お持ち帰りならEPARKテイクアウト

中華をテイクアウトする際のおすすめブランドをご紹介!

+67

日本で広く親しまれている「中華料理」。街には中華を扱う大衆食堂から本格的な高級中華レストラン、ラーメンの専門店など、さまざまな種類の中華料理店があります。


日本にある飲食店の中で、中華を扱うお店はおよそ1割を占めるとまで言われるほど人気の「中華料理」。餃子やラーメンなど街の食堂で日常的に親しまれているものから、麻婆豆腐や回鍋肉のように家庭の夕飯にも登場するもの、北京ダックやフカヒレなどレストランで人気のものまで、とにかくメニューが豊富なのが特徴です。


中華料理」が初めて日本に入ってきたのは、江戸時代と言われています。江戸時代に外国との貿易が許されていた長崎の出島にはたくさんの中国人がいて、中国人居住区ができていました。そのほとんどが華僑と呼ばれる貿易商で、中国から料理人を一緒に連れてきていたそうです。


江戸時代の初期、すでに長崎には中国人向けの中華料理店が存在していて、この時期に円卓に並べられた大皿から取り分けて食べるスタイルが確立されていったようです。一般客向けの中華料理店ができるのは、明治時代になってからのこと。1910年ころには、日本で初めてのラーメン店がオープンしたと言われています。


戦前は広東料理が主流だったそうですが、戦後には、満州から帰国した人々が北京料理を伝えました。さらに、1960年代には、四川料理のシェフがテレビ番組を通して四川料理の魅力を伝え、人気を博します。また、1970年代の中国の改革開放の際には、上海からたくさんの料理人が日本にやってきました。時代とともに、日本全国にさまざまな「中華料理」が広まっていった様子がうかがえます。


今では、中華料理店に限らず、定食屋さんや街の食堂フードコートなどでもラーメンや餃子などの中華料理を食べることができます。それほどまで、人々の食生活に溶け込んでいる「中華料理」。最近では、すぐに食べることのできるラーメンもテイクアウトできるようになるなど、「中華料理」のお持ち帰りも進化しています。今回は、今注目の「中華料理」のテイクアウトを、ランキング形式でご紹介します。

①餃子の王将

中華ランキングの第1位は、「餃子の王将」です。安心・安全な国内産の食材を使用して作られているこだわりの餃子をはじめ、ラーメン炒飯炒め物揚げ物など、豊富なメニューがそろっています。


1967年の創業時から掲げている、「美味しい中華料理を、リーズナブルな価格でお腹いっぱいになるまで食べて、幸せになってほしい。」という精神を原点にして、多くの人々に愛されるブランドへと成長しました。


餃子の王将」の特徴は、店舗ごとに個性が光る料理人の手作り調理。各店舗でオリジナルのメニューがあることも珍しくありません。近年は、多様化するライフスタイルに合わせて、テイクアウトやデリバリーサービスも導入し始めています。ますます便利になっている「餃子の王将」について、ご紹介します。

沿革・歴史

餃子の王将」は、1967年に京都の四条大宮で創業しました。京都市内を中心に店舗数を増やしていき、1974年には「株式会社王将チェーン」を設立します。「早く、おいしく、安く」という営業方針を掲げ、駅前への出店はもちろん、郊外型の幹線道路沿いの店舗も増やしていきました。


関西地域への出店を基盤に、1978年には関東地区へも進出。東京都新宿区に直営店をオープンさせました。その後、1980年に商号を「株式会社 餃子の王将チェーン」とし、各地に多数の店舗を有する大手チェーンへと成長をさらに加速させていきました。1990年には、商号を「株式会社 王将フードサービス」に変更。近年は、女性向けの「GYOZA OHSHO」や、持ち帰り専門店の「GYOZA OHSHO 京都髙島屋店」を出店するなど、多様化するニーズにも対応しています。

こだわり

美味しい料理をリーズナブルにお腹いっぱいになるまで食べて、幸せになっていただきたい」という創業の精神と、「価値を作り出すのは『人』である」という理念のもと、店舗ごとの手作り調理やスタッフのサービスにも力を入れている「餃子の王将」。


食材や調理方法、安全管理からスタッフの対応まで、随所にたくさんのこだわりが見られます。ここでは、下記の4つについて、「餃子の王将」のこだわりをご紹介します。


1.看板メニューの餃子
2.料理人の手作り調理
3.安心・安全への取り組み
4.スタッフのおもてなし


1.看板メニューの餃子
「餃子の王将」の魂とも言えるのが、「餃子」です。主要食材の豚肉、にんにく、キャベツ、ニラ、生姜、小麦粉は、全て国内産を使用しています。特にこだわっているのが、餃子の風味を増す「にんにく」と、食感の決め手となる「小麦粉」です。


にんにく」は、青森県で生産されたものを使っています。青森県は、越冬作物の「にんにく」の生産には最適な気候です。厳しい冬の寒さの中、雪の下で越冬して甘さを蓄えてから収穫された「にんにく」の風味は格別。「餃子」に、深い味わいを増してくれます。


また、皮に使用する「小麦粉」は、北海道産です。北海道産の小麦粉は、強い粘り気が大きな特徴。水分の調節に細心の注意を払って管理し、クオリティーの高い餃子の皮が完成します。こだわって集められた国内産の食材は、すべて日本の自社工場で加工されています。秘伝の調味料と製法で製造された「餃子」は、毎朝冷凍せずに全国の各店舗へと届けられるシステム。特製の鉄板の上で焼き上げられる餃子は、いつ食べても鮮度抜群の状態です。


2.料理人の手作り調理
ニラレバに酢豚、炒飯など、「餃子の王将」の中華メニューの数々は、各店舗で料理人が手作り調理しています。その場で調理しているので、作り立ての熱々料理を食べることができるだけでなく、「子どもと一緒に食べるので辛さを控えてほしい」などの要望にも柔軟に対応してくれるのも、うれしいポイント。また、高い技術を持つ調理人が生み出す、各店舗オリジナルのメニューも、「餃子の王将」の醍醐味。多種多様なオリジナルメニューを探して、さまざまな「餃子の王将」店舗を巡る人も少なくありません。


3.安心・安全への取り組み
「餃子の王将」では、安心・安全への取り組みにも力を入れています。お米や豚肉、野菜などの主要食材のほとんどは、国内で生産されたものを使用。産地の報告書とともに、仕入れています。特に、豚肉や野菜などは、仕入れ先の業者のもとを訪れて衛生監査を実施するというこだわり様です。また、製造工場においても、原材料の目視チェックとともにエックス線装置での検査も行い、異物混入を防いでいます。


