お持ち帰りならEPARKテイクアウト

恵方巻特集

+1
EPARKテイクアウトの恵方巻特集
一年の福をいただく恵方巻 厳しい寒さが続きますが、暦上ではもうすぐ立春ですね。 節分には恵方巻をいただくというご家庭も、近年ではよく見られるようになりました。
「売り切れてないかな?」「店頭で待たされないかな?」など、心配ではありませんか?
節分は、売り切れの心配なし、待ち時間なしで受け取れる“事前予約”がおすすめです。
土用の丑の日におすすめのテイクアウト商品
かに料理 甲羅本店

テイクアウトの事前予約受付中!

※2019/1/29(火)まで予約受付。 お受け取りは2019/2/1(金)~2019/2/3(日)中となります。
特上恵方寿司
特上恵方寿司 2,800円(税込)
本タラバ蟹の足棒肉とずわい蟹のほぐし身をふんだんに使った贅沢な逸品!!限定数量商品ですのでお早目にご予約ください。
かに恵方寿司
かに恵方寿司 1,300円(税込)
特製かに恵方寿司を節分の日に願かけして吉方を向いて丸かじりする事により今年一年に幸運が招かれます。ご家族の皆様で福招きを是非どうぞ!!
魚屋路
※2019/2/3(日)まで予約受付。 お受け取りは2019/2/3(日)のみとなります。
特製 恵方巻
特製 恵方巻 497円(税込)
毎年大人気の恵方巻!お寿司屋さんの煮あなご・かんぴょう・きゅうり・おぼろ・たまごを組み合わせた大満足な一品です。
開運ととや海鮮太巻
開運ととや海鮮太巻 1,391円(税込)
数の子・サーモン・やりいか・鉄火心・寿司海老など12種類の具が入った、海の幸たっぷりの一品!是非ご家族でお楽しみください。
恵方巻+海鮮太巻食べ比べ2本セット

恵方巻+海鮮太巻 食べ比べ2本セット 1,862円(税込) 本年より初登場!!魚屋路が自信をもっておすすめする大満足な食べ比べセットです。ご家族やお土産にぜひお求めください。

魚河岸日本一・青ゆず寅
恵方太巻き
恵方太巻き 980円(税込)

板前仕込みの「恵方太巻」

 長さ約20センチの太巻き1本入り。《こだわり厳選素材》・高級食材「車海老」・東京湾産「江戸前海苔」・こだわりの「玉子焼き」・独自配合のシャリを使用。江戸前の食材をふんだんに使用し、職人が1本1本手作りでおつくりしています。 【具材】車海老・かんぴょう・玉子・きゅうり・たくわん・ししゃもっ子・ごま
海鮮恵方太巻き
海鮮恵方太巻き 1,680円(税込)

板前仕込みの「海鮮恵方太巻」

長さ約20センチの太巻き1本入り。《こだわり厳選素材》・高級食材「車海老」・東京湾産「江戸前海苔」・こだわりの「玉子焼き」・独自配合のシャリを使用。江戸前の食材をふんだんに使用し、職人が1本1本手作りでおつくりしています。 【具材】車海老・かに・ねぎとろ・サーモン・数の子・かんぴょう・玉子・きゅうり・たくわん・ししゃもっ子・大葉・ごま
恵方中巻
恵方中巻 780円(税込)

板前仕込みの「恵方中巻」

長さ約10センチの中巻き2本入り。《こだわり厳選素材》・高級食材「車海老」・東京湾産「江戸前海苔」・こだわりの「玉子焼き」・独自配合のシャリを使用。江戸前の食材をふんだんに使用し、職人が1本1本手作りでおつくりしています。 【具材】車海老・かんぴょう・玉子・きゅうり・たくわん・ししゃもっ子・ごま
海鮮恵方中巻
海鮮恵方中巻 1,280円(税込)

