お持ち帰りならEPARKテイクアウト

お持ち帰りのおすすめ店まとめ(兵庫編①)

兵庫県と言えば、南北に長い県です。瀬戸内海に面した南側には、国際色豊かなモダンでおしゃれな港町、神戸があり、県の中央には、中国山地の山々が連なり、スキーも楽しめるほどの豪雪地帯があります。また、北側は日本海に面しており、兵庫県は二つの海に面した数少ない県でもあります。
兵庫県は、海と山の豊かな食材に恵まれた県であり、その食材をいかしたさまざまなご当地グルメがあります。異国情緒漂うモダンな街神戸、神戸の街並みや海を見渡せる六甲山麓、日本三古湯に数えられる名湯の有馬温泉、季節ごとの美しい花とのんびりとした自然を満喫できる淡路島と兵庫には観光名所も多く、観光をしながらテイクアウトをして、食べ歩きにも便利なグルメもたくさんあります。
特に西の中華街と言われる南京町では、気軽にテイクアウトを楽しめる店が多く、食べ歩きグルメが大人気になっています。
また、兵庫県には京阪地区のベッドタウンとしても人気のエリアもあり、比較的通勤に時間をかけている人や小さな子どものいる世帯が多いのも特徴です。そのため、仕事が遅くなった時の夕飯やママ友同士のホームパーティーにもテイクアウトを利用するケースも多くなっています。

兵庫で和食をテイクアウトできるお店

今、日本では米離れが深刻になっています。ですが、外食文化が流入しさまざまな食べ物に接する機会が増えた今だからこそ、”お米の美味しさ”再発見してみませんか?今回はテイクアウトにおすすめの”お米”をメインに使用したお店を紹介します。

すし一流-宝塚店

すし一流 宝塚店

すし一流 宝塚店では人に、素材に、すしにこだわったメニューをテイクアウトできます。味・お得感・サービス・お店の演出にこだわり、地方の市場から直送した新鮮で美味しいとびきりのネタで仕上げたすし一流のお寿司を是非ご堪能ください。

兵庫でこだわりの逸品をテイクアウトできるお店

情報社会が発展し、様々な情報にアクセスできるようになった現代。多様な食文化も日本に上陸し、バラエティに富んだお店が登場しています。今回は、数あるお料理の中でもこだわりの逸品をテイクアウトで楽しめるお店をご紹介します。

鶏笑-阪神競馬場前店

鶏笑 阪神競馬場前店

鶏笑 阪神競馬場前店では、「いつ食べても」「何個食べても」飽きのこない本格仕込みからあげをお持ち帰りいただけます。中津のこだわりの”秘伝のタレ”で熟成させ、冷ましてもジューシーな旨みを感じるから揚げを是非テイクアウトで!

炭火焼肉-じん

炭火焼肉 じん

炭火焼肉 じんでは、本格的な韓国の家庭料理がお楽しみ頂けます。本場韓国の味にこだわったメニューは、今晩のおかずのもう一品にピッタリ!テイクアウトメニューは随時追加予定なので、是非ご期待ください!

テイクアウトなら兵庫がおすすめ!

【兵庫でテイクアウトをするメリット】
閑静で落ち着いた雰囲気が人気の住宅街が多い地域では、にぎやかな繁華街からは少し離れるため、職場から自宅までの通勤時間が少し長めになる場合があります。仕事で帰宅が遅くなった時などは、自宅に戻ってからごはんを作るのも大変なことです。だからといって、外食するのも億劫な時には、自宅でゆっくりと食事ができるテイクアウトが便利です。
また、兵庫県には文教住宅都市を宣言する市があるなど、子どもの教育や文化施設の充実に力を入れている街もあります。子育てがしやすい環境が整えば、必然的に子育て世代が集まってきます。同世代の子どもを持つ人たちが触れ合う機会も多くなり、気の合う仲間同士が集まってホームパーティーを開くこともあるでしょう。
目の離せない子どもを抱えながら、大人数の料理を作ることは至難の業です。そんな時にも気軽に利用できるテイクアウトは子育て世代にも便利です。

