お持ち帰りならEPARKテイクアウト

京都市で餃子をお持ち帰りできるおすすめ店まとめ

中華料理の中でも、昔から日本で愛され続けている餃子。餃子と一口に言っても、焼き餃子をはじめ水餃子や揚げ餃子等店ごとに提供している餃子の種類も異なります。またアツアツで美味しい餃子は、お酒のおつまみにはもちろん普段のご飯のおかずにもぴったりです。仕事帰りや用事を済ませた後、餃子を購入して帰ってみませんか? 今回は、観光地として人気の京都市で餃子をテイクアウトする際おすすめの飲食店を5ヶ所紹介していきますのでぜひ参考にご覧ください。

京都市で餃子がテイクアウトできるお店

餃子の王将 四条大宮店

今回はじめに紹介する飲食店は、阪急京都線大宮駅から徒歩2分とアクセス抜群の場所にある「餃子の王将 四条大宮店」です。店名通り餃子が看板メニューであるこちらでは、とにかく餃子に関するこだわりは他の追随を一切許しません。まず、食材に関しては米・豚肉・鶏肉・野菜等主要食材のほとんどを国産物を使用しています。さらにその国産食材は、全て国内の工場で加工され、製造から店舗へ運ぶまで一切冷凍しないので、いつ食べても鮮度抜群です。 餃子の王将だからできるこだわりがたっぷりと詰まった本格的な餃子の味をぜひ皆さんで味わってみてください。

イチオシメニュー

創業以来変わらない美味しさを保ってきた餃子は、もちろんテイクアウト品の中でも人気ナンバーワンです。モチモチの皮の中からは豚肉とにんにく、野菜の旨味があふれ出ます。もちろんにんにくは青森産、皮の小麦粉は北海道産と主要食材は全て国産品を使用しています。1皿6個入りの餃子は、本格的な美味しさなのに価格もリーズナブルなので、気楽に購入する事ができるのも餃子の人気の秘訣となっています。 仕事や用事を済ませた後、今晩のおかずに悩んだ際ぜひ餃子の王将の餃子をテイクアウトしてみてください。

0758017723
電話予約はこちら

GYOZA OHSHO烏丸御池店

次に紹介する飲食店は、地下鉄鳥丸線鳥丸御池駅から徒歩2分の場所にある「GYOZA OHSHO烏丸御池店」です。まずこちらの店のポイントは、店名がローマ字表記になっています。普通の「餃子の王将」といえば、サラリーマンがお酒を飲みながらわいわい集う場所というイメージが強いのですが、こちらの店の店内はまるでレストランと勘違いするほどお洒落な雰囲気が広がっているので、女性客でも安心して入店する事ができます。 もちろん、従来の餃子の王将で提供されているメニューと変わりはないので看板メニューの名にふさわしい本格的な餃子の味を堪能できます。女子会の場にもいかがでしょうか!

イチオシメニュー

GYOZA OHSHO烏丸御池店のテイクアウト品の中で、一番人気メニューはもちろん餃子です。しかし、餃子の王将の餃子と言えばにんにくが入っている為、にんにくが苦手な方や用事の途中の方などはなかなか注文しずらいと思います。そこでおすすめしたいのが、にんにくゼロ生姜餃子です。こちらの餃子はあっさりなのにガツンと美味しい、しかしニンニクは一切使用していない餃子です。 主要食材は全て国産物を使用しているので小さい子どもからお年寄りの方まで安心して召し上がる事ができます。昼間ふと餃子が食べたくなった時等にもいかがでしょうか!

0752510177
電話予約はこちら

担担 烏丸店

次に紹介する飲食店は地下鉄東西線鳥丸御池駅から徒歩3分とアクセス抜群の場所にある「担担 烏丸店」です。こちらは中華料理出身のシェフが作り上げる本格的な中華料理を味わう事のできる飲食店です。特に、代表的なメニューは、担担麺です。担担麺といえば辛いイメージが強いため、辛い料理が苦手な方はあまりなじみのないメニューだと思います。しかし担担 烏丸店の担担麺は、辛さはマイルドな仕上がりとななっており、ゴマの香りと優しいクリーミーなスープが特徴となっていますので、辛い食べ物が苦手な方でも安心して召し上がる事ができます あまりの美味しさに、最後の一滴まで飲み干してしまう最高の担担麺をぜひご賞味ください。

イチオシメニュー

担担 烏丸店では、担担麺ももちろんテイクアウトする事ができるのですが担担麺と一緒にテイクアウトしてほしいメニューがあります。それが餃子です。中華料理の中でも餃子は欠かせません。ラーメン等の麺類のセット品しても提供している飲食店も多くあります。その店ごとに餃子の種類・味も異なるのですが担担 烏丸店の餃子は皮はモチモチ、中には野菜・肉類の具材がたっぷりと入っているので一口頬張るだけで、口いっぱいに餃子の旨味が広がる感じが分かります。 またレタスチャーハンもありますので、セットでテイクアウトしてみてはいかがでしょうか!