4.スタッフのおもてなし
「餃子の王将」のスタッフは、常に来店者の気持ちに寄り添い、何ができるかを自ら考えて行動しています。例えば、冬の寒空の下、外の行列に並んでいる人に熱いお茶を提供する、という対応もスタッフ自らの行動によるもの。創業当時から受け継がれてきた「おもてなしの心」は、「餃子の王将」の料理とともに、たくさんの人々を魅了し続けています。


おすすめのテイクアウトメニュー

餃子の王将」では、生活様式の変化に伴い需要が高まっているテイクアウトにも力を入れています。こちらでは、「餃子の王将」イチオシのテイクアウトメニューをご紹介します。

餃子

「餃子の王将」と言えば、おすすめはもちろん「餃子」。「餃子の王将」を訪れたら、絶対に外せない一品です。来店のたびに必ず注文するという人も少なくありません。外はカリカリ、中はモチモチとした食感がたまらない、北海道産小麦の風味豊かな皮を使用した「餃子」。


青森県産ニンニクを使用した、奥深い味わいの肉汁あふれる餡との相性も抜群です。ご飯のおかずにはもちろん、ビールのお供に、ラーメンのサイドメニューにと、さまざまなシーンで楽しむことができるのも人気の理由かもしれませんね。

餃子・唐揚弁当

テイクアウトメニューでは、「餃子(焼き、1人前:6ヶ)」と単品で注文できるほか、人気メニューと餃子がセットになった弁当シリーズも好評です。餃子と唐揚に白いご飯がセットになっている「餃子・唐揚弁当」をはじめ、炒飯とセットの「炒飯弁当」、天津飯がついた「天津飯弁当」、醤油味の焼きそばが味わえる「焼そば弁当(醤油)」など種類も豊富です。そのままレンジで温め直せる容器に入っているので、熱々の状態で食べることができますよ。

海老のチリソース

栄養満点の一品料理も、バラエティー豊かな品ぞろえです。シャキシャキのニラやもやしの歯ごたえが楽しい「ニラレバ炒め」、子どもから大人まで幅広い人気の「海老のチリソース」、野菜不足の人にもうれしい「野菜炒め」など、盛りだくさん!


宅飲みのおつまみに、夕飯のおかずに、色々な種類を持ち帰って楽しみたいですね。どのメニューも、リーズナブルな価格がうれしいポイント。安心して、たくさん注文することができます。お家でご飯を炊いたり、お酒を準備したりしておけば、外食するよりもかなり出費を抑えることができます。


経済的な上に、調理道具などの後片付けや材料を買う手間もかかりません。いつも料理を作ってくれる人へ感謝の気持ちをこめて、テイクアウトの中華料理を買っていっても喜ばれそうです。

餃子の王将ラーメン

持ち帰ってレンジで温めるだけですぐに食べることのできる、レンチンラーメンシリーズも好評です。スープと麺は別々になっていて、食べる直前に混ぜ合わせるタイプ。スープにはしっかりと蓋がされているので、持ち帰っている途中に汁がこぼれる心配もありません。


電子レンジで温めたら、スープの中に麺と具材を入れて完成です。「餃子の王将」のラーメンを、自宅でも簡単に楽しむことができますよ。醤油豚骨ベースの濃厚スープと北海道産小麦のモチモチ麺が相性抜群の「餃子の王将ラーメン」は、食べ応えも十分と人気です。


ほかには、大ぶりのチャーシューと煮卵がのった、あっさりタイプの「醤油ラーメン」もあります。店舗によって取り扱っている商品が異なるので、メニューの詳細はEPARKテイクアウトでチェックしてみてくださいね。

まとめ

容器をそのまま電子レンジにかけられる「レンチンシリーズ」など、テイクアウト商品に力を入れている「餃子の王将」。お持ち帰りでも、店内飲食と同じようなクオリティーで「餃子の王将」の料理を楽しめると評判です。持ち帰ってすぐに食べることのできるラーメンのほか、日持ちのする袋タイプのラーメンを販売しているお店もあります。また、一品料理なども店舗によってメニューが異なり、お店ごとの個性が楽しめるのが「餃子の王将」の特徴です。ぜひEPARKテイクアウトで店舗ごとに違うメニューをチェックして、「餃子の王将」のさまざまな味をテイクアウトしてみてくださいね。

②日高屋

日高屋でテイクアウト(持ち帰り)

中華料理ランキングの第2位は、駅前にある立地で利用しやすいと評判の「日高屋」です。素材の持つ旨みを何よりも大切にして、化学調味料の使用を極力控えた味付けが特徴の「日高屋」。


毎日食べても飽きのこないような味を追求しています。また、徹底したローコスト対策により、すべてのお店で料理の品質を維持しながら、リーズナブルな均一価格を実現しています。


ラーメンや中華料理の定食類が充実しているほか、餃子や揚げ物メニューなども安心の低価格で味わうことができます。お持ち帰りメニューも充実していて、駅近の店舗で受け取りも便利と好評の「日高屋」。おすすめのテイクアウトメニューや、「日高屋」のこだわりなどをご紹介します。

沿革・歴史

日高屋」の歴史は、1973年にオープンした小さなラーメン屋さんから始まりました。当時はラーメン店がチェーン展開することはまだ珍しく、早々に取り組んだのが「日高屋」でした。


駅前へ出店することや徹底的な低価格化への取り組みが功を奏し、地域に愛されるブランドへと成長してきました。「駅前には日高屋がある」ことが、当たり前になる日を目指し、「食」を通じて地域社会に貢献できるお店作りをすることを経営方針としています。


1998年には、商号を「株式会社ハイデイ日高」として、シンボルマークやブランドマークを制定しました。「ハイデイ日高」という名前には、「美味しい料理をリーズナブルな値段で食べて、ハッピーな1日(ハイデイ)を過ごしてほしい」、という願いが込められています。現在では、首都圏を中心に多くの店舗を展開する中華料理の大手チェーンに成長し、人々が足しげく通う街の食堂として、多くの支持を集めています。

こだわり

誰もが気軽に立ち寄って、美味しい中華料理を堪能できるお店作りにこだわっている「日高屋」。お店の立地や料理の味、そして価格設定と、こだわりが随所に感じられます。ここでは、以下の3つのこだわりについてご紹介します。


