お持ち帰りならEPARKテイクアウト

【コロナ禍】現在注目のお持ち帰り(テイクアウト)をご紹介します!

私たちの生活を大きく変えた新型コロナウイルス感染症。2020年1月に中国武漢で原因不明の肺炎として確認されたこのウイルスは、日本国内でも2020年1月15日に初確認されました。2月には、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」の乗客が新型コロナウイルスに罹患していたことが判明。船内では乗客乗員の健康状態の確認やウイルス検査などが行われ、船内での長時間にわたっての待機を余儀なくされました。その後も帰宅後に感染が確認されるなど、全国的に混乱を招く結果となりました。


2020年7月に予定されていた「東京五輪・パラリンピック」は、3月24日に1年程度の延期が決定。期待に胸を膨らませていた選手や関係者からは、落胆の声とともに今の状況への理解を示す声も多く聞かれました。そんな中、良く耳にするようになった言葉が「三密」。換気が悪い「密閉」、人が集まって過ごす「密集」、不特定多数の人が接触するおそれが高い「密接」を避けて生活するように注意がなされ、現在私たちが生活するうえでの新常識となっています。


その後も新型コロナウイルスは感染拡大が止まらず、同年4月16日には全国に向けて「緊急事態宣言」を発令。外出の自粛や学校の休校、リモートワークの推奨など、私たちの暮らしは大きく変化します。飲食店を含む施設への使用制限や休業要請もあり、外食ができない、スーパーではレトルト食品が棚から消えるなど、食生活にも大きな影響を与えました。その後落ち着きを見せたものの、第2波、第3波と新型コロナウイルスは勢力を増し、医療の逼迫も大きな問題に。2021年1月7日には1都3県に再び「緊急事態宣言」を発令する事態となりました。ワクチンが完成するなど明るい兆しも見えてきましたが、今でもなお、ウイルスの脅威は日本だけではなく世界中で続いています。


そんな未曽有の事態が続く中、大きく影響を受けているのが飲食店です。営業時間短縮要請をはじめ、換気や消毒、座席幅などのコロナ対策、自粛によるお客さんの減少など苦境を強いられています。そんな厳しい状況の飲食店ですが、テイクアウトの需要は増加しています


ここでは、テイクアウトの需要が増えている背景や理由、利用することで得られる時短や経済的メリット、飲食店のテイクアウトならではの魅力やお店ごとの特徴など、テイクアウトに関する情報を詳しくご紹介します。また、テイクアウトの予約ができるポータブルサイト「EPARKテイクアウト」に関しての情報も満載なので、テイクアウトに興味のある方やお得に利用したい方は必見です。

中食需要の増加

なぜテイクアウトの需要が伸びてきているのでしょうか。以前から、家族構成や働き方の多様化により、食事の在り方は変化してきていました。共働き世帯や核家族化が進む中で、「中食」は調理がいらず、家事や買い出しの時間も短縮。仕事に家事、育児や介護と忙しい現代人の強い味方として、多くの人々が利用するようになりました。そんな中食人気へ拍車をかけるかたちとなったのが新型コロナウイルス。コロナ禍により、三密を回避して食事を楽しめる中食は、さらに需要が高まっているのです。

中食とは?

では「中食」とは一体どういうものなのでしょうか。中食とは、市販されているお弁当やお惣菜など、家庭以外で調理された料理を持ち帰って食べることを言います。店内で食べる「外食」、家で素材から調理したものを食べる「内食」、そしてその中間とされるのが「中食」です。

コンビニやスーパーで並ぶお弁当やお惣菜を買って、家やオフィスで食べる。ほとんどの方に経験があるのではないでしょうか。それも「中食」と言われています。忙しい時や出先での食事ではとても便利な「中食」。言葉としてはあまり聞き慣れませんが、私たちの生活に欠かせないものとなっているのが良く分かります。

中食が注目される理由

そんな中食ですが、注目される理由としては3つあります。まず1つめは「世帯の多様化」。かつては三世代家族が一般的だった日本の世帯ですが、現在は核家族化などが進み食生活も変化しています。2つめは「消費税の増税」。


軽減税率が導入されたことにより、テイクアウトにお得感を感じる人が増えているのではないでしょうか。そして3つめが「コロナ禍」によるものです。中食が注目される3つの理由を詳しく見ていきましょう。

世帯の多様化

まずは「世帯の多様化」についてです。先述した「三世代家族」とは、子供に親、祖父母が一緒に暮らす世帯のことです。かつてはほとんどの家庭が三世代で暮らしており、小さい子供のいる家庭では、おばあちゃんがご飯の用意をしてお母さんが子供の世話をしたり、逆に孫が大きくなるとおばあちゃんのお世話をしたり、互いにできることをやりバランスを取りながら生活していました。


現在では、夫婦やその子供が暮らす核家族や一人暮らしが増えおり、一世帯あたりの人数は昔よりも減ってきています。少子化や核家族化が進んだことによる高齢者世帯の増加や、さらに女性の社会進出が進んだことで、今では共働きの世帯が多くなっているのも特徴です。人に気兼ねなく生活できる反面、どうしても負担となってしまうのが家事や育児、介護。


毎日仕事をしながら他のことをこなすのは本当に大変ですよね。また、高齢者世帯では在宅介護が必要になる場合もあり、時間や手間の問題から、今までのようにすべて食事を手作りというのも難しくなっているのが現状です。


ひと昔前は、手作りした家庭料理を食べる「内食」が当たり前の時代でした。しかし、現代の生活では世帯当たりの人員も少なく、よほど家族が協力的でない限り、一日三度の食事を全て手作りで準備しようとすると、作り手の負担が大きくなってしまいます。


そんな中、家事を行う上で大きな助けとなってくれるのが中食。手料理では、材料の買い出しから料理、後片付けまで大変な時間と手間が必要です。特に共働きの家庭では、仕事が終わってからは時間との勝負。買い物に行くなら、材料を揃えるよりもお惣菜やお弁当など中食を利用して、時間をかけずに食事を用意したいですよね。


