、テイクアウトが今、注目を集めています。インターネットで予約する事で、店の受付で受け取るだけで良い為店内に入る必要もない為、感染のリスクを大幅に減らすことが出来るのです。何かと苦しい時勢が続きますが、テイクアウトで少しでも美味しいものを食べて、この状況を乗り越えていきましょう。

EPARKテイクアウトとは?

EPARKテイクアウトとは?


事前予約で待ち時間をゼロに。
お持ち帰りを便利にします

テイクアウト(お持ち帰り)の予約ができるポータルサイト「EPARKテイクアウト」。テイクアウトができる店舗を検索し、簡単に予約ができ、指定した日時に受け取りに行くことで、店頭での待ち時間も解消されます。 ネット予約のため、24時間好きな時間に自分のペースで注文することができ、できたての状態で商品を受け取れます。