1.立地条件
2
.料理の味
3.リーズナブルな価格


1.立地条件
オフィスで働くビジネスパーソンはもちろん、学校に通う学生やお子様連れの女性、高齢の方まで、誰でも気軽に立ち寄ることができるように、お店を出す場所は、「駅前で、1階」という立地にこだわっています。


駅前なので、電車に乗る前や降りた後、すぐにお店に行くことができます。また、1階にあるので中の様子もわかりやすく、階段をのぼったりエレベーターにのったりする手間もかかりません。お子様連れの方や足腰に不安のある人でも入りやすいように、配慮されています。さらに、テイクアウトにも対応しているので、お昼休みや仕事や用事を済ませた後など、お持ち帰り商品を受け取りやすくなっています


2.料理の味
「日高屋」は、素材そのものが持つ本来の味わいを大切にしています。素材の味を最大限に活かすため、化学調味料はほとんど使用していません。また、ラーメンに使う素材へのこだわりは、並々ならぬものがあります。


質の良い鶏ガラや丸鶏、豚などを長時間煮込んで作られるスープ、選び抜かれた小麦粉を「真空ミキシング製法」で滑らかなのどごしにした麺、厳選された豚肉を使用し、圧力鍋を使って柔らかい口当たりになるように煮込まれたチャーシューなど、「日高屋」のこだわりが詰め込まれた一品です。調理面においても、「日高屋」独自の「鍋調理技術審査制度」を導入して、調理技術に磨きをかけています。


3.リーズナブルな価格
いつどこで食べても美味しく、安定した高品質の料理が「低価格」で味わえるのが、「日高屋」の魅力です。「日高屋」では、セントラルキッチンと呼ばれる工場で、具材の加工や製造、配送などを一度にまとめて行っています。


「日高屋」の中枢であるハイブリッドな工場によって、全店舗での同じような高品質料理と味わい、そしてコストの削減を実現しています。納得価格で料理を提供できるように、徹底した在庫管理のもと、セントラルキッチンを活用して食材価格を抑え、ムダやロスをなくすなど、さまざまな工夫が見られます。

おすすめのテイクアウトメニュー

ほとんどの店舗が駅前の、しかも1階という好立地にあるので、誰もが立ち寄りやすい「日高屋」。最近は、アクセスしやすいという強みを活かした、テイクアウトでの利用が増えてきています。「日高屋」は、テイクアウトメニューも種類が豊富。ここでは、「日高屋」でテイクアウトをするときにおすすめの料理をご紹介します。

味噌ラーメン

「日高屋」のお持ち帰りイチオシメニューは、「味噌ラーメン」です。「日高屋」では、麺類もテイクアウトで味わうことができます。麺類のテイクアウトでは、生麺の状態のみでの販売となっているお店も少なくありません。


生麺の場合は、自宅などで調理する必要がありますが、「日高屋」の麺類は、すぐに食べることのできる状態でのお持ち帰りなので、とても便利です。スープと麺は容器の上と下で別々になっているので、麺がのびる心配はありません。


スープは、熱々の状態がしっかりとキープされています。たっぷりの野菜は香ばしく炒められていて、味噌味のスープとの相性は抜群。つるつるとのどごしの良い麺と具材をスープに入れるだけで、すぐに食べることができるのもうれしいポイントですね。


いつでもどこでも、日高屋のラーメンを手軽に楽しめます。麺類は他にも、シャキシャキ野菜がのった「野菜たっぷりタンメン」や、懐かしい味わいの「中華そば」、白濁スープが深い味わいの「豚骨ラーメン」など、盛りだくさん。「餃子」が付くセットメニューにもできるので、EPARKテイクアウトで「日高屋」の各店舗メニューページをチェックしてみてくださいね。

焼餃子

日高屋」で人気の「餃子」は、お持ち帰りにもピッタリです。モチモチとした皮は専用の小麦粉を使用して作られていて、ジューシーで素材の旨みがあふれる餡とベストマッチしています。


焼き立ての「餃子」は、お子様はご飯のおかずに、大人は晩酌のおつまみにと、大活躍。家族みんなで楽しめる、「日高屋」人気の一品です。また、「日高屋」では、「冷凍生餃子(標準30個)」も、テイクアウトが可能です。一緒にテイクアウトして冷凍庫にストックしておけば、いつでもお家で「日高屋」の「餃子」を味わうことができます。

日高屋南柏西口店

「今日の夕飯、どうしよう…」と悩んだ時、冷凍庫に「餃子」があれば、とても助かりますよね。「日高屋」の冷凍シリーズには、「冷凍若鶏の唐揚げ(1kg)」や「冷凍照焼きチキン業務用500g」もあって、値段はどれも驚くほどリーズナブル。夕飯やお弁当のおかずにも使えるので、大変便利です。

まとめ

誰でも入りやすく、気軽に中華料理を楽しめる「日高屋」は、駅前にお店があってテイクアウトの利用にも便利です。化学調味料の使用をなるべく控えているので、お子様からご高齢の方まで、安心して料理を味わうことができます。お持ち帰りメニューは、麺類やご飯ものはもちろん、一品料理やおつまみなど、バラエティー豊かな品ぞろえ。ぜひ、この機会に「日高屋」のテイクアウトを、お試しください。

③来来亭

来来亭でテイクアウト(持ち帰り)

中華ランキングの第3位は「来来亭」です。「来来亭」と言えば、背油たっぷりの鶏ガラスープをベースにした京都風醤油味のラーメンが有名です。澄んだ鶏がらスープの表面には背油が浮いていて、しっかりとしたコクがあるのにスッキリとした口当たりが特徴。


最後まで飲み干してしまう人も少なくありません。ラーメンは他にも、「味噌ラーメン」や「ネギラーメン」、「こってりラーメン」など、豊富なラインナップ。サイドメニューは、餃子や点心などが選べます。どの年代の人にも美味しいと言ってもらえるような味を目指す「来来亭」のご紹介です。

沿革・歴史

来来亭」は、平成9年3月に滋賀県で創業しました。1号店は、「来来亭 野洲店」です。平成11年に「有限会社 やる気」を設立、3年後には「株式会社 来来亭」が設立されています。その後も、近畿地方を基盤として各地にチェーン店を展開しながら、成長を続けています。