また育児や介護で買い出し自体が難しいといった場合には、宅配を利用するなど中食によって便利に食事が楽しめるようになりました。家事の大きなウエイトを占めている、買い出し・調理・食器の後片付けが省けるので心に余裕ができる、という方も多いのではないでしょうか。中食は、そんな忙しい毎日を楽しく乗り切る術のひとつとして利用されています

消費税の増税

世帯の変化により需要が高まる中食ですが、消費税の増税も大きく関わっています。2019年10月に消費税が8%から10%に増税されましたが、この時初めて導入されたのが軽減税率です。「軽減税率」とは、標準税率より低い税率を適用することで、生活必需品とされる飲食料品や新聞などが対象とされています


テイクアウトや宅配などの中食も軽減税率の対象となっており、増税前と同じように8%の税率で購入することができます。しかし、外食では軽減税率が適用されず10%のまま。同じピザやジュースを注文したとしても、お店で食べると10%、持ち帰ると8%というように、食べる場所の違いによって税率が変わってくるのです。


このような背景から、増税当時大きな注目を浴びた中食。テレビやネットでも軽減税率に関してのニュースが多数取り上げられました。今では「外食よりも中食がお得」というイメージが浸透しており、中食を選ぶお客さんも増えてきています。そんなお客さんのニーズを汲み取りテイクアウトを始めたというお店も多く、「テイクアウトできます!」の文字を見る機会も増えました。


コンビニやスーパーをよく利用する方の間でも、軽減税率が大きな話題に。コンビニ・スーパー内の同じお弁当やお惣菜でも、店内のイートインスペースを利用すると税率10%、持ち帰ると8%が適用されます。その差2%というのは、少量ならあまり気になりませんが人数が多い時やまとめ買いする時などは大きな差ですよね。これまでイートインスペースを利用していたお客さんも、この機会に持ち帰りに切り替えたという声も聞かれるようになりました。

コロナ禍

中食需要を高める最も大きなきっかけとなったのは、新型コロナウイルス発生において人々の生活が変化したことではないでしょうか。


特に買い物や飲食における行動にはとても大きな変化がありました。買い物は少人数で短時間、大人数での会食を控えるなど、感染を予防しながら日常生活を送る日々が続いています。


新型コロナウイルス対策として提唱されているのが「三密」の回避密閉・密集・密接を避けることで感染リスクを少なくできるとされています。そんな中、飲食店では、入り口に消毒液の設置、店内でお客さん同士が向き合わないような座席の配置、座席どうしの間隔を広げソーシャルディスタンスを確保するなど、コロナ対策への様々な取り組みが見られます。


しかし、残念ながら完全には防ぐことができていません。原因としては、食事中にマスクができないことです。ノーマスクでの会話は飛沫感染リスクが高いことが指摘されており、特にお酒が入ると気が緩みがちになり、酒の席での感染が目立っている時期もありました。


最近では、一人で黙って食べる「黙食」という言葉もでき、新たな合言葉になりつつあります。実際学校給食では黙食への取り組みが進んでおり、感染防止につながった例もあるそうです。


本来は楽しく食事をするのが一番ですが、コロナ禍では難しい状況。食事を楽しむという考え自体が人々から消えそうな中、中食を利用することで食事の楽しさを思い出した方も多いのではないでしょうか。お店で食事ができない状況でも、家族団らんしながら食事を楽しみたい、一人暮らしでも美味しいものを楽しみたいなどの希望を叶えることができる中食が注目されているのです。


人との接触を減らして食事ができる、家庭で本格的なお店の味を楽しめる、食事を待つ時間もない、という中食の特長が現在のコロナ禍には非常に私たちのニーズにマッチしていると言えます。

まとめ

ご紹介したように、様々な理由によって高まる中食需要。外食を控える動きも出ている中、お店側も中食で売り上げを伸ばそうと力を入れて取り組んでいます。私たちの中食に対するニーズと、お店側の取り組みが今まさに一致しているといえます。中食のタイプとしては、「テイクアウト」や「ケータリング」などがありますが、中でも一番身近に感じられるのがテイクアウトです。ランチにコンビニのおにぎりやお弁当を買って食べるなど、多くの方が経験したことがありますよね。そんなテイクアウトには、どのようなメリットがあるのでしょうか。

テイクアウトを利用するメリット

突然ですが、みなさんはテイクアウトに関してどんなイメージをお持ちですか?多くの方が手軽便利などイメージを持っているのではないでしょうか。効率的なのはテイクアウトの大きなメリットですが、それだけではありません。他にも経済的メリット種類の豊富さなど、テイクアウトはいいことずくめ!ここでは、テイクアウトを利用することでどんなメリットがあるのか詳しく見ていきましょう。

時間が短縮できる

購入したらすぐ食べることができる

テイクアウトを利用するメリットのひとつが、購入してすぐに食べられることです。お腹が空いていると自分も周りもイライラしてしまいますし、小さい子供がいる家庭では、ぐずって料理どころではなくなってしまうこともあります。特に仕事から帰ってきてから寝るまでは時間との勝負。できるだけ早くご飯を用意したいですよね。


そんな時、調理がいらないテイクアウトならあっという間にご飯の時間。お腹を空かせた家族に急かされて、焦って準備することもということもありません。そのまま食べても美味しい料理をテイクアウトすれば、温めなくてもOKです。より手早く食事の用意ができます

調理・後片付けの手間がかからない

いくら料理が得意な方でも毎日となると大変ですよね。凝ったものを作ろうとすると時間も掛かってしまいます。テイクアウトは、出来あがった状態で持ち帰るので調理がいらないのもメリット。調理する手間をかけずに美味しい料理が楽しめます。


また、ご飯を食べて一息ついた後、何より面倒なのが食器の後片付け。食べ終わった後の食器だけではなく、調理すると必ず出てしまうのがお鍋にフライパン、まな板という調理器具の山・・・とにかく大量の洗い物が発生します。


しかし、調理いらずのテイクアウトなら洗い物を少なくすることが可能です。すべて容器に入ったお弁当などをテイクアウトすれば、洗い物を全くださずに済ませることもできますよ。