板前仕込みの「海鮮恵方中巻」

長さ約10センチの太巻き2本入り。《こだわり厳選素材》・高級食材「車海老」・東京湾産「江戸前海苔」・こだわりの「玉子焼き」・独自配合のシャリを使用。江戸前の食材をふんだんに使用し、職人が1本1本手作りでおつくりしています。 【具材】車海老・かに・ねぎとろ・サーモン・数の子・かんぴょう・玉子・きゅうり・たくわん・ししゃもっ子・大葉・ごま
青ゆず寅 テイクアウトネット予約が可能な店舗
恵方巻きあれこれ
節分といえば、「鬼は外、福は内」と声をかけ、豆まきをする様子が思い浮びますね。 元々は、奈良時代に中国から来た風習だと今日まで伝えられています。 節分は、「季節の分かれ目」であり、年に4回あることをご存知でしょうか。 日本では、四季というように、一年で4つの季節を迎えます。 その春夏秋冬の始まりである、「立春(りっしゅん)、立夏(りっか)、立秋(りっしゅう)、立冬(りっとう)」を“節分”と指しています。 今年の春の節分は、2月3日です。 立春は、年により異なります。つまり、立春にともない節分が決まるということです。 魔除けと豆まき 季節の分かれ目には、邪気とされる“鬼”が出てくると言われていました。 かねてより、臭みのある物は魔除けとして使われており、
一部地域では、焼いた鰯(いわし)の頭を枝に刺したものと柊を飾り、その臭いと柊のトゲを魔除けとしていました。 また豆まきは、宮中行事として平安時代にはじまり、江戸時代に庶民の間に広がりました。 豆まきには、「大豆」が使われます。「大豆」は、五穀の中でも穀霊が宿ると言われているからです。このことから「福豆」とよばれ、節分には欠かせないものとなりました。 さらには、災害や病などの想像することさえも恐ろしいできごとも、邪気である鬼の仕業だと考えられていました。 豆まきの際には、そういった恐ろしいできごとが舞い込んでこないように、「鬼は外、福は内」と声をかけ邪気(鬼)を払います。 地域によっては、鬼を祭っているところもあるので、
「鬼も内、福も内」というかけ声も存在するんだとか。
恵方巻あれこれ
恵方巻とは、もともと関西地方の風習でした。 無病息災や商売繁盛を願い食べる太巻き寿司のことです。 その年の、恵方を司る歳徳神のいる方角を向いて、一本まるごといただきます。 ちなみに、今年の恵方は「東北東」です。 途中で食べるのを止めたり、おしゃべりをすると、運が逃げるとされています。 願いを込めおいしく食べつつ、その年の運を一気にいただきましょう。 そんな恵方巻の風習が全国に広がった経緯は諸説あり、そのうちの一つに、大手コンビニチェーン店が、2月に売り上げが下がることを懸念し、恵方巻の風習を伝え、販売したことから伝わったとあります。 ではなぜ、立春の前日だけでこのような風習が現代まで続いているのでしょうか。 始まりは、新しい季節を迎えることは、新しい年を迎えることと同様に大切とされていた時代からです。旧暦では新年が春から始まるため、立春の前日(節分)が大晦日でした。現代では12月31日が大晦日です。家族や親族で集まり、新しい年を迎える準備をしますね。昔の大晦日が、“節分”として新しい風習に変化しつつ、今日まで親しまれているのだと考えられます。
一年の福を願っておいしく祈願してみては? 今年もみなさまにとって、よき一年になりますように! 人気の季節メニューの売り切れや、店頭での待ち時間なしで受け取れる「EPARKテイクアウト」。
ぜひ、この機会にご利用ください!
EPARKテイクアウトとは

事前予約で待ち時間をゼロに。

お持ち帰りを便利にします。

テイクアウト(お持ち帰り)の予約ができるポータルサイト「EPARKテイクアウト」。 テイクアウトができる店舗を検索し、簡単に予約ができ、
指定した日時に受け取りに行くことで、店頭での待ち時間も解消されます。 ネット予約のため、24時間好きな時間に自分のペースで注文することができ、できたての状態で商品を受け取れます。
ご利用方法
1

対象店舗の確認

本ページ、またはEPARKテイクアウトトップページから、お近くの店舗や、ご利用したい店舗を探してください。 [EPARKテイクアウト トップページ]へ行く ※ご利用にはEPARK会員登録(無料)が必要です
2

予約をする

受け取りの日付を指定する 商品を買い物カゴ(注文ボックス)へ入れる ページ内で商品を選択し、買い物カゴ(注文ボックス)に入れて、お会計へ進んでください。
3

受け取り

指定の日時に予約したお店に行き、商品を受け取ってください。