江戸川区で中華をお持ち帰りできるおすすめ店まとめ(小岩・一之江など)

東京の下町江戸川区には、リーズナブルでボリュームがあって食べると元気になる中華料理のテイクアウトがたくさんあります。いつでも気軽に注文できて、強い火力で一気に仕上げるため、すぐに料理が出来上がるのが中華料理です。そこで今回は江戸川区から、何度でも通いたくなる中華料理のテイクアウトメニューを5店よりご紹介します。

江戸川区で中華のテイクアウトができるお店

餃子の王将 新小岩ルミエール店

餃子の王将 新小岩ルミエール店

いつでも気軽に、ボリューム抜群の中華をリーズナブルに味わえるのが「餃子の王将」です。家庭でも定番の中華から、火力と技術が必要なプロならではの逸品まで、豊富なメニューが揃っています。王将はコスパが良いだけでなく、お客様に安心・安全に食事してもらえるように徹底的にこだわっています。使っている食材はほとんどが国産で、定期的に直接仕入先にまで足を運び、常に高い品質を維持しています。そんなこだわりのなかでも、看板メニューの「餃子(焼き、1人前:6ヶ)」に使う食材は全て100%国産ものです。注文が入ると、高い調理技術を持つスタッフが1品1品手作りして、スピーディーに提供することにも力を入れています。新小岩ルミエール店は、新小岩駅南口から続いているアーケード付きの商店街内にあります。

イチオシ

王将の魂とも言える名物の「餃子(焼き、1人前:6ヶ)」がイチオシです。特製の鉄板で表面をパリッとそしてもちもちに仕上げられた皮の中には、国産100%の豚肉や野菜の旨味が凝縮されたジューシーな肉汁がたっぷり。皮の原料となる小麦粉は北海道産で、食欲を刺激してくれるにんにくは青森県産と、良質な食材を求めて産地も決まっています。餃子は全て自社工場にて一括で作られていて、各店舗に配送する間も一切冷凍保存をしていないので、いつでもフレッシュな包みたてを味わえます。店名にもなっている王将の餃子を是非お召し上がりください。

餃子の王将 一之江駅前店

餃子の王将 一之江駅前店

餃子の王将」のこだわりが詰まったメニューの数々を、是非テイクアウトでもお召し上がりください。食材に対するこだわりは他の追随を許さない王将では、使用食材のほとんどを質が良く品質を保てる国産にしています。その理由はお客様に安心で安全に食事をしてもらいたいから。特に「餃子(焼き、1人前:6ヶ)」は、キャベツやニラ、豚肉、にんにく、生姜、小麦粉まですべて100%国産という徹底ぶりです。そのうえ餃子は一切作り置きをせずに、その日作ったものしか提供していません。鮮度と質にとことんこだわっている王将のメニューを、是非テイクアウトで味わってみてください。一之江駅前店は、都営新宿線の一之江駅からわずか徒歩1分です。

イチオシ

創業以来変わらない看板メニューの「餃子(焼き、1人前:6ヶ)」は、常に注文数ダントツNo.1の人気です。入っている全ての食材が100%国産で、特に皮の小麦粉は香り高い北海道産、にんにくは冬の寒さを越えて甘みを増した青森県産と産地も指定しています。これらの食材に王将秘伝の調味料を加えて作る餃子は、その日のうちに冷凍保存なしで各店舗に配送されます。そのため、パリッとモチっとした皮の食感と、旨味たっぷりの肉汁溢れるジューシーな餃子の提供が可能となります。安心・安全な食材だけを使ったフレッシュな餃子をリーズナブルに味わえる王将で、是非テイクアウトしてみてください。

麻屋

麻屋

小岩にある「麻屋」では、10年以上のキャリアを持つ台湾料理人による中華が味わえます。台湾料理は中華料理をベースとしていて、それにアメリカやカナダからの移民達が伝えてきた郷土料理がミックスされて生まれました。そのために、台湾料理のお店は中華料理も美味しいんです。世界中の人達に台湾料理を伝えたいと店主がオープンさせたお店は、気軽に入れてリーズナブルに本格中華が食べられると評判です。具材の旨みが凝縮された「麻屋」の料理を是非ご賞味ください。お店はJR小岩駅北口から徒歩2分、商店街の西小岩通り会にあります。

イチオシ

中華料理のスペアリブとも言われている排骨(パーコー)が台湾の定番です。その排骨(パーコー)と同じように味付けした骨付き肉を揚げたものに、野菜炒めをプラスしたお弁当「野菜炒めと骨付き肉揚げの弁当」が、麻屋のイチオシメニューです。やわらかくてジューシーな骨付き肉は旨味がたっぷり。野菜もしっかりとれるので、栄養バランスも抜群です。いつでもどこででも出来立てアツアツを食べられるテイクアウトを、是非お試しください。

鴻盛酒家

鴻盛酒家

小岩で本格四川料理をテイクアウトできるのは「中華料理 鴻盛酒家」です。中国の四川料理店で腕をふるっていたシェフによる、20種以上の多彩な四川料理が味わえます。中華の定番「麻婆豆腐」は、山椒をたっぷり使った痺れと辛さが共存する四川料理の代表です。ご飯のおかずにも、お酒のおつまみにもピッタリな辛くて旨いメニューの数々をご賞味ください。JR小岩駅北口より徒歩3分、飲食店が立ち並ぶ一角にあるので、もうちょっと食べたいなと思ったときにも便利です。