材料の買い出しをしなくてよい

料理を作る際、意外と面倒なのが材料の買い出し。例えば晩御飯にカレーを作るなら、必要な材料はお肉、人参、ジャガイモ、玉ねぎ、カレールウ。家庭によって違いはありますがこれだけ多くの材料が必要です。スーパーで全部買うには広範囲で動き回らないと買えません。


また、作る料理によっては複数のお店に行かないと材料が揃わないこともあります。同じスーパーでもお惣菜やお弁当などテイクアウトに切り替えれば、立ち寄る先はお総菜コーナーひとつ。ほとんどのお店では、お弁当やおにぎりなども同じコーナーで揃うので、歩き回らなくても食べたい物が見つかります。仕事帰りなど急いでいる時には、テイクアウトの方が手早く買い物を済ませられるのです。

経済的

食材の無駄がない

テイクアウトが経済的といわれる理由のひとつが、食材の無駄がないことです。野菜室の奥で傷んでしまったキャベツやきゅうり、飲みきれず消費期限が過ぎてしまった牛乳、いつのものだか分からない冷凍庫のお肉など、計画的に調理しないとすぐに無駄が出てしまうものですよね。


お得だからといって買いだめした食材も、食べなければお金も無駄になり経済的とは言えません。テイクアウトでは、出来上がった料理を必要な時に必要な分購入するので、食材自体を揃える必要がなく経済的です。食品ロス削減の観点からも、テイクアウトを利用してできるだけ食材の無駄は省きたいですね。

外食よりも安くすむ

軽減税率の導入で、テイクアウトに外食より低い税率が適用されているのは先述した通りですが、テイクアウトが経済的な理由は他にもあります。例えばレストランでの食事なら、メインの他にサラダやスープ、ドリンクなどのサイドメニューを注文すると結構な金額になってしまいます。


そんな時はメインだけをテイクアウトして、手作りのサラダやスープ、家にあるドリンクを加えればとても経済的。あれこれ注文して食べすぎることもありません。魅力的なメニューばかりで色々注文したくなってしまうのは外食もテイクアウト同じですが、追加でオーダーがすることがない分、テイクアウトの方がより経済的といえるでしょう。経済的メリットはもちろんですが、自分流にアレンジしながらお店の料理を堪能できるのも魅力ですね。

バリエーションが豊富

様々な食材を摂取できる

一人暮らし世帯や高齢者世帯も多い現代では、偏りがちな食生活を送る方も多いのではないでしょうか。実際、野菜不足やたんぱく質不足など、栄養の偏りが深刻な問題となっています。様々な食材を摂取しようとしても、先述したように食材の無駄が出るのも気になるところです。


手軽に利用できる分、味気ないというイメージを持たれがちなテイクアウトですが、実はバリエーションが豊富なのをご存じですか?


最近では、一食分の野菜が摂れるお弁当や、タンパク質を手軽に摂取できるお惣菜など、健康に配慮したメニューを提供してくれるお店も増えています。無駄を出さずに多くの種類の食材を摂取できるのは、テイクアウトならではのメリットといっても良いのではないでしょうか。

自分では作らない料理が食べられる

コロナ禍でより一層ニーズが高まっているテイクアウト。多くのお店がテイクアウトを行うようになったことで、和洋中幅広いジャンルの料理が楽しめるようになりました。


片付けが面倒な揚げ物や、炭火で焼いた焼き鳥、パンやお寿司など、家庭で作るのが大変な料理の数々。頑張って自分で作ってみたものの、お店の味とは程遠い。なんていうこともありますよね。手間が掛かりすぎて自分では作れない料理も、家で手軽に食べられるのはテイクアウトのメリットのひとつ


本格的なエスニック料理や世界各国の料理なら、まるでその国を訪れたかのような気分が味わえます。海外旅行が難しい現在、食事によって旅行気分に浸れるのも大きな魅力です。

食事場所の自由度が高い

どこでも好きな場所で食べることができる

テイクアウトした料理を楽しめる場所は、家だけではありません。仕事中のランチなら、テイクアウトした料理をオフィスで食べれば外食するよりも時間に余裕が持てます。また、新幹線や車の中など移動中にも食事を済ませられるので、効率的でもあります。


気分を変えたい時は、公園や広場で料理を食べて開放的な気分を味わうのも良いでしょう。出来立てをすぐ食べたい時にもおすすめ。場所さえあればすぐに食べられるので、麺が伸びやすいラーメンだって出来立ての熱々が楽しめます。好きな場所で食事ができる自由度の高さは、まさにテイクアウトならではの魅力です。

周りを気にせずゆっくりと食べられる

好きな場所で食べられるテイクアウトですが、ゆっくり味わいたいのならやはり家が一番ですよね。近年、一人ラーメンや一人焼肉など、ブームとなっている一人飯。一人焼肉専門店もできるほど人気の一人飯ですが、ハードルが高いという方も少なくありません。


特に女性からは「周りの目が気になって食事が楽しめない」との声も。テイクアウトなら、一人飯が家で楽しめるので、周りの目を気にする必要もありません。プライベートな空間で食事が楽しめて、料理本来のおいしさを味わうことができます。


また最近では、コロナウイルスの対策として、黙って食べる「黙食」が推奨されているため、外食では会話が思うように楽しめません。自分や周囲への感染リスクを気にして外食するよりも、家族や親しい友人と、自分たちのペースで食事を楽しみたいですね。

家事の負担軽減

疲れている時、体調が悪い時に便利

共働き世帯も増えている現代、仕事は増える一方、一向に減らない家事で忙しくされている方も多いのではないでしょうか。テイクアウトを利用する上で大きなメリットとなっているのが家事の負担軽減です。


仕事が終わって疲れているのに、食事を用意するのはとても大変ですよね。買い出しから調理、後片付けはもちろん、栄養バランスを考慮した献立の検討、冷蔵庫にある食材とのバランスなどの「名もなき家事」も負担となってきます。一言で炊事といっても、やることが満載なのです。


