お持ち帰りならEPARKテイクアウト

板橋でテイクアウト(お持ち帰り)できるおすすめ店まとめ

+115

東京都板橋区の板橋一丁目にある板橋駅は、東日本旅客鉄道の駅です。板橋駅を通る鉄道路線上では赤羽線ですが、運行系統上では埼京線として案内されます。板橋区内では唯一のJRの駅で、北区滝野川、板橋区板橋、豊島区上池袋の境に位置しており、西口が板橋区、東口が北区に、ホームの大半が豊島区に属しています。また、板橋区の駅としては最東端、最南端の駅でもあります。今回は、こちらの板橋でテイクアウト(持ち帰り)可能なお店をご紹介したいと思います。

板橋でテイクアウトができるお店

日高屋 板橋駅西口店

日高屋 板橋駅西口店

JR埼京線、板橋駅の西口から歩いて2分、ビルの中に入っている「日高屋 板橋駅西口店」です。より美味しく、飽きの来ない味を追求している日高屋は、ラーメンを中心として中華料理の定食メニューを提供している定食屋チェーンです。何よりも素材の旨味にこだわっており、化学調味料の使用をできるだけ控えた料理を揃えています。餃子や栄養価の高い炒め物を、全国均一でリーズナブルな価格で提供しています。また、立地にも気を遣っており、駅から近い場所に出店する事で、多くの人が立ち寄りやすいようになっています。是非ともテイクアウトして、自宅や職場などでお楽しみください。

イチオシメニュー

熱烈中華食堂日高屋は、ラーメン・餃子・定食の三本柱が中心の定食屋さんです。テイクアウトでは店舗でも人気のメニューの数々を、変わらない味で提供しています。最初にオススメしたいメニューは「餃子」。国産野菜を使用したこちらは、野菜の旨味をぎゅっと閉じ込めた、もちもち食感の皮が人気の秘密。一緒にオススメしたいのが「冷凍若鶏の唐揚げ(1㎏)」は、カリっとジューシーな唐揚げが、大ボリュームの1キロも詰まったお得なメニューです。先に紹介した餃子と並んで、ご飯やお弁当のおかずに買い置きしておける、家計の味方です。

テイクアウトするなら板橋がおすすめ!

テイクアウトするなら板橋がおすすめ!

板橋駅は東京都板橋区の板橋一丁目にある駅です。池袋や新宿・渋谷などの主要なエリアにも乗り換えなしで、15分以内にアクセスする事ができる事が魅力の一つです。東口・西口、どちらにも商店街が広がっており、活気に溢れています。下町風の店が並んでおり、個人経営のお店も少なくありません。都心へのアクセスの良さの割には家賃も安く、駅のそばも閑静な雰囲気があるということで、利便性を備えたままリーズナブルに住めると人気があります。 今回ここで紹介した以外にも、非常に多くの美味しいお料理屋さんが点在しており、テイクアウトする料理を選ぶだけでも楽しい地域となっています。先ほど少し触れたように、個人で経営されているお店は、味自慢の隠れた名店のような趣のお店が多く、「自分だけが知っている特別なお店」を探すのが好きな人にとってはたまらないエリアになっています。また、後述しますがテイクアウトしたお料理を食べるのにうってつけのスポットにも恵まれています。お料理をテイクアウトして楽しむのに、板橋駅付近はとても適したエリアとなっています。

板橋でEPARKテイクアウトが選ばれる理由

板橋でEPARKテイクアウトが選ばれる理由

池袋や新宿と言った主要なエリアに対して、乗り換えなしで15分ほどでアクセスできるという事で、日々多くの人々に利用されています。2019年度の1日平均乗車人員は約33000人と、とても賑わっています。また、前述したように非常に豊富な数の飲食店が点在しており、自分好みのお料理を探す楽しみがあります。以上の事からテイクアウトに非常に適したエリアである板橋駅周辺ですが、人通りが多いという事は飲食店を利用する際は、高確率で待たされる可能性があるという事でもあります。特に板橋駅周辺は、個人経営の飲食店が多くなっています。チェーンのお店と違って、個人経営のお店は席数が少ない傾向にあるので、混雑時は中々席につけないという事も珍しくありません。 ですがテイクアウトなら待つ必要はありません。自分の都合のいい時間を指定して予約したら、後は店舗に受け取りに行くだけです。長い時間を待つ必要ありませんし、店内で他のお客さんに気を遣いながら食べる必要もありません。自分の好きな場所で、自分のペース、自分の楽な姿勢で美味しいお料理を楽しむことが出来ます。