来来亭」の魅力は、美味しい料理を提供するために、チーム一丸となって協力し合う団結力。その団結力が最も発揮されるのが、新店舗のオープンの時です。新店舗の準備は、直営店や独立店のスタッフが力を合わせて行います。運び込まれてくる新しい備品や調理器具、什器などを協力してセッティングしながら交流を深めていきます。新しいスタッフも参加して、どんなお店にしていきたいか、その為にはどのような行動が必要かなど、お互いの意見も尊重し合いながら確認することも重要です。「お客様第一」を掲げ、美味しいラーメンを作るために努力を惜しまないのが、「来来亭」の基本方針です。

こだわり

年齢や性別に関係なく、誰が食べても美味しいラーメン作りを目指す来来亭」。ラーメンメニューはもちろん、餃子や点心などサイドメニューも充実しています。また、スタッフの協力体制や、「お客様第一」のお店作りなど、営業方針にも独自のこだわりが感じられます。たくさんある「来来亭」のこだわりの中から、今回は、以下の3つをご紹介します。


1.誰が食べても「おいしい!」ラーメン
2.「来来亭」の三大原則
3.カスタマイズのこだわり


1.誰が食べても「おいしい!」ラーメン
「来来亭」が目指すのは、大人から子ども、女性や高齢の方まで、誰が食べても「おいしい!」と言ってもらえるようなラーメンです。試行錯誤を重ね、ようやくたどり着いたのが「来来亭」の味。


最初は、醤油味のラーメンから味わうのがベストです。ほかの味も気になったら、人気のある「味噌ラーメン」や「こってりラーメン」も、ぜひ味わってみましょう。テイクアウトでは、すぐに味わいたい人向けの「レンチン」シリーズと、生麺を茹でて自宅で本格的な「来来亭」のラーメンが楽しめる「お持ち帰り」シリーズから選ぶことができますよ。「来来亭」こだわりの本格ラーメンが、自宅でも美味しくいただけます。


2.「来来亭」の三大原則
「来来亭」がこだわる「三大原則」では、当たり前のことを当たり前に、ひとつひとつ着実にこなしていくことが大切だと考えられています。お店の看板にも掲げられている「三大原則」とは、
大きな声でのあいさつ」「笑顔で対応」「キビキビと行動すること」のような内容です。


一見すると、当然のことのようですが、毎日どんな時でもこの3つをこなしていくのは、意外と大変なものです。疲れている時や気持ちが焦ってしまう時、忙しすぎてイライラしてしまう時などもあるでしょう。しかし、「お客様第一」のお店作りをする「来来亭」では、そのような時でもこの「三大原則」にのっとって、笑顔でキビキビと動き、大きな声で元気よくあいさつを交わします


真っすぐな気持ちの良い声は必ず人の心に響き、良いお店作りの要となります。おいしいラーメンを作ることと同じくらい、「お客様第一」の姿勢を大切にしているのが、「来来亭」のこだわりです。


3.カスタマイズのこだわり
「来来亭」では、ラーメンを自分好みにカスタマイズすることができます。麺の方さや背油の量などを自由に選ぶことができるので、自分好みのラーメンをオーダーすることが可能です。カスタマイズできるものをご紹介しましょう。

1.麺の硬さ
2.醤油の濃さ
3.背油の量
4.一味唐辛子を抜くか
5.ネギの量
6.チャーシューの脂身

最後に、「情熱、抜けません!」とくるのが、「来来亭」の合言葉。ラーメン好きの人にとって、自分好みのラーメンを追求できるのは、うれしいポイントです。また、その日の気分によって、体調によって、さまざまな味を試してみるのもおすすめですよ。

さらに、「来来亭」では、豊富なトッピングもご用意。「辛もやしトッピング」や「辛ニラトッピング」など、「来来亭」のラーメンにピッタリのトッピングをお好みで追加することができます。「来来亭」こだわりのラーメンに自分のこだわりもプラスして、自分だけのオリジナルラーメンの味を楽しんでみてください。

おすすめのテイクアウトメニュー

「来来亭」でテイクアウトするなら、まずは「ラーメン」。「来来亭」でテイクアウトできるラーメンは、すぐに食べるとこのできる「レンチンラーメンシリーズ」と、自分で麺をゆでて好みの硬さで味わう「お持ち帰りラーメンシリーズ」の、2つのタイプから選ぶことができます。

レンチン醤油ラーメン

手軽に「来来亭」のラーメンを楽しみたい方には、「レンチンラーメンシリーズ」がおすすめ。電子レンジでカップごと温めるだけで、すぐにアツアツの「来来亭」のラーメンを食べることができます。「レンチンラーメンシリーズ」には様々な味がそろっているので、日替わりで違うラーメンを楽しむこともできますよ。

人気の「醤油ラーメン」や「こってりラーメン」には、「来来亭」の名物「背油」がたっぷり。中はスッキリとした鶏ガラのスープで、コシのある細麺との相性も抜群です。辛い物が好きな方には、「赤味噌ラーメン」や「旨辛麺」がおすすめ。


刺激的な真っ赤なスープが食欲をそそります。汁無しが食べたい時には、「まぜそば」をどうぞ。玉ねぎやサイコロ状のチャーチュー、魚粉などがのってボリュームもたっぷりです。「来来亭」にはラーメンだけでもかなりの種類があって、どれにしようか迷ってしまうほど。


また、トッピングのバリエーションも豊富で、「ラーメン」と一緒にお持ち帰りが可能です。お持ち帰りでも自由にトッピングが選べるというのは、うれしいサービスですね。「来来亭」こだわりのラーメンを、テイクアウトでも自分流にカスタマイズして楽しみましょう。

餃子 1人前

また、おつまみに最適な点心メニューが充実しているのも「来来亭」の魅力のひとつです。人気の「餃子」はもちろん、せいろで蒸された「小籠包」や「エビ餃子」、「黒豚シュウマイ」に「一口肉まん」も、テイクアウトすることができます。デザートには、「ゴマ団子」がおすすめ。スティック状で食べやすい「カリカリ芋」もあります。家族みんなが楽しめるメニューが、盛りだくさんの「来来亭」。ぜひ、ラーメンと一緒にテイクアウトしてみてくださいね。

まとめ

「お客様第一」の精神を守りながら、活気あふれるお店作りに励んでいる「来来亭」。「来来亭」のイチオシは、飲み干せるほどサッパリとした後味と濃厚なコクが特徴の京都風醤油味のラーメンです。誰が食べても美味しいと感じるように、試行錯誤して完成した味という自信作の「来来亭」のラーメン、ぜひ一度味わってみたいものですね。今は、テイクアウトで「来来亭」のラーメンを手軽に楽しむことができます。様々なトッピングで自分好みの味にカスタマイズして、お気に入りのスタイルにアレンジしてみましょう。

