お持ち帰りならEPARKテイクアウト

城陽市でテイクアウト(お持ち帰り)できるおすすめ店まとめ

+103

城陽市は京都府の南部に位置する市で、京都と奈良のほぼ中間地点にあります。正道官衙遺跡や久世神社に水度神社といった、歴史的に重要な建造物が今なお残る街で、日本国内の約60%を占める金銀糸の生産高を誇っています。城陽市には、地元の人に親しまれている数多くの飲食店があります。今回は城陽市でテイクアウト(持ち帰り)出来るお店とイチオシメニューをご紹介させていただきます。

城陽市でテイクアウト(お持ち帰り)ができるお店

ワンカルビ 城陽店

ワンカルビ 城陽店

久津川駅から歩いて6分。城陽市久世北垣内、常陽宇治線沿いに建つこちらのお店は「ワンカルビ 城陽店」。「ひとつ上の食べ放題」をコンセプトに、お腹いっぱいになるまで焼肉が食べられる、テーブルオーダー式食べ放題の焼肉店です。肉のプロが厳選に厳選を重ねたお肉の数々は、お店で直接手切りにされたもので、肉の味を落とさないプロの技術によって部位ごとに切り方を変えています。より美味しく、より安心して食べられる料理を提供するために、肉の生産者とも協力体制を敷いています。肉だけでなく野菜にもこだわり、安心安全に食べられる国産野菜が選ばれて提供されています。

イチオシメニュー

お店で丁寧に手切りされた、新鮮なお肉が食べ放題の「ワンカルビ」。上質なお肉の数々は、店舗だけでなくテイクアウトする事で、お家でも楽しむことが出来ます。「BBQセット 大 (1500g)」は、牛タンや上カルビ、上ロースといった人気の部位が盛り沢山のセット。保冷バッグもついてくるので、持ち運びも便利です。テイクアウトならではのメニューとしては、お弁当系のメニューもオススメです。「【平日限定】厚切り牛タン&上ハラミ重」は、名前にもある通り平日限定のメニュー。切り込みを入れ、柔らかくした厚切りタンと脂身の少ない上ハラミを敷き詰めたお重は、ご飯も250グラムとボリューム満点です。

和食麺処サガミ 京都城陽店

和食麺処サガミ 京都城陽店

JR奈良線、長池駅から歩いて5分の城陽市長池北清水、24号線沿いに建つ「和食麺処サガミ 京都城陽店」は、蕎麦、みそ煮込などを主体として和食全般を取り扱う和風食堂です。東海地区を主として展開しており、より多くのお客様に、より気軽に「名古屋めし」の良さを知ってもらう為に、和の伝統を大切にしながらより良いサービスを追求しています。「味」そのものに対してこだわっており、蕎麦一つとっても、吟味された産地から採れた「そばの実」を工場で磨いて、鮮度を保つ為にそのままの状態で各店舗へと配送、店内に完備された石臼で挽いて、1日2回の製麺で提供しています。

イチオシメニュー

蕎麦やみそ煮込といった「名古屋めし」を中心に、幅広い和食を提供している「和食麺処サガミ」。テイクアウトでは、そんなサガミの味をそのまま店外に持ちだせます。オススメは「みそ煮込」です。名古屋名物が、家庭でも簡単に調理できるセットとなっているので、気軽に名古屋の味が楽しめます。辛いものが好きな人には、ピリ辛ごま風味の「四川風みそ煮込」というバリエーションもあります。名古屋めしといえば忘れられないのが、「串かつ(1本)」。味噌かソースから味が選べる商品で、一本から手軽に注文できます。小腹が空いた時に、ちょっとつまむような感覚で注文できるのもいいですね。

和食さと 城陽店

和食さと 城陽店

久津川駅から歩いて約3分。国道69号線沿いに建つ「和食さと 城陽店」は、関西から関東に200店舗以上を展開する、日本の中でも店舗数の多い和食ファミレスチェーン店です。旬の食材を使った天ぷらから、季節ごとの彩りを添えた和膳、とんかつといった和食の代表的なメニューから、しゃぶしゃぶの食べ放題といった様々なメニューが揃っています。子供からお年寄りまで、幅広い世代、幅広い層の方々が、誰でも楽しめるようなお店作りがされており、大切な人との会食から毎日のランチなど様々なシーンでも利用しやすくなっています。

イチオシメニュー

天ぷらやとんかつといった和食を中心に、幅広いメニューを提供している「和食さと」。テイクアウトでもその味は変わらないまま、ご家庭や職場などで楽しめます。オススメのメニューは「季節の特選天重※旬の食材使用」。季節の食材をふんだんに使用した、贅沢な盛合せの天丼です。季節ごとに内容が変わるので、是非ともリピートして季節の移ろいを舌で楽しんでみてください。「若鶏の唐揚げ弁当」は、みんなが大好きな唐揚げが入ったお弁当。リーズナブルなお値段で、普段のランチなどでも注文していただけるような手軽さが魅力です。

テイクアウトするなら城陽市がおすすめ!