【兵庫県のご当地テイクアウトグルメ】
兵庫県のご当地グルメと言えば、明石焼きがあります。明石焼きは、明石市で誕生したグルメで、地元では卵焼きとも呼ばれています。中にタコが入っていること、丸い形をしていることからたこ焼きに似ていると言われますが、明石焼きとたこ焼きは似て非なるものです。たこ焼きが小麦粉の生地に天かすや紅ショウガなどを入れて作るのに対し、明石焼きは卵に少量の小麦粉を加え、具材はタコのみというシンプルさです。たこ焼きのようにソースや青のりなどはかけず、和風の出汁をくぐらせて食べる和食のような上品な味のグルメです。

【神戸発祥のご当地グルメ そばめし】
そばめしは、ごはんと焼きそばを、コテを使って鉄板の上で炒めながら混ぜ込み、ソースで味付けをした料理です。現在は、冷凍食品として発売されたり、そばめしの素なるものが売られていたりと全国的に有名なメニューになりましたが、もともとは神戸市長田区が発祥のB級グルメです。お店によって具材が違うので、テイクアウトでお店ごとの味を食べ比べるのも楽しそうです。

【神戸と言えば神戸ビーフ】
海外からの観光客にも人気を博す神戸ビーフは、細かくサシが入った霜降りの柔らかい肉質が特徴ですが、食べてみると脂っこさを感じることはなく、胃もたれせずにあっさりとした食味が特徴の牛肉です。
鉄板焼きとしてお店で提供されることが多い神戸ビーフですが、ステーキ丼、ステーキ弁当としてテイクアウトできるお店も増えています。また、パンにはさんだステーキサンドも人気です。

兵庫でEPARKテイクアウトが選ばれる理由

【兵庫でテイクアウトをするメリット】
閑静で落ち着いた雰囲気が人気の住宅街が多い地域では、にぎやかな繁華街からは少し離れるため、職場から自宅までの通勤時間が少し長めになる場合があります。仕事で帰宅が遅くなった時などは、自宅に戻ってからごはんを作るのも大変なことです。だからといって、外食するのも億劫な時には、自宅でゆっくりと食事ができるテイクアウトが便利です。
また、兵庫県には文教住宅都市を宣言する市があるなど、子どもの教育や文化施設の充実に力を入れている街もあります。子育てがしやすい環境が整えば、必然的に子育て世代が集まってきます。同世代の子どもを持つ人たちが触れ合う機会も多くなり、気の合う仲間同士が集まってホームパーティーを開くこともあるでしょう。
目の離せない子どもを抱えながら、大人数の料理を作ることは至難の業です。そんな時にも気軽に利用できるテイクアウトは子育て世代にも便利です。

【兵庫県のご当地テイクアウトグルメ】
兵庫県のご当地グルメと言えば、明石焼きがあります。明石焼きは、明石市で誕生したグルメで、地元では卵焼きとも呼ばれています。中にタコが入っていること、丸い形をしていることからたこ焼きに似ていると言われますが、明石焼きとたこ焼きは似て非なるものです。たこ焼きが小麦粉の生地に天かすや紅ショウガなどを入れて作るのに対し、明石焼きは卵に少量の小麦粉を加え、具材はタコのみというシンプルさです。たこ焼きのようにソースや青のりなどはかけず、和風の出汁をくぐらせて食べる和食のような上品な味のグルメです。

【神戸発祥のご当地グルメ そばめし】
そばめしは、ごはんと焼きそばを、コテを使って鉄板の上で炒めながら混ぜ込み、ソースで味付けをした料理です。現在は、冷凍食品として発売されたり、そばめしの素なるものが売られていたりと全国的に有名なメニューになりましたが、もともとは神戸市長田区が発祥のB級グルメです。お店によって具材が違うので、テイクアウトでお店ごとの味を食べ比べるのも楽しそうです。