④来来軒

来来軒でテイクアウト(持ち帰り)

埼玉県を中心に店舗展開している、中華食堂「来来軒」。中華ランキングの第4位です。麺類を中心に豊富な品揃えが魅力の「来来軒」


栄養たっぷりの炒め物から、餃子や唐揚げなどの一品料理、炒飯や中華丼などご飯ものまで、盛りだくさんのラインナップ。また、料理はすべてリーズナブルな価格設定なので、どんなときでも気軽に利用できるのが、うれしいポイントです。


来来軒」は、ほとんどのお店が駅近なので、アクセスも良好と評判です。最近は、テイクアウトの需要増加に伴い、お持ち帰り商品も充実しています。テイクアウトでの利用もできる「来来軒」のご紹介です。

沿革・歴史

来来軒」は、1973年にさいたま市大宮区で創業しました。2年後には、「来来軒 大宮南銀座店」がオープンします。その後も徐々に店舗を増やしていき、1993年には都内進出を果たしました。東京進出の第1号店は、北区赤羽の「らーめん日高赤羽店」。後に商号を「株式会社ハイデイ日高」として、首都圏を中心にチェーン展開を進めています。


2006年には、外「デンマーク食品農業大臣賞」を受賞。食産業界内で初めての快挙となります。2009年には外食産業記者会主催の「外食アワード2008」も受賞するなど、目覚ましい成果をあげています。現在では、多くの業態や店舗を持つ一大企業となり、さらなる成長を続けています。「来来軒」は、「日高屋」の原点ともいえる存在。「日高屋」ファンの中には、その原点の味を求めて埼玉県にある「来来軒」まで出向く人もいるほど、根強い人気があります。

こだわり

いつでもどこでも、誰もが気軽にリーズナブルな値段で中華料理を味わえる来来軒」。そのこだわりは、味や価格、そして安心・安全への取り組みなど、さまざまな個所に及びます。
ここでは、次の3つの視点から、ご紹介します。


1.味
2.安心・安全への取り組み
3.価格


1.味

どの店舗でも、安定したハイクオリティーな料理を提供するため、「来来軒」ではセントラルキッチン方式を採用しています。セントラルキッチンの工場では、各地から仕入れた食材を、新鮮な状態でまとめて加工・製造することが可能です。


ラーメンのスープや麺の製造、餃子の加工、カット野菜の仕込みなど、具材の調達から製造・加工、さらには配送まで、すべてこの工場で行われています。「来来軒」の中枢ともいえる工場のおかげで、どの店舗で食べても同じように美味しい味わいが、実現しています。


2.安心・安全への取り組み
工場で一括して食材を加工するため、「来来軒」の料理は、いつでも新鮮な状態で提供されています。入荷した食材は、工場でその日のうちに加工され、各店舗へ配送されます。また、食品安全の国際規格「食品安全マネジメントシステム」の認証を、2015年に取得。より一層の衛生管理システムで、安心・安全への取り組みを行っています。さらに、環境問題にも配慮して、調理時に出た残り野菜などを、地元の資源循環工場で肥料にする活動も行っています。


3.価格
「来来軒」では、国民的に人気のあるラーメンを主軸に、豊富なメニューをリーズナブルな値段で味わうことができます。これもすべて、セントラルキッチンと呼ばれる工場での一括管理によってムダやロスを省き、徹底したストア・マネジメントに取り組んでいるからこそ。セントラルキッチンと連携して、食材価格をなるべく抑える工夫をして調達し、在庫管理にも力を入れています。新メニューも徐々に増やしながら、安定した品質と低価格を実現しています。

おすすめのテイクアウトメニュー

新しい生活様式が浸透し、テイクアウトを利用する人が増えてきた昨今、「来来軒」でもお持ち帰り商品の充実に力を入れています。「来来軒」は駅近なので、仕事帰りや用事の後で料理をテイクアウトする時には、とても便利です。


あらかじめ注文予約しておけば、お店に行ってすぐ受け取ることができるので、待ち時間もありません。出来立て熱々の中華料理を、自宅でゆっくりと味わうことができます。こちらでは、「来来軒」でおすすめのテイクアウトメニューをご紹介していきます。

焼餃子

お店の中でも、お持ち帰りでも大人気なのが「来来軒」の「餃子」です。ついつい何個も食べてしまう、と評判の「餃子」。たっぷりの具材がもっちりとした皮に包まれていて、ボリューム満点なのに食感は軽く、後を引く美味しさです。


秘密は、野菜がたっぷりと使われている餡にあります。ニンニクは少なめであっさりとした味つけなので、女性の方でも安心して気軽に食べることができます。もちろん、化学調味料はほとんど使用していません。


豚肉は厳選された国産のものを使い、野菜も国産の新鮮な素材にこだわっています。さらにこだわりが感じられるのが、「餃子」の皮です。モチモチの食感にするため何度も改良を行い、オリジナルの小麦粉を開発したほどです。こだわりが詰まった「来来軒」の「餃子」を、ぜひお試しください。

チャーハン

ご飯ものでおすすめは、パラパラの食感に炒められた「炒飯」です。どの店舗でも安定の味付けで、コスパも良い「炒飯」。大盛りサイズもあるので、お子様とシェアする時にもおすすめですよ。


また、辛党の方には、「キムチチャーハン」があります。国産のお米を使っていて、パラッとした食感を保ちながら肉の旨みも感じられる仕上がりです。ニンニクも入っているので、辛さの中にしっかりとしたコクがある一品です。一度食べたらピリ辛が病みつきになる人も多いと言う、人気メニュー。テイクアウトでも楽しめるのは、うれしい限りですね。

野菜炒め

「来来軒」の充実した炒め物類は、野菜のおかずが足りない時に頼りになるテイクアウトメニュー。「来来軒」の炒め物は、どれも野菜がたっぷり入っているのが大きな特徴です。


テイクアウトで食事を済ませる時に、どうしても気になるのが野菜不足。朝食はパンで済ませて、お昼はラーメン、晩ご飯は丼物のテイクアウトとなると、「今日1日、ほとんど野菜を食べていない…」ということも珍しくありません。