また体調が悪い時には、家事どころではありません。そんな時に強い味方となってくれるテイクアウト。「何を食べたいか」を考えることさえも負担に感じていた食事の準備ですが、テイクアウトの活用を視野に入れただけで、メニュー選びが楽しみになります。あとは注文済みのメニューを受け取りに行くだけになるのは、大きな負担軽減ではないでしょうか。

育児や介護などで目が離せない時の食事準備に活用

小さい子供や介護が必要な家族のいる家庭では、自分のペースで家事を行うのは難しいですよね。炊事に関しては、自分や家族の食事の準備はもちろん、離乳食や介護食も用意しなければならず、大きな負担となっています。


テイクアウトというと飲食店から持ち帰るイメージがありますが、出来上がった冷凍食品やレトルト食品を家で食べることもテイクアウト。


スーパーやドラッグストアでは子供やシニア用の食品も購入できるので、一緒にテイクアウトすれば家族全員分の食事が簡単に揃います。中には化学調味料を使っていない商品もたくさんあるので、罪悪感なく利用できます。


孤独を感じることも多い育児や家事。自分の時間が少なく、ストレスがたまってしまうこともあります。テイクアウトを利用することで気持ちに余裕ができ、育児や介護を頑張れそうですね。

三密回避

新型コロナウイルス対策として重要になっているのが三密回避、いわゆる「ゼロ密」です。外食では、残念ながら密閉・密集・密接を避けるのが難しいとされています。


寒い時期には換気を頻繁に行うのは難しいですし、ランチタイムやディナータイムに混雑するのは避けられません。密接した会話は、飛沫感染防止のためマスクの着用が効果的とされていますが、飲食の際にはマスクを外す時間が長くなりがち。どうしても感染リスクは高くなってしまいます。


そんな状況の中、お店側もテイクアウトに力を入れるようになり、メニューも充実してきています。テイクアウトは、どこでも食事が楽しめるのがメリットのひとつ。外食をテイクアウトに切り替え、家や換気の良い場所、人の少ない屋外などで食事をすることで三密は回避することができ、安心して食事を楽しめます。

まとめ

テイクアウトを利用するメリットをまとめてみましたが、こうしてみると年齢や性別、家族構成が違っていてもそれぞれにメリットがあることが分かります。このメリットの多さこそが、時代に合ったニーズを捉え、私たちの生活にテイクアウトが浸透してきた理由といえるでしょう。では、テイクアウトが利用できるお店は、実際にどのくらいあるのでしょうか。利用できるお店の種類と特徴を詳しくみていきましょう。

テイクアウトできるお店ごとの特徴

テイクアウトのメリットを知り、もっと利用してみたくなった方も多いのではないでしょうか。テイクアウトを利用するにあたって、どのようなお店が揃っているのかも気になるところです。テイクアウトできるお店は、スーパーやコンビニをはじめ、パン屋さんなど様々。特に意識しなくても、実はテイクアウトを利用していたなんていうこともあります。ここでは、テイクアウトが利用できるお店の特徴やメニュー最適な利用シーンなどを詳しくまとめてみました。

コンビニ

テイクアウトできるお店の中でも、とても身近に感じられるお店といえばコンビニではないでしょうか。年中無休で長時間の営業を行うコンビニは、世代や職業、性別問わず便利に利用できるのが特徴です。


購入できる商品や利用できるサービスも幅広く、ちょっとした日用品の購入やATMの利用、プリントアウトや荷物の発送など、今やコンビニを訪れる目的は様々。


その中でも、利用する目的として多いのが「食品の購入」です。テイクアウトできる商品はおにぎりやお弁当、総菜やサラダ、パンなど幅広く揃っており、出勤前の朝食やランチ、晩御飯まで対応してくれるありがたいお店です。


また、レジ横にある揚げ物やおでんもコンビニならではの商品で、夕方には晩御飯のおかずを買いに来る主婦も多いのだとか。最近ではプロ顔負けのクオリティとも言われるコンビニの食品。各社ともオリジナリティあふれる商品の開発に力を注いでおり、これからますますおいしい料理が食べられそうですね。

スーパー

スーパーの大きな特徴としては、豊富な食品、食材の品揃えです。お弁当はもちろん、冷凍食品やレトルト食品なども数多く揃っています。中でもお惣菜の充実度は高く、揚げ物や焼き魚、サラダやお浸しなどバラエティーに富んだ顔ぶれで、主菜、副菜、主食すべてスーパーのお惣菜で揃えることができます。お弁当も良いですが、栄養バランスを気にする方やカロリーを控えたい方には、お惣菜を組み合わせてテイクアウトするのがおすすめです。


以前はテイクアウトというと、「高カロリー」「太りやすい」というイメージがありましたが、ヘルシーメニューも数多く登場。手軽で便利なだけではなく、健康にも配慮した商品を選びたいですね。スーパーでは、野菜やお肉、お魚など他の食材を一緒に購入することもできるので、今日はテイクアウトしたお惣菜、明日は手料理というように、家事とのバランスを保ちながら計画的に買い出しができるのも嬉しいポイントです。

パン屋さん・ケーキ屋さん

中食需要の高まりによってより注目されているお店が、パン屋さんやケーキ屋さんです。コロナ禍で思うように外出できない今、おうち時間を充実させる手段のひとつとして、おいしいスイーツやパンを買っておうちでカフェタイムを楽しむ人が増えているそうです。

そんなパン屋さん、ケーキ屋さんですが、お店によって違った個性を持っているのが魅力。住宅街に佇む隠れ家的なお店と、買い物ついでに便利なショッピングモール内のお店では、雰囲気が全く違います。


商品については、上質な素材を使用した高級志向食パン、ケーキにイラストや写真を入れるサービスなど、それぞれ違った個性を売りにしています。お客さんの目的や用途、好みによって使い分けできるのが特徴です。

