お持ち帰りならEPARKテイクアウト

千代田区で焼きそばをテイクアウトできるおすすめ店

皇居や国会議事堂があり、オタクの聖地と呼ばれる秋葉原のある千代田区。様々な人が行き来する地域のため、そのニーズに合うように色々な飲食店が立ち並んでいます。高級なお店から一風変わったサブカルチャーな飲食店まで、目でも舌でも楽しめるお店が沢山あります。ところが、テイクアウト可能なお店となると少し事情が違ってきます。どのお店もテイクアウトを取り扱っているとは限りませんので、「混んでいる店内での食事を避けて静かな公園で食べたい」、「自宅でゆっくり食べたい」、という時にはお店探しに困ってしまいます。そこで今回は、テイクアウトにおすすめの焼きそばを持ち帰り可能なお店をご紹介していきます。

千代田区で焼きそばをテイクアウトできるおすすめ店

餃子の王将 水道橋店

一店目は「餃子の王将 水道橋店」。名前を一度は聞いたことがあるかと思います。お店オリジナルの餃子が有名です。こちらの「餃子の王将 水道橋店」は、JR総武線の水道橋駅西口を出て左にまっすぐ進むと、徒歩2分の所にあります。駅から近いので気軽に立ち寄ることができます。こちらのお店は何といっても、テイクアウト可能なメニューが多いことが特徴です。お店の名前にもなっている餃子を始めとして、30種類以上のメニューがテイクアウト可能なので、複数のメニューを持ち帰る楽しみもあります。ネット予約や電話予約が可能ですので、気軽に注文ができるのも嬉しい限りです。

イチオシメニュー

餃子の王将のお店の一押しは、「極王焼きそば」です。まず驚くのはその具材の大きさ。エビ、豚肉、卵、野菜などが食べ応えのある大きさでごろごろと惜しみなく入っています。さらに味にもこだわっており、味付けには特製のXo醤に白醤油を加えています。一般的なソース味の焼きそばを想像して食べると、その味の繊細なバランスの味に驚くことと思います。家庭の焼きそばとは一味も二味も違うハイランクの焼きそばです。ボリューム満点のこちらの「極王焼きそば」だけでおなかがいっぱいになる、大満足の逸品です。

0332378823
電話予約はこちら

中国酒家 味仙楼

中華の老舗として有名な「中国酒家 味仙楼」。食材や調理法、具材の大きさにまでこだわっており、家庭ではできない本場の味を期待して来られるお客さんも大満足のお店です。最寄り駅は飯田橋駅で、A5番出口を出て5分ほどで着きます。中華料理らしい、赤い看板が目印です。こちらのお店ではテイクアウトにも力を入れており、テイクアウト可能なメニューは10種類を超えます。複数のメニューをまとめて注文したいときや、待ち時間を短縮したいときには電話やネットでの予約がお勧めです。予約が必要ですが、オードブルも承っていますので、ホームパーティなどにも重宝されます。

イチオシメニュー

こちらのお店の一押しは、「上海風焼きそば」です。上海料理といえば、他の地域の中華料理に比べて味はさっぱり目で食べやすく、具沢山なことが多いのですが、こちらの「上海風焼きそば」もまた食べやすい味付けになっています。さらに具材もたくさん入っており、食べ応えは抜群です。細切りにした人参・ピーマン・玉ねぎなど、野菜もたくさん入っていますので、シャキシャキした食感も楽しめ、野菜不足が気になる方や、普段のランチにも向いています。本格中華のお店だからこそのレベルの高い焼きそばが気軽に楽しめます。

0352755237
お問い合わせはこちら

GYOZA OHSHO 有楽町国際フォーラム口店

「ぎょうざ おうしょう」と聞くと、赤地に白い字で書かれた「餃子の王将」をイメージするかと思いますが、こちらの「GYOZA OHSHO 有楽町国際フォーラム口店」は少し雰囲気が違います。有楽町駅のすぐそば、飲食店が立ち並ぶガード下の一角に、そのお店はあります。店内もほかの餃子の王将とは全く違う雰囲気となっており、おしゃれでシックな印象を受け、デートにも使えそうなお店となっています。メニューや味についても、よくある「餃子の王将」に引けを取ることなく、リーズナブルな価格でおいしいメニューが沢山あります。