野菜には、ビタミンやミネラル、食物繊維などがたくさん含まれていて、生活習慣病の予防にも効果があると言われています。ぜひ、積極的に摂取したい食材ですが、自分で調理するとなると、汚れを洗い落としたり皮をむいたりと、意外と手間がかかるもの。そんな時には、「来来軒」の炒め物をテイクアウトしましょう。


「来来軒」の炒め物は、「野菜炒め」や「ニラレバ炒め」、「回鍋肉」など、種類が豊富です。新鮮な野菜がいっぱい入っていて、食べ応えも十分。ライスも一緒にテイクアウト出来て、サイズも半ライスから大盛りまであります。「そら豆」や「枝豆」など、おつまみメニューでも野菜が選べるので、野菜不足が気になる人はぜひ、「来来軒」でテイクアウトしてみてください。

まとめ

いつ食べても美味しく、飽きのこない中華料理を、リーズナブルな値段で堪能できる「来来軒」。テイクアウトメニューがたくさんあって、野菜もたっぷり入っていると人気です。駅に近い場所にあるので、受け取りも簡単で便利。大人から子どもまで、安心して味わえる「来来軒」のテイクアウトメニューを、ぜひご利用ください。

テイクアウトするなら中華がおすすめ!

テイクアウト向けの工夫

コロナ禍の影響もあり、ますます需要が高まっているテイクアウト。中でも中華料理は、ご飯のおかずに、晩酌のお供にと使い勝手がよく、特に人気が集中しています。最近は、中華の中でもファンの多い「ラーメン」も、テイクアウトができるようになってきました。


ラーメン」のテイクアウトと言うと、今までは生麺の状態で渡されることが多く、自宅で茹でるという調理の手間がかかってしまうのが難点でした。茹でたての麺なら、お店で食べる時と同じように美味しくいただけるので、生麵でのお持ち帰りも好評ですが、もっと手軽に味わいたいと思う人も。そんな要望に応えるために、多くの中華料理店で、すぐに食べることのできるテイクアウト用のラーメンのために、さまざまな工夫を施しています。


すぐに食べることのできる状態のテイクアウトだと、「麺がのびてしまうのでは?」「汁がこぼれてしまうのでは?」と不安に思う人も少なくありません。しかし、あるお店では、のびにくい麵を新しく開発したり、スープを温め直せるように電子レンジ対応容器を作ったりと、テイクアウトのラーメンはかなり進化しています。


今では、お店で味わうのとほとんど変わらないラーメンが、テイクアウトで食べることができるようになりました。テイクアウトなら、三密を避けて誰にも気兼ねなくじっくりとラーメンを楽しめます。自宅なら、ジャーの中にあるご飯を入れて、最後までスープを味わったり、好きなトッピングを加えたりと、自由自在にアレンジすることができるのも魅力のひとつ。ぜひ、この機会に、工夫がいっぱいのテイクアウトのラーメンを、お試しください。

おすすめの利用シーン

誰にでも「今日は疲れて、夕飯の支度をするのが億劫」と思う日や、「忙しくて食事の準備をする暇がない」という時があるものです。そんな時は、迷わず中華料理のテイクアウトを利用しましょう。


中華料理のお持ち帰りメニューには、野菜をたっぷり使った炒め物や、人気の高い唐揚げや餃子などがあり、品数が豊富なのがうれしいポイントです。家族の中で好みが分かれるというご家庭にも、おすすめですよ。炒飯や中華丼などのご飯ものから、ラーメンや焼きそばなどの麺類まで、多種多様な味わいが楽しめます。


中華のテイクアウトを有効活用して、疲れている時こそしっかり栄養補給をしましょう。また、大皿から取り分ける中華料理は、ちょっとしたパーティーや仲間との集まりにも最適です。


メニューがたくさんあるので、毎回いろいろなバリエーションで楽しむことができますよ。色とりどりの野菜を使ったメニューは、華やかな食卓を演出してくれます。料理店でも回転式のテーブルなどで取り分けることの多い中華は、大勢で楽しむシーンにぴったりです。


また、「飲んだ後のシメの一杯が欲しい。」という時におすすめなのが、電子レンジで温めるだけのテイクアウト用「ラーメン」です。早い時間に店内飲食の時間が終わってしまっても、テイクアウトなら遅い時間まで対応している飲食店がたくさんあります。


宅飲みの最後に、「いつも行くラーメン屋の麺が食べたい。」という時にもピッタリ。電子レンジで温め直すので、熱々のスープが楽しめますよ。また、「専門店のラーメンが食べたいけれど、今お店で食べるのは気が引ける」という人や、「気にはなっているけれど、初めて行くラーメン屋にひとりで入る勇気がない…」という時にも、テイクアウトの利用がおすすめです。


誰でも初めてのお店に入る時は、ちょっと緊張するものです。しかし、テイクアウトなら商品を受け取るだけなので、気軽に気になっていたお店の味を試してみることができますよ。お持ち帰りなら、自宅に帰って周りを気にすることなくゆっくりとお店の味を堪能することができます。野菜をたしたり、途中で味を変えたりするのも、自由です。自分オリジナルの楽しみ方ができるのも、テイクアウトの醍醐味ですね。

おすすめサイドメニュー

中華料理をテイクアウトする時、メインに定食や麺類を選んだら、サイドメニューで外せないのが、「餃子」です。一見すると、どの「餃子」も同じように見えますが、お店ごとの違いがはっきりと出るのが「餃子」です。


皮の薄さや食感、餡のやわらかさや野菜の量など、店舗ごとに工夫を凝らしています。餃子自体の味の違いはもちろん、焼き方や温度によっても味わいが異なってしまう所もポイントです。おいしい餃子を味わえるかどうかは、調理を担当するお店の料理人の腕にかかっているとも言えます。


同じく調理する人によって歴然とした差が出るのが「炒飯」です。「炒飯」も中華料理店では高い人気を誇る一品。パラッとした食感を出すにはそれなりの技術が必要です。「炒飯」はそのまま食べても、もちろんおいしいのですが、中には炒飯をアレンジしたメニューを出すお店も。


有名なのが、「天津炒飯」で、「天津飯」の炒飯バージョンです。ふんわり卵の上にたっぷりとかかった餡と「炒飯」が一緒になった、夢のようなコラボ商品です。また、ラーメンのスープに炒飯を浸して食べるのが好き、という人も。こちらは、醤油味のスープや豚骨スープなど、バリエーション豊かに楽しめそうです。


テイクアウトなら、自分の好きなようにアレンジして食べたり、好みのトッピングを加えてみたりと、お好みで楽しめます。テイクアウトした炒飯でオムライスにしてみるのもおすすめですよ。上にかけるソースは塩だれにすると相性が良さそう。刻み葱のトッピングも忘れずに!