お弁当屋さん

スーパーやコンビニなどでも手軽に手に入るお弁当ですが、より家庭的な雰囲気が好みならお弁当屋さんがおすすめです。


個人店はもちろん、チェーン店も親しみやすい料理を多く取り揃えており、特に一人暮らしの方にはぴったり。仕事中のランチに最適な手軽に食べられる丼ものから、品数が多く栄養バランスも抜群な定食スタイルのお弁当など、シーンによって選ぶことができるのも魅力です。


その一方で、最近ではお弁当屋さんのイメージを覆すようなおしゃれなデリスタイルのお店も人気です。見た目も華やかな洋風総菜を取り揃えたデリカテッセンは、特に女性受け抜群。いくつか並ぶ洋風総菜から好きな物を選んで盛り合わせてくれるので、自分好みにカスタマイズしたお弁当が楽しめるのも嬉しいですね。お弁当の他にも、デリを集めたオードブルを提供してくれるお店もあり、女子会やママ友との集まりにも人気です。

移動販売

移動販売とは、お店を構えずに商品を運んで販売することを指します。代表的なものといえば、都市部で良く見かけるキッチンカーです。車内で調理ができるため、出来立ての料理が楽しめると人気で、都市部のランチ難民の強い味方でもあります。


キッチンカー自体がおしゃれで独自の世界観を持っていることも多く、停まっているだけでいつもの街並みがおしゃれな雰囲気に一変。カフェご飯からケバブ、牛丼などバラエティー豊かなお店が揃っており幅広い世代の人々に利用されています


その一方で、買い出しが不便な方にとって強い味方となるのが移動スーパー移動コンビニ。お弁当やお惣菜はもちろん、食材や日用品など幅広く揃っており、近くにお店がない場所に住んでいる方、特に車を持たない高齢世帯にとっては、生活になくてはならないサービスです。移動販売はこのように、その場所で仕事や生活をする人々に寄り添ってくれるのが特徴です。

ドライブスルー

車を利用される際にぜひおすすめしたいのが、ドライブスルー車に乗ったまま商品が受け取れるので、人との接触も少なく時短にもなり、よりスムーズにテイクアウトを楽しむことができます。


ドライブスルーは、お店の場所によってメリットが大きく違います。郊外の大きな道路沿いにあるお店は駐車場も広々としており、大型自動車や運転に自身がない方でも安心して利用することができます。また、主要道路や高速道路にもアクセスしやすいことが多いので、商品を受け取ってそのままお出かけしたい時にも便利です。


そして意外に思われる方も多いでしょうが、ドライブスルーは駅前や繁華街にも登場しています。駅前でドライブスルーできる最大のメリットは、駐車場探しの手間が省けること。駅前や繁華街というと、気になるのが駐車場料金です。時には、テイクアウトした料理よりも高くついてしまったなんてことも。そんな残念なことがないように、ドライブスルーのできるお店をぜひ活用したいですね。

デリバリー

お家から一歩も出ずにお店の料理を楽しめる、とても便利なサービスデリバリーです。最大の特徴は、自分でお店に行かなくても良いこと。「育児や介護で家を空けられない」「出かける交通手段がない」「天気が悪い」などといった理由でテイクアウトを諦めている方には、ぜひおすすめです。


以前はお店が配達まで行うのが普通でしたが、最近ではデリバリー業務を代行するサービスが登場。お祝いやホームパーティー向けにお寿司屋さんやピザ屋さんといったお店が多かったデリバリーですが、このサービスによってデリバリーできるお店が増えてきました


今では大型チェーン店から地元の人気店まで、様々なジャンルのお店のメニューが、家から出ずに楽しめるようになっています。また、一人分など少量からでもデリバリーできるようになったため、リモートワーク中のランチにとしても人気です。今後はますます市場が拡大しそうですね

飲食店

新型コロナウイルスによって様々な楽しみが制限されていますが、外食もそのひとつ。「せめて家での食事は充実させたい!」という方も多いのではないでしょうか。そんな欲求を満たしてくれるのが飲食店のテイクアウトです。


大きな特徴は、家に居ながら特別感を味わえること。普段家庭で作れる料理、例えばオムライスやハンバーグでも、お店で食べるとひと味もふた味も違いますよね。その違いは、厳選した食材選びやプロの洗練された技術からなるもの。プライベートな空間で味わうプロの料理こそが、特別感を高めてくれる理由です。


また、ニーズの高まりによって多くのお店がテイクアウトを行うようになりました。お店側としては、店内飲食が減っても売り上げが維持できる、接客や片付けに対する人手がいらないなどのメリットもあり、テイクアウトの商品開発に力を入れています。


今では和洋中様々なジャンルの料理や、ラーメンなど温かい麺類までテイクアウトできるようになりました。飲食店のテイクアウトは、普段の食事やホームパーティーなど幅広いシーンで利用されており、「今日は何を食べようかな」と選べる楽しさも魅力のひとつとなっています。

まとめ

料理や形態によって、お手軽感から特別感まで味わえるテイクアウト。何を食べるか、いつ食べるか、誰と食べるかなど、より細かいニーズに対応してくれるので、それぞれのシーンにぴったりなお店を選んで利用したいですね。スーパーやコンビニ、お弁当屋さんなど、様々なお店でテイクアウトができますが、コロナ禍で最も大きな影響受けたといってもいいのが飲食店でのテイクアウト。ご紹介した通り特別感が大きな特徴ではありますが、まだまだたくさんの魅力があります。

飲食店でテイクアウトするメリット

新型コロナウイルスによって大きな影響を受けている飲食店。お客さんの減少や時短営業など、大変な状況が続いていますが、この状況を打破するため、感染防止対策をはじめとした様々な取り組みを行っています。


その取り組みの中でも最も力を入れているのが、テイクアウト。飲食店でのテイクアウトは、私たちにどんなメリットがあるのでしょうか。ここでは、テイクアウトを行う飲食店が増えた理由や、飲食店でテイクアウトすることのメリットなどを詳しくご紹介します。

外食の魅力

ご存じの通り、レストランやカフェ、居酒屋など家庭以外で食事をとることが「外食」です。外食の魅力は料理の味だけではありません。


例えばお寿司屋さんなら、職人さんが魚を捌いたり、お寿司を握ったりしますよね。焼き鳥屋さんなら焼き鳥を焼いている香ばしい匂い、パチパチという炭火の音などを感じることができます。このように、料理ができるまでのわくわく感を楽しんでいられることが、外食のメリットのひとつです。