イチオシ

本場のシェフによる四川料理を味わえる「鴻盛酒家」のイチオシは、四川と言ったらこの料理「麻婆豆腐」です。他店よりも挽肉を多く使っていて、挽肉の旨味にさっぱりとした豆腐、そして舌が痺れるほどの辛さが食欲をそそる一品。唐辛子のヒリヒリする辛さの辣味(らつみ)と、花椒の舌が痺れる辛さの麻味(まみ)の、2つの異なった刺激をご堪能ください。ご飯にかけて麻婆丼にすると刺激がよりマイルドになって食べやすくなるので、辛いのが苦手な方におすすめです。

日高屋 小岩北口店

日高屋 小岩北口店

お客様の安心と安全のために厳選食材を使い、化学調味料を控えて、素材の旨味を引き出す調理を心がけている熱烈食堂「日高屋 小岩北口店」では、飽きのこない本物の味をリーズナブルに提供しています。子供から大人まで満足できる味が、「日高屋 小岩北口店」の目指す味です。店舗はどこも駅からすぐにあり、スピーディーに調理することも重視しているので、ちょっとした電車の時間待ち時間や、帰宅する前に食べておきたいときにも最適です。小岩北口店は、JR総武線小岩駅北口から徒歩2分、小岩駅北口通り商店街にあります。

イチオシ

安心・安全にこだわった国産食材で、本物の味を手頃な価格で提供している「日高屋 小岩北口店」の、「焼餃子」がイチオシメニューです。吟味した新鮮な野菜と豚肉、原材料の小麦粉から開発している皮で作る、いくつ食べても飽きない一品は、ご飯にもお酒にもピッタリ。野菜を多めにしてニンニクは少なく、素材が持つ本来の旨みを引き出してあっさりとした味付けをしているので、ついつい箸が進んでしまう美味しさです。脂分を減らし、できるだけ化学調味料の使用を控えた、体にも良い「焼餃子」です。

テイクアウトするなら中華がおすすめ!

約14億人もいると言われている中国の中華料理には、各地方ごとに独自の郷土料理があります。4大中華料理の、北京、四川、広東、上海だけでなく、まだまだたくさんの料理が存在しています。そのほとんどの料理に唐辛子や山椒などの刺激的なスパイスを使うのも、中華料理の特徴です。食べると体の中から温まり元気になれるのが中華料理です。スタミナが欲しい、ちょっと疲れ気味かな、といったときには中華料理がおすすめ。テイクアウトして歩きながら頬張ったり、広くて緑の多い公園などでゆったりと食べると、すぐに元気いっぱいになれます。スタミナとパワーの源の中華料理を、是非テイクアウトしてみてください。

中華の豆知識

中華料理でお馴染の円卓テーブルですが、実は本場中国ではなく日本発祥のアイディアだったというのをご存知でしょうか。1932年に、東京の結婚式場・目黒雅叙園の創業者細川さんが発案したと言われています。大皿に乗せて提供される中華料理は取り分けるのが難しく、お客様自身が料理をとる際に立ったり座ったりを繰り返すのも大変だと、椅子に座ったまま食べたい料理を各自が取りやすいように回転テーブルを設置しました。その後、目黒雅叙園でそれを目にした中国人が本場に持ち帰ったために、広く中華料理に使われるようになりました。ふわふわ卵が乗った天津飯や、白菜やキクラゲ、豚肉などを炒めて餡でトロミをつけた中華丼は、中国にはない日本生まれの料理です。ケチャップのエビのチリソースは、日本に四川料理を根付かせた陳健民が最初に作りました。日本と中国の合作ともいえる中華料理を、是非気軽にテイクアウトしてみてください。

中華のおすすめの食べ方

中国四大料理の1つの広東料理は日本にも馴染み深い料理です。暖かい気候によってたくさんの野菜が育ち、豊富な海の幸にも恵まれている広東地方の料理は高級食材の宝庫です。フカヒレ、アワビ、つばめの巣、伊勢海老などは広東料理で頻繁に使用されている食材です。そして、牡蠣の煮汁から作るオイスターソースも広東が本場。野菜や肉をオイスターソースで炒めて、中華麺にかけると中華料理になりますが、例えば中華麺をパスタに変えてみても意外と合うんです。ハード系のパンにグリルした肉や野菜を乗せて、甘みとコクのある濃厚なオイスターソースを少し塗ると、中華風のサンドイッチになります。どんな食材も一気に中華味に変えてしまう、濃厚な魚介の旨みたっぷりのオイスターソースは万能の調味料です。

お持ち帰りまとめ

唐辛子や山椒を使ったスパイシーな料理が多い中華料理は、東京の下町江戸川区でも大人気です。ボリュームがあってリーズナブルなので、いつでも気軽に食べられるのが中華料理です。中華料理店にある円卓テーブルはもともと中国にはなく、日本発祥のものです。天津飯や中華丼、ケチャップのエビチリも日本が作った中華料理です。それほど日本人に馴染がある料理とも言えます。広東料理の味を決めるオイスターソースは、パスタやパンに使っても美味しくなる万能の調味料です。最近疲れ気味かなという方は、是非今回ご紹介した刺激的で食べると元気になれる中華料理をテイクアウトして、スタミナやパワーを補給しましょう。

EPARKテイクアウトとは?


事前予約で待ち時間をゼロに。
お持ち帰りを便利にします

テイクアウト(お持ち帰り)の予約ができるポータルサイト「EPARKテイクアウト」。テイクアウトができる店舗を検索し、簡単に予約ができ、指定した日時に受け取りに行くことで、店頭での待ち時間も解消されます。 ネット予約のため、24時間好きな時間に自分のペースで注文することができ、できたての状態で商品を受け取れます。