テイクアウトするならEPARKテイクアウトがおすすめ!

EPARKテイクアウトは、お持ち帰りメニューをいつでも好きな時間に予約できる、テイクアウトに特化した便利なポータルサイトです。EPARKテイクアウトを使って予約すると、さまざまなメリットが盛りたくさん!


お店で待つこともなく、すぐに商品を受け取れます。また、スマホがあれば、24時間いつでもどこでも注文受付画面から予約が可能です。お店の営業時間内に、注文の電話をかける必要はありません。


注文する時に、受け取り時間を指定しておけば、時間に合わせて出来立ての料理を作ってくれます。出来立ての熱々や、鮮度の高い状態のまま、持ち帰ることができますよ。


さらに、EPARKテイクアウトで予約すると、EPARKポイントがたまります。ポイントは、EPARKで使えるクーポン券と交換することができます。もちろん、EPARKテイクアウトで使える割引券にすることも可能なので、お得にテイクアウトすることができます。


テイクアウトしたい商品を探す時は、EPARKテイクアウトのトップページで食べたい料理のジャンルで検索したり、現在地から近いお店で探したりすることができます。価格帯で絞り込むこともできるので、とても便利です。


予約は、パソコンやスマホからいつでもできるので、空き時間にテイクアウトしたい料理をじっくり選んでおきましょう。混み合っている店内でテイクアウトの注文をするとなると、なかなか店員さんが来なかったり、「早く決めなければ…」と焦ってしまったり、さらに料理が出来上がるまで待たなければならないことも。その点、EPARKテイクアウトを利用すれば、時間がある時にゆっくりとメニューを選び、予約した時間にお店に行ってすぐに出来立ての料理をテイクアウトすることができます。


帰りが遅くなった時にスーパーやコンビニによったら、お惣菜やお弁当が売り切れてしまっていた…、という経験がある方も多いのではないでしょうか。EPARKテイクアウトなら、前もって予約できるので売り切れる心配もなく、安心です。一日の終わりに、前もって予約した、とっておきの食事が用意されているとなると、忙しい日もがんばって乗り切れそうですね。

中華の豆知識

中華の豆知識①

お総菜コーナーでもよく見かける「エビチリ」や「エビマヨ」。子どもから大人までファンは多く、中華料理店でも人気のメニューです。現在、一般的に食べられている「エビチリ」や「エビマヨ」は、実は日本生まれの創作料理

本場中国では見当たらない料理ですが、日本の中華料理店ではおなじみのメニューで、プリプリとした海老の食感にピリ辛のチリソースやマヨネーズのコクがよく合います。「エビチリ」は、四川料理の「乾焼蝦仁(カンシャオシャーレン)」から着想を得て日本人向けにアレンジされたものが広まったそうです。


乾焼蝦仁」は、薬味と豆板醤を使ってエビを炒めたとても辛い料理。当時の日本人はまだ中華料理の辛さに馴染みが無かったため、ケチャップや卵黄を加えるなどして、マイルドな味にしたところ評判を呼んだそうです。今では多くの人に愛される、日本の中華料理の定番になっています。


一方「エビマヨ」は、「エビのマヨネーズ和え」の略称で、衣をつけたエビにさまざまな調味料で味付けしたマヨネーズを絡めます。テレビ番組で紹介されたことをきっかけに、広く親しまれるようになった「エビマヨ」。


現在では、エビに衣をつけて揚げたフリッターや、エビマヨネーズのソースも市販されているので、自宅でも簡単に楽しめるようになりました。中華料理店で味わう「エビマヨ」は、やはりプロの技術で、エビのプリッとした歯ごたえがたまりません。


マヨネーズの甘い口当たりは、子どもや女性にも大人気です。中華料理の長い歴史と、日本人好みの味付けが出会って誕生した、「エビチリ」と「エビマヨ」。今では多くの人に愛される、中華料理の定番となっています。

焼肉の豆知識②

中華料理を扱うお店は、日本の中でも特に数が多いと言われています。どこの街に行っても、必ずといっていいほど見かけるラーメン屋さんや中華料理店。大手のチェーン店はもちろん、個人営業のあじのある佇まいの中華飯店や地元の人に愛されるラーメン店など、バリエーションも豊かです。


ちょっとディープな雰囲気の中華料理店に入ると、メニューがすべて中国語で書かれていた、ということも。写真付きならまだいいのですが、文字だけのメニュー表で店員さんも中国出身だった時にはお手上げです。


そんな時のために、覚えておくと役に立つのが中国語の漢字の持つ意味。例えば、スープのことを示す漢字は「湯」です。「湯菜」と表記されることもあります。「肉だんご」は、「丸子」、「蒜」という漢字は、「にんにく」のことです。


冷たい前菜は、「冷菜・涼菜」、温かいものは「熱炒」と表記されます。メインディッシュは「大菜・主菜」です。「主菜・大菜」と「湯」にあてはまらない料理は、「点心」と呼んでいます。こちらは、飲茶でお馴染みという人も多いのではないでしょうか。


菓子、軽食などは「点心」で、甘い「甜点心」と、甘くない「鹹点心」に分けられています。味付けの参考になる漢字には、「花椒」が山椒の実、「辣椒」は唐辛子、「香菜」はパクチー、などがあります。


辛いものやパクチーが苦手、という方は、この漢字がついている料理は避けた方が無難かもしれませんね。日本人も日頃から慣れ親しんでいる漢字ですが、日本語と中国語では同じ漢字でも意味が違う場合もあるので、注意しましょう。

焼肉の豆知識③

日本では中華の代名詞のようになっている「焼き餃子」ですが、実は中国本土ではそれほど一般的ではありません。意外に思われる方も多いのですが、「焼き餃子」は日本で独自にアレンジされたもの。


中国では、餃子といえば「水餃子」が当たり前のようです。しかも、メインは中の餡ではなく、皮。各家庭で手作りして、モチモチ感を堪能する料理なのだとか。餃子の皮がメインなので、餃子の時にご飯は一緒に食べないのが主流です。


お腹いっぱいになるまで餃子をたくさん食べるそうですよ。また、中国では水餃子の中に、ニンニクを入れることもほとんどありません。さらに、餃子の付けダレにも違いが。一般的に中国では、水餃子に黒酢を付けて食べることが多い様です。