燻

次に紹介する飲食店は、鳥丸駅近くに店を構える「燻」です。こちらは、京都でも珍しい自家製燻製料理を中心に味わう事のできる飲食店です。自家製燻製料理と言っても、なじみのない方も多いと思います。チップは香りが穏やかなヒッコリーを使用して、定番のベーコン・チーズはもちろん珍しい生麩や湯葉、さらには揚げ餃子といったものまで燻します。もちろん、こちらで味わえる料理は燻し料理だけではありません。燻製と並んで人気を誇っているのは合鴨米による釜炊きご飯です。ふっくらと釜で炊き上げているので、思わずおかわりしてしまう美味しさです。

イチオシメニュー

燻で燻製料理を使用したお弁当を中心にテイクアウトする事ができます。燻製牛ステーキや燻製若鶏の唐揚げ等、普段の味と異なり口の中で香ばしい味が広がっていくので、一度食べたらやみつきになる事間違いなしです。お弁当以外に一品ものメニューもテイクアウトする事ができるのですが、その中でもイチオシなのが燻製揚げ餃子です。普通の揚げ餃子を食べた事がある方は多くても、燻製の揚げ餃子を食べた事がある方は少ないのではないでしょうか。 燻製にした揚げ餃子は味もぎゅっと詰まっているので、ご飯のおかずにはもちろんお酒のおつまみにもぴったりです。仕事帰り等にぜひテイクアウトしてみてください。

テイクアウトするなら餃子がおすすめ!

みなさんは、飲食品をテクアウトした事ありますか?便利な世の中、その時のシチュエーションに合ったテイクアウト品を購入する事ができます。そんな中、気心の知れた仲間達との飲み会やパーティー、さらに夜ご飯で中華料理を食べたいなと考えた時に、おすすめしたいのが餃子料理です。モチモチの皮に、その店ごとにこだわりの異なる具材をたっぷりと包み焼いたり揚げたりした餃子は間違いなしの美味しさです。 お酒のおつまみにはもちろん、ご飯のおかずにもぴったりなので小さい子どもからお年寄りの方まで安心して召し上がる事ができます。今晩のおかずに迷われた際にもぜひお近くの店で餃子をテイクアウトしてみてください。

餃子の豆知識

日本では、ご飯のおかずとして知られているため餃子定食というメニューを販売している飲食店も多くあります。しかし中華料理の本場である中国では、この餃子、主食として食べられている料理なのです。なので中国人からみたら、餃子をおかずにしている日本人をみて驚く方も多いのだとか。ちなみに、日本での餃子はニンニク入りが定番なのですが、これも日本流です。戦後、豚肉は高価なものであったので羊肉を使用する頻度が高かったそうです。 しかし羊肉を食べた事ある方なら分かると思いますが独特な臭みがあります。この臭い消しとしてニンニクを使用した事がはじまりなのです。ぜひ日本が誇るニンニク入りの餃子をテイクアウトしてみてください。

餃子のおすすめの食べ方

みなさんは、餃子を食べる際何につけて食べますか?定番はやっぱり醤油・酢・ラー油です。餃子そのものにもしっかりと味が付いているので、そのまま食べてももちろんいいのですが、餃子のタレにつける事でさらに餃子の旨味を引き立ててくれます。そんな中、あまり知られてはいないのですが、意外と試す方が多いのが酢・胡椒です。作り方は至って簡単。小皿に胡椒をたっぷりと振りかけ、その上から酢を垂らすだけです。 さっぱりとした味に仕上がっているのでやみつきになる事間違いなしです。家にラー油がない時などぜひチャレンジしてみてください。

お持ち帰りまとめ

今回は、京都市で餃子をテイクアウトする際お勧めの飲食店を5ヶ所紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?京都といえば、下町風の落ち着いた雰囲気が広がっているためイメージするのは高級料亭ばかりだと思います。しかし、昔から観光地として非常に人気の高い場所でもあるため、観光の時はもちろん仕事や用事を済ませている途中に気楽に立ち寄る事のできる飲食店も多くあります。その中でも、ご飯のおかずはもちろんお酒のおつまみにもぴったりの餃子は飲み会やパーティー、普段の食卓のおかずにもぴったりです。今回紹介してきた飲食店の餃子が一つ一つ異なるように、店ごとに餃子へのこだわりがあります。なので、ぜひ様々な飲食店の餃子をテイクアウトして味を食べ比べしてみてください。

EPARKテイクアウトとは?


事前予約で待ち時間をゼロに。
お持ち帰りを便利にします

テイクアウト(お持ち帰り)の予約ができるポータルサイト「EPARKテイクアウト」。テイクアウトができる店舗を検索し、簡単に予約ができ、指定した日時に受け取りに行くことで、店頭での待ち時間も解消されます。 ネット予約のため、24時間好きな時間に自分のペースで注文することができ、できたての状態で商品を受け取れます。