それに加えて最も重要なポイントは、室内空間のコーディネートや演出です。ファミリーレストランならアットホームで明るい雰囲気、エスニック料理店ならエキゾチックな雰囲気など、店内に一歩入るとそれぞれのお店が持つ雰囲気がありますよね。


料理をよりおいしく味わってもらうために、店内のインテリアやBGMなどによって、それぞれのお店が独自の雰囲気をつくりだす工夫をしているのです。これは家庭で再現するのは、手間もお金もかかり中々難しいですよね。ただ提供された料理を味わうだけではなく、できるまでの過程や雰囲気など、その場所の「臨場感」を五感で味わえるの外食の魅力ではないでしょうか。

コロナ禍による外食機会の減少

家庭では味わえない魅力を持つ外食ですが、新型コロナウイルスによる影響外食の機会が減少してきています。


新型コロナウイルスによって、多方面へ様々な影響がありました。感染の拡大により、新年会や忘年会などが軒並み中止に。特に居酒屋などでは「かきいれ時」と言われる年末年始にお客さんがほとんどいない、という状況になってしまいました。


会食は人数も多いため、飲食店が大きな打撃を受けたのは言うまでもありません。リモートワークの増加も影響のひとつです。リモートワークが推奨されて会社に出勤するビジネスパーソンが減ったため、ランチにお店を訪れる機会がなくなっています。


そしてやはり気になってしまうのが、三密。マスクを付けての食事ができない飲食店では、三密回避が難しいとされています。感染対策において三密回避の重要性を人々が感じているため、外食を控える動きも。


人数の制限、座席の配置の工夫など、三密にならないようにお店側も様々な努力を重ねていますが、残念ながら完全に防ぐことはできていません。感染が拡大した際には、外出や会食の自粛要請、お店側には時短要請がされるなど、現在はまだまだ思うように外食ができない状況です。

飲食店のテイクアウト導入の増加

新型コロナウイルスによって外食機会が減少している中、緊急事態宣言などによって、飲食店へ営業時間の短縮要請や休業要請が出されてきました。2021年1月の緊急事態宣言では、対象地域の飲食店に対し、20時までの営業時間短縮要請が出されています。


20時というのは外食を切り上げるにはまだまだ早い時間で、夜も営業するお店としては大打撃です。お店を訪れたお客さんもお店が閉まっていては入れませんし、20時閉店ではゆっくりと食事を楽しむこともできず、外食の機会はさらに激減してしまいます。


そこで注目を浴びたのがテイクアウト。テイクアウトに関しては20時を過ぎても対応してくれるお店が多く、大手外食チェーン数社も20時以降の持ち帰りデリバリー営業を行っています。利用する側としては、家で食べられるので三密を避けられるランチに出かけられない在宅ワークでも手軽に楽しめるリモート飲み会にも対応できる、とテイクアウトにはメリットが満載


お店側にも、導入するための費用が少なく済む、お店の味をそのまま提供できることでブランドイメージが守られると好評。お店側の想いとお客さんのニーズと一致して、現在テイクアウトを導入するお店はどんどん増えています

飲食店のテイクアウトのメリット

今後ますます私たちの生活に浸透するであろうテイクアウト。では、飲食店でのテイクアウトはコンビニやスーパーなどのテイクアウトと、どのような違いがあるのでしょうか。飲食店でテイクアウトするメリットを詳しく見ていきましょう。

出来立てがテイクアウトできる

外食では常に出来立てを提供してくれますが、テイクアウトではどうでしょうか。もちろんテイクアウトでも出来立てを味わうことができます。


テイクアウトに注目が集まってからは、電話やネットでの予約を積極的に取り入れているお店も多く、お客さんの受け取り時間にあわせて料理を用意してくれます。中にはお客さんがお店に到着してから料理を作るという、出来立てに徹底的にこだわるお店もあるのだとか。飲食店で調理を行っているのは料理のプロ。お店で食べるのと同じように、テイクアウトでも出来立ての美味しい料理を食べてもらいたいという、強い想いが感じられますね。

メニューが豊富

豊富なメニューから選べるのも、テイクアウトのメリットのひとつ。特に、世代を問わず利用しやすいファミリーレストランや大手回転寿司店などの外食チェーンでは、豊富なテイクアウトメニューのラインナップが選ばれる理由にもなっています。


また、最近増えてきているのが、テイクアウト限定のメニューやお得なセットの登場です。よく外食で利用するお気に入りのお店なら、テイクアウト限定のメニューと聞けば見逃せません。


お得なセットは、人数が増えるホームパーティーなどでは、よりお得感が増します。テイクアウトできるメニューが多ければ多いほど、利用できるシーンが増えて、選択肢に入れやすくなってきますね。

専門に特化した料理

今や数多くの飲食店が営業する中、飲食店のジャンルは細かく分かれており、様々な料理の専門店が登場しています。テイクアウトできるお店が増えたことによって、そんな専門に特化した飲食店の料理が味わえるようになったのもメリットです。


例えばカレーの専門店なら、海外から調達したスパイスの使用や、スパイス配合の専門的な知識や技術が必要になってきますよね。このように、手に入りにくい材料や、家庭では作れない技術を用いてつくられた本格的な料理でも、テイクアウトなら手軽に楽しめます。いつもとは違った料理で非日常を味わいたい方、好きなジャンルをより極めたい方も、テイクアウトの利用がおすすめです。

プロの調理

上記でご紹介したように、専門的な料理も楽しめるテイクアウト。そんな専門的な料理を作り上げるには、プロの知識と技術が必要です。


そんなプロが調理する料理を味わえることが、飲食店でテイクアウトするメリットのひとつ。これは当たり前のようですが大事なポイントですよね。プロの料理人になるためには、資格はもちろん、経験や訓練が必要です。


