お持ち帰りならEPARKテイクアウト

京都市で洋食をお持ち帰りできるおすすめ店まとめ

海外からの観光客が多い京都市のグルメは、水炊きや湯豆腐などの和食が多いですが、町の洋食屋さんも充実しています。独特の文化が発展している京都なので、洋食屋さんも個性的なオリジナルメニューを食べさせてくれるお店が多いのが特徴です。今回は、京都の町を散策しながらベンチや休憩スポットなどで手軽に食べられる、絶品テイクアウトメニューをご紹介します。

京都市で洋食のテイクアウトができるお店

野菜とお肉のBistroTOGI神宮丸太町店

野菜ソムリエでもあるオーナーシェフが厳選した野菜やお肉を気軽に味わえるカジュアルフレンチです。新鮮な京野菜や、自社農園で栽培したフレッシュな野菜をふんだんに使用しています。ときには海外産の珍しい野菜があることも。食材はすべて、信頼できる業者から良質なもの仕入れています。テイクアウトメニューには、オードブル盛り合わせをご用意。3種盛りはワインのおともに、5種盛りはホームパーティーなど大勢が集まるときにおすすめです。ラグジュアリーなお店は、叡山電鉄本線の出町柳駅から徒歩11分、鴨川のほど近くにあります。

イチオシメニュー

フランス料理のフルコースのオードブルは前菜のことで、食事の始まりを告げる一皿として食欲を駆り立てる役割があります。胃袋を刺激するように酸味や塩味がきいていて、色彩の豊かさを重視しているのが特徴です。BistroTOGIのオードブルは、その日の仕入れによってメニューが替わります。シェフオススメの3種と5種の2つのメニューからお好みでお選びください。

ビストロ 森のハンバーグ屋さん

今出川駅から徒歩5分にある、徹底的に食材にこだわった洋食とハンバーグが味わえるお店です。厳選したお肉で作る自家製挽肉や、旬の有機無農薬野菜・お米を使用しています。テイクアウト用のハンバーグは、和牛、松坂産黒豚、岡山産朝挽き鶏をこだわりの比率で配合しているオリジナルブレンドの挽肉で作っています。パン粉ではなくクラッシュした焼麩を使い、ソースにはマデラ酒を使用するなど、常にレシピを見直してより美味しい料理を追求しています。洋食の命のデミグラスソースは、牛骨からダシを取りリンゴやパイナップルを入れて、毎日継ぎ足しながら20日かけて完成する、シェフ渾身のソースです。本格ハンバーグが味わえるお店は、烏丸線今出川駅と鞍馬口駅から徒歩5分、烏丸通り沿いにあります。

イチオシメニュー

イチオシは大人気の「オリジナルブレンドハンバーグ弁当」です。お肉は、食感や風味や味わいなどからたどり着いた、和牛と国産豚・鶏の3種類を7:2:1の比率でブレンドしたものを使用。つなぎには旨みがしっかりと味わえる焼き麩を使って、ソースはマデラ酒とジューサーにかけた生のパイナップルから作っています。お肉を焼く鉄板は厚さ8cmもある特注品で、表面には香ばしい焼き色がつき、中央はふわっとした柔らかさに仕上げています。ほかにも、「コンボフライ弁当(エビフライ+ハンバーグ120g)」と「昔ながらの洋食弁当」もあるので、是非ご賞味ください。

北極星 祇園店

最初にオムライスをメニューにしたのは、こちらの「北極星」です。日頃通ってくれているお客様に、いつもとは違うメニューをという気遣いから、ケチャップライスを薄焼き卵でくるんだオムレツライスを提供したことが、オムライスの始まりです。今では昔ながらのほっとする味を求めて、全国からお客様が訪れている名店です。具材やソースを変えるなど豊富なオムライスメニューも大好評。お店の場所は、祇園四条駅より徒歩8分、八坂神社のすぐ近くにあります。

イチオシメニュー

オムライス発祥のお店の北極星イチオシは、「ハヤシオムライス(コーンスープ付)」です。全てのテイクアウトメニューは、コーンスープ付きです。最初にオムライスを提供した頃からの味で、じっくりとバターで炒めた玉ねぎとライスを優しく包んだ卵と、ハヤシソースがベストマッチ。一度食べたらやみつきになる、昔ながらの老舗のオムライスです。チキンライスの「チキンオムライス(コーンスープ付)」も安心する味で人気のメニュー。ライスの具材は、きのこ・ビーフ・ポーク・ハムのバリエーションがあります。ありそうでなかった意外な組み合わせのビーフカレーをかけた「ビーフカレーオムライス(コーンスープ付)」も好評です。