【神戸と言えば神戸ビーフ】
海外からの観光客にも人気を博す神戸ビーフは、細かくサシが入った霜降りの柔らかい肉質が特徴ですが、食べてみると脂っこさを感じることはなく、胃もたれせずにあっさりとした食味が特徴の牛肉です。
鉄板焼きとしてお店で提供されることが多い神戸ビーフですが、ステーキ丼、ステーキ弁当としてテイクアウトできるお店も増えています。また、パンにはさんだステーキサンドも人気です。

エリアの観光情報

【西の中華街をテイクアウトで楽しもう】
兵庫には、横浜中華街、長崎中華街と並んで日本三大チャイナタウンと言われる南京町があります。西の中華街である南京町には、気軽に食べ歩きができるよう店頭でテイクアウト商品を扱うお店が多く、休日ともなると多くの観光客が押し寄せ、各々にお目当てのお店でテイクアウトをしながら食べ歩きを楽しんでいます。

【中華街の食べ歩きと言えば中華まん】
中華街の食べ歩きの定番と言えば、湯気の立つ蒸籠で蒸されている中華まんです。南京町には、日本で初めて「豚まん」という言葉を使った豚まんの元祖のお店があります。
もちもちの皮に濃縮された豚肉のうまみがぎゅっとつまった熱々の豚まんは大人気です。トンポーローバーガーとも呼ばれるとろとろの豚の角煮をはさんだ角煮まんは、ジューシーであまじょっぱい角煮とふわふわの皮のハーモニーが絶品です。また神戸の中華街らしく、神戸牛を包んだ豚まんならぬ神戸牛肉まんなどを販売するお店もあり、いろいろな中華まんを食べ比べることができます。

【高級中華として知られる北京ダックもテイクアウトで】
北京料理の代表的な料理である北京ダックは、アヒルを丸ごと窯の中で焼き、パリパリに焼かれた皮や肉の部分をそぎ切りにして、小麦粉を薄く延ばして焼いた薄餅(バオビン)に包んで食べる料理です。高級中華として知られる北京ダックですが、南京町では店頭で気軽にテイクアウトすることができるのです。薄餅にキュウリやネギといっしょにアヒルの肉と皮、甜麺醤を乗せ、くるくるっと手際よく包んでくれるので、その場で出来立てパリパリの北京ダックを堪能することができます。

【食べ歩きの最後も中華スイーツをテイクアウトで】
お腹が満たされてきたら、最後は甘いものも食べたくなってきます。南京町では、あんこをもちもちの団子で包み、周りにゴマをつけて油で揚げたゴマ団子、濃厚なカスタードクリームとサクサクのタルト生地がおいしいエッグタルトなどの中華スイーツもテイクアウトで楽しむことができます。その他、大学芋のような中華ポテトのテイクアウト店もあります。サツマイモを油で揚げ、外側をツヤツヤの飴でコーティングしたもので、出来立てはお芋のほくほくを味わえ、冷めたころには外側の飴のパリパリした食感を楽しむことができます。暑い時期にはマンゴーやパイナップルなどのフルーツを丸ごと凍らせて削ったかき氷やブラックタピオカが入ったタピオカミルクティーなどもおすすめです。

EPARKテイクアウトとは?

EPARKテイクアウトとは?

事前予約で待ち時間をゼロに。お持ち帰りを便利にします

テイクアウト(お持ち帰り)の予約ができるポータルサイト「EPARKテイクアウト」。テイクアウトができる店舗を検索し、簡単に予約ができ、指定した日時に受け取りに行くことで、店頭での待ち時間も解消されます。 ネット予約のため、24時間好きな時間に自分のペースで注文することができ、できたての状態で商品を受け取れます。