また、食材の組み合わせや味付けのバランスなど、知識やアイデアも必要となってきます。素人には簡単に作れない料理は、とても価値のあるものです。このように、積み上げてきた洗練された技術があってこそのおいしい料理を、飲食店のテイクアウトなら手軽に味わうことができます

高級品も手軽に試すことができる

コロナ禍で外食の機会が減少している中、最近ではハイクラスなレストラン料亭ホテル内のレストランなどもテイクアウトを行うようになってきました。


特別な機会がないと訪れられないお店でも、テイクアウトなら気軽に楽します。テイクアウトならテーブルチャージ料金がなく、かかるのは料理と容器の料金のみ。この機会に思い切って高級な料理を堪能してみるのも良いですね。


また、お店選びを成功させたい記念日や顔合わせ、大事な接待などは下調べが重要。テイクアウトなら、料理の味はもちろん、商品を受け取る際にお店の雰囲気も合わせてチェックできるので、利用したいと思っているお店をテイクアウトで試してみるのもおすすめです

包装紙や容器などに工夫がある

料理のおいしさをさらにアップさせてくれるのが、おしゃれな器。「テイクアウトは食器を使わないし、おしゃれじゃなくても」と思う方もいらっしゃいますよね?


ですが、今やテイクアウトの容器はとても種類が豊富。ナチュラルなクラフト容器やプリント入りのワックスペーパーなど、テイクアウトにもおしゃれな容器や包装紙を使用するお店が増えています。


テイクアウトでは、お店の雰囲気まで味わうことはできませんが、おしゃれな容器によって世界観を感じることができますよ。


また、冷めにくい容器や、スープと麺が別々に入れられる二段構えの容器など、おいしさが維持できる機能性に優れた容器も登場しています。手軽で便利なテイクアウトですが、よりおいしくおしゃれに楽しめたらもっと気分が上がりますね。

まとめ

ご紹介したように、メリットや魅力がたっぷりの飲食店でのテイクアウト。利用したことがない方はもちろん、利用したことがある方も新しい発見があったのではないでしょうか。食生活の新しい形として、どんどん取り入れていきたいですね。しかし、いざ利用するとなると「お店はどうやって調べるの?」「どうやって予約をしたらいいの?」など分からないことがたくさんあります。では実際にテイクアウトを利用する際、どのような方法がスムーズなのでしょうか。

テイクアウトするならEPARKテイクアウト!

突然ですが、「EPARKテイクアウト」とはどんなサイトかご存じでしょうか?EPARKテイクアウトは、テイクアウトの予約ができるポータブルサイトです。数多く掲載しているお店の中からネットで簡単に予約待たずに受け取りできるEPARKテイクアウト。ネットからの予約は「何だか難しそう」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、EPARKテイクアウトはとても簡単に利用できてメリットが満載です。では具体的にどんなメリットがあるのでしょうか?

8000店舗以上の飲食店を掲載

テイクアウトするお店日々増加中ですが、どんなお店がテイクアウトを行っているのかは、自分でよく調べてみないと分かりません。近くにあるお店や、いつも外食で訪れているお店でも、テイクアウトを行っているかどうかは意外と分からないものです。


気が付けば、いつも同じお店のテイクアウトばかりで飽きてしまった、なんていうことも。テイクアウトの人気が高まっている中、せっかくならマンネリ化せずに色々なお店を試してみたいですよね。


EPARKテイクアウトのおすすめポイントのひとつが、お店が豊富に揃っていることです。掲載店舗は、なんと8000店舗以上!たくさんのお店の中から選ぶことができます。


ひとつのサイトに数多くのお店がまとまっているので、テイクアウトできるお店をわざわざ一軒一軒探さなくてもOK。掲載されているお店は、安定感抜群の大型チェーン店から地元の人気店、隠れ家的なお店まで幅広く、料理のジャンルも和洋中をはじめ様々なお店がラインナップ。料理の好みはもちろん、家でゆっくりお酒を飲みたい日には居酒屋のテイクアウト、お祝いならお寿司、といったように、利用したいシーンに合わせたお店選びが叶います。今まで知らなかったお店との、新しい出会いもあるかもしれませんね。 

検索しやすい

EPARKテイクアウトが支持される理由のひとつが、検索しやすいことです。EPARKテイクアウトの検索方法は、ワード検索駅・エリア検索ジャンル検索など様々あり、それぞれの目的に合った方法で検索できるのが特徴です。


中でも「とにかく近くのお店をすぐ探したい」という方におすすめの検索方法が現在地検索。スマホの位置情報を許可しておけば、トップページの現在地検索をタップするだけで今近くにあるお店をすべて表示してくれます。


旅行や出張などで初めて訪れる場所では、今いる場所の地名がわからない、なんていうことはありませんか?現在地検索なら、駅名や地名が分からなくても簡単にお店を探すことができるので、旅行や出張の際にも便利です。


現在地やエリアなどで検索すると、表示されるのがお店の一覧。このページでは、店名だけではなく距離や受け取り可能な時間など、それぞれのお店の情報を簡単に確認することができるのも便利なポイントです。わざわざお店のページを開かなくても大体の目安が付くので、時短にもなりますね。急いでいる時に利用することも多いテイクアウト。EPARKテイクアウトなら、お店の検索もよりスムーズにできて便利です。

予約が簡単

たくさんのお店から選び、いざ予約!となった時、面倒な入力作業があるとやる気がなくなってしまいますよね。EPARKテイクアウトの大きな特徴は、簡単に予約ができることです。


電話での予約は、お店の定休日や営業時間など、お店の都合に合わせなければなりません。タイミングを伺っているうちに、予約を忘れてしまうこともあります。


EPARKテイクアウトでは、テイクアウトの予約を24時間ネットで受け付け。仕事のお昼休み、帰りの電車の中、夜布団に入ってからでも、思い立った時都合の良い時簡単に予約ができます。お祝いやホームパーティーなど、事前に予定がわかっていれば早めに予約しておくのもおすすめです。


予約方法はスマホでもPCからでも、とても簡単。まず好きなメニューを選んで買い物かごに入れ、都合の良い受取日や時間を選ぶだけ。メニューページはとても見やすく、食べたい料理が一目瞭然。写真付きなので、料理のイメージもしやすく大きな失敗もありません。EPARKに会員登録しておけば、毎回個人情報を入れるなどの、面倒な手間がありません。はじめて利用する方でもネットショッピング感覚で予約ができるので、より気軽にテイクアウトが楽しめそうです。

オンライン決済が可能

テイクアウトに限らず、買い物をしてレジでお金を払う時に「財布がない!」と探したり、クーポン券や割引券を見つけられずに慌てたことはありませんか?


