お持ち帰りならEPARKテイクアウト

池袋で和食をお持ち帰りできるおすすめ店まとめ

+108

人気の池袋駅はショッピングやグルメの拠点から、2020年に向けてカルチャーの発信地として急速に生まれ変わっています。駅からすぐの西口公園は野外劇場としてステージと大型スクリーンを設置し、イベントからフルオーケストラの演奏もできるようになります。街全体にわたって、様々なジャンルの多様な文化が共存する都市が、これからの池袋です。街全体に活気があるので、テイクアウトはボリュームのある肉料理が人気です。とんかつの定食や牛丼、牛たんなど、食べると元気になれるメニューが揃っています。

池袋で和食のテイクアウトができるお店

とんかつ新宿さぼてん 池袋ショッピングパーク店

とんかつ新宿さぼてん 池袋ショッピングパーク店

とんかつ専門店「とんかつ新宿さぼてん」は、自社ブランド豚や生ハム用のポークを使用したとんかつや、地域名産の海鮮もののフライなど、さぼてんならではの食材を使ったメニューが堪能できるお店です。さぼてんのテイクアウトメニューは、希少部位を使用したひれかつが入ったお弁当をはじめ、店内で楽しめる様々な料理がテイクアウト用メニューとなって用意されています。特別な日の料理としてや、店外でお手軽に楽しめるお弁当や晩ご飯のおかずとして、さぼてんの料理をぜひ堪能してください。池袋にあるさぼてんのお店「とんかつ新宿さぼてん 池袋ショッピングパーク店」は、JR池袋駅から徒歩約2分、ショッピングパーク内です。

イチオシ

とんかつを使ったメニューのなかでも、だしの効いた和食として親しまれている料理といえば「かつ丼」です。「とんかつ新宿さぼてん 池袋ショッピングパーク店」でぜひテイクアウトしたい料理「ロースかつ丼」は、丼メニューで職場や自宅へのテイクアウトもしやすく、ご飯とロースかつ、ふんわり玉子とタレの旨味あふれる一品です。熟成されたロースかつはやわらかく、衣にしみ込んだタレがご飯にも染みわたり、絶品の甘辛風味が丼を一体にしています。とんかつ専門店のロースかつを使った丼ならではの味を、ぜひ堪能してみてください。

とんかつは飲み物。

とんかつは飲み物。

店名に驚きますが、メニューは一般的な、食堂のお母さんが作っているような街のとんかつ屋さんです。「とんかつは飲み物。」は、お客様をお得にお腹いっぱいにしたいという思いから誕生した、お腹いっぱい食べても1000円でお釣りがくるリーズナブルなとんかつ専門店です。やわらかジューシーな肩ロース「濃厚」と、きめが細かくあっさりとしているヒレ下ロースの「淡麗」の2種類のとんかつがメインです。お店の場所は、池袋駅西口の劇場通りを北方向に徒歩4分です。

イチオシ

ロースよりも脂身が多くて柔らかい肩ロースを使用した「濃厚とんかつ定食」は、甘くてコクのあるこってりとした味わい。サクサクの衣にはオーブンで焼き上げた生パン粉を使用しています。あっさりヘルシーな「淡麗とんかつ定食」は、とんかつをさっぱりと食べたい方や、カロリーを気にする方におすすめ。2種類のとんかつは、ボリュームがさらにアップした「1.5倍定食」と、カツだけを味わえる「単品」もあります。サイドメニューには、一品プラスの「メンチカツ」と、特製醤油に漬け込んだ玉子カツの「味玉カツ」が揃っています。

松屋 池袋アゼリア通り店

松屋 池袋アゼリア通り店

松屋は、看板メニューのプレミアム牛めしをはじめとする、肉料理の定食や丼がリーズナブルな価格でお手軽に楽しめる和食ファストフードチェーンです。池袋駅のC2出口から徒歩約1分の場所にある「松屋 池袋アゼリア通り店」は、駅から近くてテイクアウトで利用しやすいお店です。松屋のテイクアウトはセットメニューも充実していて注文しやすいのが特徴です。仕事や買い物帰りの時間など、受取日時を指定した予約をすれば、注文数が多くてもよりスムーズなテイクアウトが可能なので、晩ご飯や職場での夜食などの差し入れで利用しやすいですよ!