洋食キッチン きたがわ

柔らかくてふわふわしているグリルハンバーグが名物の、昔ながらの洋食屋さんです。長年常連のお客様達から愛されている、ボリュームたっぷりで食べ応え抜群のハンバーグは、中から肉汁が溢れ出すジューシーさが自慢!店主が試行錯誤して作っている洋食の数々は、一度食べるとリピーターになること間違いなしです。味は本格派ながら価格はリーズナブルなので、いつでも気軽にテイクアウトできるのも嬉しいポイント。ランチやディナーに、懐かしい洋食の味をご堪能ください。お店は、円町駅から約徒歩8分、御前通り沿いにあります。

イチオシメニュー

お店の看板にも、自慢のハンバーグとあるまさに看板メニュー「グリルハンバーグ」が、ダントツのイチオシです!ボリュームたっぷりで食感はふっくら、中から溢れる肉汁がたまりません。長年愛されている懐かしい味のハンバーグです。エビフライやホタテフライとのセットもあります。こちらも自信作の「カニクリームコロッケ」は、まろやかで濃厚なホワイトクリームにカニの風味が感じられる贅沢なコロッケです。注文が入ってから一つ一つ丁寧に仕上げているので、いつでもアツアツの出来立てを味わえます。自家製南蛮酢とタルタルソースで食べる「チキン南蛮」や、生姜を生かした本醸造醤油の甘辛いタレの「豚の生姜焼き」は、ご飯やお酒のお供にどうぞ。

京都ダイナー

「京都ダイナー」は、四条・烏丸駅から徒歩5分、柳馬場通りの錦市場を少し上がったところにある、カジュアルモダンで気取らずに入れるワインバルです。「ワイン&グリル」をコンセプトに、メインのグリル料理だけでなく、いろいろとワインに合う料理が揃っています。元々はワインの輸入業者に務めていた、大のワイン好きのオーナーが、美味しいワインとうまい料理を気軽に楽しんで頂きたいと始めました。名物「ローストビーフ」は、1日に3回焼くほどの人気で、常に焼き立てを食べられます。是非ワインと一緒に、もちろん晩御飯の一品としてもおすすめです。

イチオシメニュー

メインのグリル料理からのイチオシは、看板メニューの「ローストビーフ」です。ローストビーフは焼き加減がポイントで、オーブンでじっくりと火を通していくことによって、表面にはこんがり焼色がついて中はやわらかく仕上がります。お肉やハーブなどを腸詰めにしたイタリアの料理「自家製サルシッチャ」や、日替わりの生ハムやサラミの盛り合わせの「おつまみセット」もワインにベストマッチ。

spice32 祇園店

神戸発のかなり辛くて旨いカレーを味わえる「spice32 祇園店」は、店内に芸能人のサインが飾られていて、一流料理人にもファンが多い人気店です。はじめて食べる人は驚くほどの辛いカレーですが、一度食べるとまた食べたくなること間違いなし!辛さが得意ではない方には、甘めのルーのフルーティーをお選びください。是非ご家庭で、本格的な旨辛カレーをご賞味ください!お店は祇園四条駅徒歩4分にあります。

イチオシメニュー

旨辛カレーの「カレー(スパイシーorフルーティー)」は、辛いスパイシーと甘めのフルーティーから、お好みでルーを選べます。全国のカレー好きが集まる人気店のカレーを、是非ご賞味ください。お肉がのって食べ応えがアップ肉汁の旨味もプラスの、「とんかつカレー」と「ハンバーグカレー」もおすすめ。あまり見かけない意外な組み合わせですが、相性抜群の「エビフライカレー」も、是非一度お試しください。ジューシーでスパイシーな「ソーセージ」も人気メニューです。

テイクアウトするなら洋食がおすすめ!

和食のイメージがある古都京都には、洋食のお店も多くあります。気軽に入れてボリュームたっぷりの洋食屋さんは、テイクアウトできるお店もたくさんあり、学生やサラリーマンの方々に人気です。ハンバーグやカレーなど、安くてお腹いっぱいになれるメニューが洋食屋さんにはいくつも並んでいます。リーズナブルなのに、ちょっと特別感のある洋食を是非テイクアウトしてみてください。

お持ち帰りまとめ

日本の文化の象徴にもなっている京都は、海外からの観光客が多いことで知られています。京都のグルメというと、水炊きや湯豆腐、京野菜を使った和食などのイメージがありますが、地元の方々に支持されている洋食のお店も多くあります。学生が多いこともあり、リーズナブルでボリュームのあるハンバーグなどのお肉料理や、カレー、オムライスが人気です。京都の町の洋食屋さんにはテイクアウトできるお店が多いので、美しい街並みや観光スポットをまわりながら、絶品料理を味わってみてください。

EPARKテイクアウトとは?


事前予約で待ち時間をゼロに。
お持ち帰りを便利にします

テイクアウト(お持ち帰り)の予約ができるポータルサイト「EPARKテイクアウト」。テイクアウトができる店舗を検索し、簡単に予約ができ、指定した日時に受け取りに行くことで、店頭での待ち時間も解消されます。 ネット予約のため、24時間好きな時間に自分のペースで注文することができ、できたての状態で商品を受け取れます。