店員さんや他のお客さんの目も気になり、気まずい雰囲気が流れますよね。そんな心配もいらないのが、EPARKテイクアウトのオンライン決済


オンライン決済というと、クレジットカード決済や電子マネーなど様々あり、「何だか難しそう」と苦手意識を持っている方も多いのではないでしょうか。EPARKテイクアウトで利用できるのはカード決済。やり方は簡単、持っているカードを登録するだけです。ネットショッピングと同じ感覚で、簡単に支払いができます


レジでお金を払う必要がないので、お店を訪れた後は受け取るだけ!お財布やスマホを探して、レジ前でバタバタする必要はありません。お財布を持ち歩かなくて良いので、仕事中のランチの受け取りも身軽に済ませられますね。


特に今はコロナ禍で人との接触を減らしたいところ。感染防止のための「新しい生活様式」でも、より会話や接触を減らせる電子決済の利用がすすめられています。日常生活の中でも、手軽にできることから感染対策を行っていきたいですね。

三密回避

マスクができない外食に比べると、格段に感染リスクの少ないテイクアウトですが、全くリスクがないわけではありません。受け取りに訪れた際、お店にいる時間が長くなったり、店員さんとのやりとりで接触が増えたり、感染リスクは少なからず負ってしまいます。


せっかくテイクアウトを利用するのだから、できるだけリスクは少なくしたいですよね。事前に予約ができるEPARKテイクアウトなら、お店での待ち時間がなくすぐに料理が受け取れます


テイクアウト人気が高まっている今、店内が空いているように見えても実はテイクアウトの予約で一杯、なんていうことも。お店を訪れてからオーダーしてしまうと、受け取りに時間が掛かってしまうこともあります。


特にランチタイムやディナータイムには、店内で飲食するお客さんも多くなり三密になってしまう可能性もあります。EPARKテイクアウトで事前に予約をしておけば、お店に滞在する時間を短くすることができるので安心です。カード決済を選べば、店員さんとの会話や接触も最小限。時短だけではなく、今気になる「三密」を避けて利用できるのが、EPARKテイクアウトを利用する大きなメリットです。

お得なサービスが満載

たくさんのお店から選べて検索も予約も簡単三密回避にもなり良いことずくめのEPARKテイクアウト。しかし、魅力はこれだけではありません。様々なキャンペーンを行っているEPARKテイクアウトでは、お得なサービスが満載です。


具体的にどんなサービスがあるのかというと、まず知っておきたいのはEPARKポイント。EPARKテイクアウトでの予約をはじめ、EPARKが運営する他のサイトを利用するたびに、どんどんたまるお得なポイントです。たまったポイントは、様々なクーポン券と交換できるのでとってもお得


クーポン券はテイクアウトの割引や特典に利用できるのはもちろん、「EPARKビューティー」や「EPARKリラク&エステ」でも利用できます。テイクアウトでおいしい料理を楽しんだ後は、ヘアサロンやエステでお得に綺麗になれちゃいますよ。


また、ブランドごとのお得なキャンペーンも見逃せません。8000店舗以上の飲食店が掲載されているEPARKテイクアウトでは、様々なブランドのお店がお得な割引やサービスを行っています。中には、なんと全商品を対象に割引を行っている太っ腹なお店も!よく利用するお店や、お気に入りのお店があったらラッキーですね。他にも、EPARKテイクアウトだけのお得なサービスが満載。お得な情報は、キャンペーンページからチェックしてみてください。 

まとめ

EPARKテイクアウトの魅力をご紹介しましたが、いかがでしたか?手軽で便利なテイクアウトですが、たくさんのお店から選べて簡単に予約ができれば楽しみも倍増します。ネットでの予約というと、苦手意識のある方もいらっしゃるかもしれませんが、EPARKテイクアウトなら見やすいサイトで使い勝手抜群テイクアウトをより手軽にお得に楽しめるEPARKテイクアウトを、ぜひ利用してみてください。

最後に

新型コロナウイルスは、私たちの生活に隅々まで大きな影響をおよぼしています。例えばイベントの中止。大きなものでは2020年に予定されていた東京オリンピックや、高校球児の夢の舞台、全国高校野球選手権大会、その他にも大小様々なイベントが中止になり、生活における楽しみが減ってしまいました。これまでの日常生活も一変。常にマスクを着けた生活手洗いや消毒の徹底ソーシャルディスタンスの確保など、感染を予防するための「新しい生活様式が生まれました。


その中でも注目されているのが、飲食店でのテイクアウト飲食店でのテイクアウトは、プロが作った本格的な味わい、家や会社など、三密を避けてどこでも食べられる自由度の高さなどから大人気!コロナ禍で売上やブランドイメージを維持するために試行錯誤する飲食店と、家にいる時間を少しでも充実させたい人々のニーズが一致して、今では様々なジャンルのお店がテイクアウトを行っています。普段の食事はもちろん、お祝いやホームパーティーなど様々なシーンで利用されるようになり、今後ますますテイクアウトの人気は高まっていきそうです。


生きるために必要な食事ですが、食事はただ食べれば良いというわけではありません。誰でも「おいしい!楽しい!」と感じながら食事がしたいはずです。コロナウイルスによって暗いニュースが目立ちましたが、そんな中でも食の楽しさを忘れずにいられたのは、テイクアウトのおかげかもしれませんね。まだまだ先の見えない状況が続いていますが、テイクアウトしたおいしい料理を食べて乗り切りましょう