一方、日本の餃子は、皮が薄くて餡がたっぷりカリッとジューシーで、肉汁あふれる食感が大人気です。タレは、酢醤油とラー油が人気ですが、人によってはポン酢を使うことも。「餃子定食」も人気で、ご飯のおかずにも、お酒のおつまみにもなる、使い勝手の良い逸品。


冷凍庫に常備してある、というご家庭も多いのではないでしょうか。同じ餃子とはいえ、中国と日本では、作り方も味わい方もだいぶ異なっています。本場中国のオリジナル「水餃子」も、日本で独自に進化を遂げた「焼き餃子」も、今はテイクアウトで手軽に美味しく食べることができます。その日の気分によって、お好みの餃子を選んでみてくださいね。

焼肉の豆知識④

ラーメンといえば中華の代表メニュー。日本で、独自の道を歩み始めたのが、中国から伝わったラーメンです。もちろん、中国にもラーメンはありますが、日本のラーメンとは少し様子が異なります。


そもそも、ラーメンへのこだわりポイントが違う、中国と日本のラーメン。日本では、ラーメンと言えば、まずはスープ、そして麺、最後に具材という順にこだわりが見られます。しかし中国では、一番のポイントはラーメンの上にのった具材です。


メニュー名も、「五香牛肉炒面(牛肉の焼きそば)」「什景湯面(五目ラーメン)」というように、まずは具材から表記されます。「しょうゆ」「みそ」「とんこつ」と、スープの種類によって区別される日本のラーメンとは対照的です。


また、日本と中国では、ラーメンの麺にも違いがあります。日本では、麺は細長いというスタンダードな形が決まっていて、太麺や細麺など麺の太さによって使い分けます


また、日本の麺は、ツルツルしこしこといったコシの強さが特徴。適度な歯ごたえとのど越しの良さが求められます。一方、中国の麺は、ほとんどコシがありません。あまりのやわらかさに、初めて本場中国のラーメンを食べた時に驚く日本人も少なくないようです。


コシの強さは、製麺する時に使用される「かんすい」の量が関係しています。中国では、麺を作る時に「かんすい」をあまり使用せず、さらに手延べで作ることが多いため油も使います。この工程が、中国独特のやわらかい麺の食感を生み出すそうです。


中国では、麺の形状もさまざまで、地方によって独特なラーメンが盛りだくさん!日本の中華街や本場の味に近い中華料理店でも味わうことができるので、ぜひいろいろな中国の麺を味わって日本のラーメンとの違いを楽しみたいですね。

焼肉の豆知識⑤

巷でよく見かける中華料理店。看板をよく見ると「中華料理」と書いてあるお店があったり、「中国料理」と銘打っているお店があったりします。「中華料理」と「中国料理」、いったい何が違うのでしょうか。


この違いははっきりとは定義されていないのが現状で、同じ意味を持つこともあるようです。しかし、お店側には何かしらのこだわりがある場合も少なくありません。日本では、中国から伝えられた料理はまとめて「中華料理」と呼ばれていて、広い意味を持っています。


街のラーメン屋さんも、食堂も、高級レストランも、すべて「中華料理」といった具合です。しかし、中国では「中華料理」という言葉は使われず、広東料理四川料理など、地方によって区別されることが一般的です。中国は広いので、その地方によって料理に使う素材や味付けもさまざま。なかなか、ひとくくりにされることは無いようです。


また、「中国料理」は、本場の味を再現した料理を意味し、「中華料理」は日本人向けに食べやすいようにアレンジされている料理を指すことも。日本ではお馴染みの「回鍋肉」も、本場中国ではキャベツは使用せず、にんにくの葉を使います


キャベツを使う「回鍋肉」のレシピは、実は葉にんにくを入手しづらい日本向けにアレンジされたものが広まったのです。今では、「回鍋肉」は「キャベツと豚肉のみそ炒め」と言われるまで、日本ではキャベツを使うことが一般的です。街の中華料理店でも必ずと言っていいほど見かける人気の定番メニュー。「中国料理」という看板のお店では、本場中国のレシピで提供されていることもあるので、食べ比べてみるのもおもしろそうです。

最後に

今回は、EPARKテイクアウト人気の中華ブランドをランキング形式でご紹介しました。ラーメンや餃子をはじめ、マーボ-豆腐や炒飯など、種類も豊富で人気の「中華料理」。週に1回は、何かしらの「中華料理」を食べている人も多いのではないでしょうか。


特に人気なのは、日本で独自に発展した「ラーメン」です。今では、「ラーメン」でひとつのジャンルになるほど、種類もお店も豊富です。中には、ラーメンマニアとまで言われるほど、ラーメンに心を奪われてしまう人もいます。


オーソドックスな「醤油」「みそ」「塩」「とんこつ」の分類のほかにも、「家系」「二郎系」などの系列ができていたり、「ご当地ラーメン」があったりと、さらに進化を続ける「ラーメン」。中国発祥のラーメンですが、最近では「日本のラーメン」というジャンルで、海外でも人気です。ますます「ラーメン」からは、目が離せませんね。


また、「ラーメン」と同じく、日本で独自の発展を遂げているのが「餃子」です。カリッと焼かれた皮の中から、ジュワッと肉汁があふれ出す焼き餃子」は、中華料理店ではもちろん、ラーメン屋さんでも人気の一品です。


しかし、中国では、モチモチとした厚い皮が特徴の「水餃子」が主流で、「焼き餃子」の人気はイマイチというところ。極薄の皮で包まれて焼き上げられる「餃子」は、日本オリジナルのスタイルです。最近では「餃子」の専門店もオープンするほど、人々に親しまれています。


麻婆豆腐」や「回鍋肉」など、家庭の夕飯に登場することも多い「中華料理」。スーパーには、「中華料理」を手軽に作ることのできる調味料シリーズがずらりと並び、いつも使っているという方もたくさんいるのではないでしょうか。


最近では、本場中国の味に近くブレンドされた調味料も登場するなど、さらに「中華料理」の人気は高まっています。家庭で味わう「中華料理」とは、また違ったプロの味が楽しめるのが、飲食店の「中華料理」。


コロナ禍の影響もあり、中華料理店ではテイクアウトできる料理の種類がどんどん増えています。強い火力で一気に炒め揚げるプロの調理が、テイクアウトで楽しめるのはうれしい限りです。テイクアウトを上手に利用して、「中華料理」をもっと楽しみましょう。