イチオシメニュー

こちらの一押しメニューは「白醤油焼きそば」です。白醤油、という聞きなじみのない醤油ですが、こちらは一般的な黒い醤油より味がすっきりとしており、素材の味を生かすのに向いている醤油になります。調味料にまでこだわった、こちらの「白醤油焼きそば」は素材それぞれの味がしっかり生かされており、噛めば噛むほどに素材の甘みが引き立ちます。それに合わせて具材の大きさもやや大きめにされており、食べ応えがあります。また、麺にもこだわっており、北海道産の小麦粉を使った面でもちもちとした弾力があり、満足度の高い一品となっています。

0352210755
電話予約はこちら

テイクアウトするなら焼きそばがおすすめ!

手軽に作れる家庭料理として定番の焼そばですが、家庭では味や具材がワンパターンになりがちです。しかし、実は焼きそばは具材や味付け麺の種類などによって出来上がりに大きな差が生まれる、変幻自在の料理でもあります。そこで、お店によって特徴が違う焼きそばを自宅で食べ比べることができるのもテイクアウトの楽しみ方の一つだといえます。また、焼きそばがテイクアウトに向いている理由がもう一つあります。それは、焼きそばが基本的に汁気の少ない料理であることです。テイクアウトして移動している際に、液漏れ・汁漏れを心配する必要がありません。さらに自宅で食べるときには電子レンジで手軽に温めなおせるところもメリットといえます。

焼きそばの豆知識

もはや日本人の国民食といえるほど定番料理になった焼きそばですが、その歴史をご存じでしょうか。中華料理店には大抵焼きそばがメニューにある通り、焼きそばの発祥は中国の「炒麺(チャオメン)」といわれています。しかし、中国での焼きそばは主に塩味やしょうゆ味、スープに入れたものなど、「定番」と呼ばれるものはありませんでした。それが日本に徐々に伝わってきて、戦後に具にキャベツを使い、味付けにソースを使った「焼きそば」が日本で生まれ、日本人の好みに合ったのか爆発的に人気が出ました。作り方が簡単でアレンジもしやすい焼きそばは、あっという間に国民食になっていきました。ふとしたときに無性に食べたくなる焼きそば。テイクアウトできるお店を知っておくと、食べたいときにいつでも気軽に食べることができます。

やきそばのおすすめの食べ方

それではここで、焼きそばのおすすめの食べ方をご紹介します。「焼きそばなんてそのまま普通に食べたらいいんじゃないの」とお思いの方もいらっしゃると思いますが、焼きそばの食べ方のアレンジは意外に多くあります。例えば「焼きそば×納豆」。意外に思われるかもしれませんが、特にソース焼きそばと納豆の味が想像以上にマッチします。ほかにも薬味を大量に入れてみるのもおすすめです。焼きそばの表面が緑一色になるくらいネギをかけてみたり、赤一面になるくらい紅ショウガをかけてみたり、ということです。薬味のおいしさが引き立ちます。また、よく「焼きそばは音を立てて食べてもいいのか」という疑問を耳にしますが、おいしく食べられるなら音を立てて啜っても、静かに食べてもいいかと思います。あなたのオリジナルの焼きそばの食べ方を研究してみるのも面白いかもしれません。

お持ち帰りまとめ

ここまで、千代田区のテイクアウト可能な焼きそばをご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。様々なジャンルの飲食店が点在する千代田区ですが、「おいしい焼きそばを持ち帰りたい」と思ったときにお店お見つけるのはなかなか難しいところがあります。今回ご紹介したお店を参考にして、ぜひ気軽に焼きそばをテイクアウトしてください。

EPARKテイクアウトとは?


事前予約で待ち時間をゼロに。
お持ち帰りを便利にします

テイクアウト(お持ち帰り)の予約ができるポータルサイト「EPARKテイクアウト」。テイクアウトができる店舗を検索し、簡単に予約ができ、指定した日時に受け取りに行くことで、店頭での待ち時間も解消されます。 ネット予約のため、24時間好きな時間に自分のペースで注文することができ、できたての状態で商品を受け取れます。