テイクアウトするなら城陽市がおすすめ

城陽市は京都と奈良の中間に位置する市で、京都から五里、奈良から五里、ということで「五里五里の里」とも呼ばれています。古都京都の例に漏れず、久世神社、水度神社といった重要文化財、歴史的な建造物が多数所在する都市で、古墳なども見られる情緒あふれる地域です。市内にある史跡芝ケ原古墳は、弥生時代から古墳時代の過渡期にあたる古墳ですが、出土物などから推測される限りは、日本で最古のものという可能性があります。市名である「城陽」は公募によって決められたもので、「山城国の南部で、陽の当たる豊かな土地」という意味が込められています。 また、日本一の甜茶の産地としても知られており、お茶のシーズンである5月から6月頃には木津川沿いの浜茶を巡るサイクリングを楽しむこともできます。日本の金銀糸の生産量の60%を占める、金銀糸のまちでもあり、伝統的地場産業として明治時代から今に至るまで続いています。様々な歴史的な建造物が多く所在する城陽市には、観光客も多く訪れ、観光客に向けた飲食店も多く軒を連ねています。そういったお店の中には、テイクアウトに対応しているお店も少なくありません。美味しいお料理をテイクアウトして、城陽市の各地にある史跡や観光地を回るのも素敵ですね。

城陽市でEPARKテイクアウトが選ばれる理由

城陽市でEPARKテイクアウトが選ばれる理由

「五里五里の里」と呼ばれる城陽市には、京都と奈良のように歴史的な建造物が多く点在しています。中には国の文化財にも指定されているものがあり、それらを見る為に多くの観光客が訪れます。そんな観光客向けの飲食店も多く軒を連ねており、食事処には欠きません。しかし、観光地の飲食店は、ピークを意図的に回避しないと、どうしても混雑してしまいがちです。折角楽しみにしていた観光旅行だったのに、ゆっくりと食事を楽しむことが出来ないというのは回避したいもの。そんな時こそEPARKテイクアウトの出番です。 EPARKテイクアウトは、事前に予約してからお料理をテイクアウト出来る、便利なサイトです。ネット予約なので、空き時間などにスマホで手軽に予約を済ませる事が出来ますし、混み合う店内を避けて自分の好きな場所でお料理を楽しむことが出来ます。今回ご紹介したようなお店で、美味しいお料理をテイクアウトしたら、その料理を食べながら城陽市に点在する数々の史跡を巡るのもいいかもしれません。城陽市にはテイクアウトしたお料理を食べるのにうってつけの素敵なロケーションも多くありますので、是非とも自分の好みに合うような場所で食事を楽しんでみてください。

城陽市のテイクアウトスポット

城陽市のテイクアウトスポット

ここまでは城陽市内でテイクアウト出来るお料理とお店を紹介してきました。こちらでは、そんなテイクアウトしたお料理を食べるのにぴったりの、テイクアウトスポットをご紹介します。ご自宅や職場など慣れ親しんだ場所で食べるのもいいですが、いつもと違った場所で食べると、一味違う味わいが楽しめます。最初にご紹介するのは「桜づつみ【木津川・緑と水辺のやすらぎ回廊】」。城陽市寺田から奈島の木津川堤防に広がるこちらは、四季折々の自然が楽しめる、川沿いの堤防です。ウォーキングやサイクリングを楽しむ人の姿もあり、川のせせらぎを聴きながら季節の移り変わりの中でテイクアウトしてきたお弁当などを食べるのも素敵です。 続いてご紹介するのは「青谷梅林」。青谷川に沿うなだらかな丘陵に広がる梅林です。鎌倉時代には既に歌に詠まれており、老樹古木を含む約1万本もの梅の樹が植えられています。古くから梅の名所として地元の人々に愛されてきており、ここで採れる梅の実から作られた梅酒は花同様に愛されてきました。毎年2月下旬から3月下旬には梅まつりが行われており、その際は多くの人で賑わいます。和食料理などをテイクアウトして、レジャーシート持参で向かうのもいいですね。

城陽市のお役立ち情報

城陽市のお役立ち情報

城陽市は京都盆地の南東部に位置しており、西には木津川、東には丘陵地帯が広がっています。京都府の南部、南山城地域に属しており、「五里五里の里」とも呼ばれて、親しまれています。1951年に 久世郡久津川村、富野荘村、寺田村、綴喜郡青谷村の4つの村が合併し、久世郡城陽町が成立、その後1972年の市制施行によって現在の城陽市となりました。木津川の清流沿いには茶畑が広がっており、甜茶の栽培が盛んに行われています。香り、味、色、全てにおいて最高品質の城陽市の甜茶は重宝されています。また、芋の栽培も古くから続いており、寺田イモは200年も前から栽培されてきた名産品として知られています。また青谷梅林は、京都府一の生産高を誇る梅の産地で、年間で約120から130トンもの量が収穫されています。

お持ち帰りまとめ

お持ち帰りまとめ

いかがだったでしょうか。今回は城陽市で美味しいお料理をテイクアウト出来るお店と合わせて、テイクアウトしたお料理を食べるのにうってつけなテイクアウトスポットも一緒にご紹介させていただきました。城陽市は京都と奈良の中間地点にある街という事で、両市のように歴史の息吹を感じる史跡が多く残っています。観光のついでに食べ歩きを楽しんだり、伝統的な名物料理をテイクアウトして自分の好きな場所で食べたり、思い思いの方法でテイクアウトを活用してください。

EPARKテイクアウトとは?

EPARKテイクアウトとは


事前予約で待ち時間をゼロに。
お持ち帰りを便利にします

テイクアウト(お持ち帰り)の予約ができるポータルサイト「EPARKテイクアウト」。テイクアウトができる店舗を検索し、簡単に予約ができ、指定した日時に受け取りに行くことで、店頭での待ち時間も解消されます。 ネット予約のため、24時間好きな時間に自分のペースで注文することができ、できたての状態で商品を受け取れます。