板橋のテイクアウトスポット

板橋のテイクアウトスポット

ここまでは板橋駅周辺でテイクアウト出来るお料理と、そのお店を紹介してきました。ここではそれらテイクアウトしたお料理を食べるのに、うってつけのスポットをご紹介したいと思います。自宅や職場など慣れ親しんだ場所で食べるのもいいですが、いつもと違った場所で食べると、普段食べているお料理でも違った味わいが楽しめます。 最初に紹介するのは「光が丘公園」です。広さ約60万平方メートルと、練馬区内で最大の公園である光が丘公園は、芝生広場や野鳥観察ができる、バードサンクチュアリという施設があるのが特徴です。野球場やテニスコートも併設されているので、お料理を食べる前や後に運動を楽しむこともできます。続いてご紹介するのは「飛鳥山公園」。桜やツツジの名所として有名な飛鳥山公園は、江戸時代にかつての将軍が桜を植えて庶民の行楽地としたのが始まりの公園です。約600本もの桜が植えられており、西側の山すそ部分には1300株のアジサイが植えられても居ます。小高い丘の上にあり、自走式モノレールでツツジを一望しながら登っていく様子は、子供から大人まで人気となっています。最後に紹介するのは「音無さくら緑地」です。石神井川の旧河川を利用して造られた緑地で、自然の川岸が残された古い地層を垣間見ることが出来ます。23区内では珍しい、本格的な吊り橋を見る事も出来て、散策スポットとしても人気の緑地となっています。

板橋のお役立ち情報

板橋のお役立ち情報

1885年3月、日本鉄道の駅として開業した板橋駅は、同時に貨物の取り扱いも開始しました。1906年11月には鉄道国有法の施行により国有化され、その3年後の1909年には線路名称の制定によって山手線の所属となりました。そこから長らく山手線として運行されていましたが、1972年に赤羽線の所属となりました。1985年には閉口して埼京線の運行が始まり、2年後には国鉄分割民営化によって東日本旅客鉄道と日本貨物鉄道の駅となりました。1996年には開業時から長い間運行されてきた貨物列車が廃止され、99年には日本貨物鉄道の駅も廃止される事となりました。最盛期には1日4往復で貨物列車が運行されていたこともあり、セメントや砕石、砂利などの輸送が行われていました。板橋駅が属する板橋区の人口は571,357人。世帯数は314,492世帯(令和2年時点)。 物価や家賃がお安めになっており、学生の一人暮らしにもオススメの区となっています。

お持ち帰りまとめ

お持ち帰りまとめ

ここまで板橋駅周辺で美味しいお料理をテイクアウト出来るお店をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。気になったお店やお料理は見つかりましたでしょうか。今回ご紹介した以外にも、板橋駅周辺にはまだまだ沢山のお店があります。気になった方はご自身でも是非とも探してみてください。今回はテイクアウトスポットも合わせてご紹介させていただきましたが、こちらも是非ご自身で探してみてください。その際は、きちんと飲食可能な場所かどうかも確認するよう、お気をつけ願います。コロナウィルスのパンデミック以後は、飲食業界にとっては厳しい情勢が続いています。そんな中、感染のリスクを抑えてお料理を楽しめるテイクアウトに、注目が集まっております。苦しい時勢が続いていますが、美味しいお料理を食べて、この状況をみんなで乗り越えていきましょう。

EPARKテイクアウトとは?

EPARKテイクアウトとは?


事前予約で待ち時間をゼロに。
お持ち帰りを便利にします

テイクアウト(お持ち帰り)の予約ができるポータルサイト「EPARKテイクアウト」。テイクアウトができる店舗を検索し、簡単に予約ができ、指定した日時に受け取りに行くことで、店頭での待ち時間も解消されます。 ネット予約のため、24時間好きな時間に自分のペースで注文することができ、できたての状態で商品を受け取れます。