イチオシ

「松屋 池袋アゼリア通り店」のテイクアウトでイチオシしたいメニューは、松屋の看板メニュー「プレミアム牛めし」がお得に5つテイクアウトできるセット「プレミアム牛めし(並)5個セット」です。個別にサイズの設定ができない代わりに単品注文よりもお得な価格設定になっている「プレミアム牛めし(並)5個セット」は、池袋駅周辺で働くビジネスマンの食事としてやお手軽な晩ご飯として注文しやすいセットメニューです。「プレミアム牛めし」は、老若男女に親しまれる和風だしの優しい味わいです。お店は駅から近いのでスムーズなお持ち帰りが実現できますよ!

テイクアウトなら池袋がおすすめ!

住みたい街ランキングで3位に入るほど人気の池袋は、2020年の東京オリンピックに向けて、今街が大きく変わっています。ショッピングとグルメのお店が集まっているのはそのままに、「国際アート・カルチャー都市」として、街全体が舞台の誰もが主役になれる劇場都市をコンセプトに、いくつもの施設が新たに誕生します。東口に2020年夏にオープンする「Hareza Tower(ハレザタワー)」を拠点に、ちょっぴりおめかしして出かける特別な場所として、ミュージカルや伝統芸能を公演するホールの複合商業施設「ハレザ(Hareza) 池袋」もオープンします。また、目の前にある「池袋ハロウィンコスプレフェス」の会場にもなる中池袋公園は現在はリニューアル中ですが、完成すると「アニメの聖地池袋」のシンボルとして、アニメ関連のイベントが頻繁に行われるようになります。今街全体が大きく変わろうとしている池袋駅周辺では、手軽にすぐに食べられるテイクアウトがおすすめです。

こんな方に和食のテイクアウトはおすすめ!

日本発の和食は、2013年にユネスコ無形文化遺産に登録されています。マドンナは日本食の専属料理人を抱えているといわれていて、モデルのミランダ・カーは日本食好きとしても知られています。和食とは、懐石料理や各地方の郷土料理などの日本食を含む、日本で食べられているオリジナル料理のことです。油をあまり使わずにヘルシーというのが和食ですが、和食は世界でただ1つの出汁などの旨みを中心に作る料理でもあります。また、季節ごとに旬のものを使った四季折々の料理や、その時期に合った盛り付けなど、見て楽しめるのも和食らしさです。1食の栄養バランスは理想的で、バターやラードなど動物性油脂を使わずに、旨みによって食べたときの満足感を実現しているので、肥満防止や長寿にもなります。和食の肉じゃがやカツ丼などは手間がかかり、食材を揃えるのも一苦労なので、出来上がった料理を受け取るだけのテイクアウトがおすすめです。ポータルサイトのEPARKテイクアウトなら、池袋駅周辺にある和食の美味しいお店がすぐに見つかります。食べたいメニューを探して受け取り時間を指定して注文すると、お店に行けば出来立ての料理をすぐに受け取れます。健康を気にしていて、食べたときに「美味しい」と思わずいってしまう、そんな和食が食べたいときにはEPARKテイクアウトです。

お持ち帰りまとめ

ショッピングとグルメの街池袋は、10代や20代の女性に人気ですが、アートとカルチャーの発信地としての機能も備えようと、現在リニューアルの真っ只中です。中池袋公園、西口公園、南池袋公園、サンシャインシティ側に新しくできる公園の4つの公園を中心に、世界中から池袋を目指してやってくる街になろうとしています。池袋駅周辺のテイクアウトは、手軽に食べられて安くてボリュームのあるのが人気です。さらには、大ボリュームの丼や、「とんかつは飲み物。」という珍しい店名、焼いた牛丼、丼物を中心に和食メニューが揃っているお店、牛たん専門店と、ユニークなテイクアウトが多いのも特徴です。

豊島区でテイクアウトできるお店をピックアップ

EPARKテイクアウトとは?


事前予約で待ち時間をゼロに。
お持ち帰りを便利にします

テイクアウト(お持ち帰り)の予約ができるポータルサイト「EPARKテイクアウト」。テイクアウトができる店舗を検索し、簡単に予約ができ、指定した日時に受け取りに行くことで、店頭での待ち時間も解消されます。 ネット予約のため、24時間好きな時間に自分のペースで注文することができ、できたての状態で商品を受け取れます。